いくら稼げたの?2019年投資運用結果報告!!

2020年も始まってから早くも2か月くらいが過ぎようとしています。自分は現在世界一周中で、動画編集もしつつなので、どうしてもこのブログ自体の更新が遅れがちになってしまっています。すいません。やっと久々にオフの日を設けてみましたので。

で、そんな遅れている状態なんですが、今回は2019年の投資運用成績をまとめたいと思います。

スポンサーリンク

2019年の投資設定をまとめます。

自分は現在、株式投資、FX(ループイフダン)、不動産投資を行っています。ただ、ベースとしてどれも自動化がベースとなっていますので、ほぼ放置といっても過言ではありません。

参考までに詳細をまとめておくと

株式投資は配当金をメインに、IPOは毎回申し込むようにしていました。

株式投資は、米国株配当を目的にやっています。内容としては”毎月定期買い付け”と”暴落時に買い付け”の2つです。

とはいっても暴落時はそんなに起こるもんではないので、ただただじっと待つ形になっています。最近では新型コロナウィルスの時落ちたので、エクソンモービルを買いましたが、更に落ち続けていますね。。。

毎月買い付けはVTIという米国の株式市場にある株をぱっと全体的に購入できるETFというものと、SPYDという米国の株式市場の指標の1つであるS&P500のうち高配当のものを集めたETFを大体2.5万円分購入しています。

 

株式投資というと少し観点は違いますが、iDeCoも毎月1万円行っていました。公務員なので上限は1.2万円までですね。内訳は先進国に70%、米国に20%、新興国に7%、日本に3%にしてみました。しかし、2020年からは国民年金を払っていないので、追加資金を入れることができません。(国民年金を払っていないというか、日本から住所を外して、任意となったため払うのをやめただけです)

ループイフダンをメインに、ズロチユーロスワップもやっていました。

FXに関してはループイフダンというものを利用しています。2019年はスワップ目的で別に運用していたのですが、スワップ金利の低下と思った以上に為替の変動もあるということを知ったので、利確し、運用を辞めました。

ループイフダンのいいところは、自動的に運用できることです。世界一周中なんも手を加えていませんが、現在まで5.6万円稼げています。その間に運用の設定は行っていません。ただただ利確しましたメールを受け取り、消すだけの状態です。

また、円高であろうが円安であろうが利益が得られるように設定ができるので、チャンスが多いという感じです。

不動産投資はありがたいことに、2月に契約更新をしてくれました。

不動産投資に関しては、2018年に購入しました。購入時から入居者がいるオーナーチェンジというもので、現在までずっと住んでくれています。ありがたいことに2019.2に更新をしてくれたので、安定して稼いでくれていますが、そろそろ更新辞めるのではないかと思っています。

大体月に1万円位の収入になります。更新のおかげで2019年は3万円位多く儲かっていますけど。

2019年の資産状況とどれだけ儲かったの?

はい、ということで2019年は株式投資で言えば、米国の高配当株式を購入に専念しつつ、IPOにチャレンジ。FXで言えば、ループイフダン、ズロチユーロスワップ投資。不動産投資をしてきました。

さて、どんな運用成績なんでしょうか。見ていきましょう。画像は1月1日に取ったものです。

株式投資は30万円くらい資産が増えていた!

米国株高配当株式は売却予定がないので、ただただ配当金を受け取るのみです。となるので、一応利益としては含み益という形になります。

含み益は合計240,776円でした。すごいですね、ざっくり25万円資産が増えたことになります。投資額は250万円くらいです。

また、メインである配当金は2019年ちょくちょく購入していたので、タイミングによっては入るときと入らない時があります。2020年からは安定して配当金が入ってくるようになります。配当金は630ドルでした。日本円で7万円近くでした。悪くないですね。上述の通り、2020年は164ドル(2月まで)受けといっているので、今年は楽しみだなぁ。

 

IPO投資も1回だけ当選しました。当選したのはBASEという会社だったのですが、初値が購入価格よりも下回る結果でした。ただ、マイナスはそこまで大きくないものでした。

なので合計すれば、30万円くらいの資産が増えたことになります。すごいなぁ。

FXは、合計で37万円利益が出ました!

自分のメイン運用であるループイフダンは、268,890円の利益でした。うーん、こう見ると株のほうが投資額が少なく、利益が大きい気がしなくもないですが、ループイフダンのいいところは資金管理さえしっかりしていれば、ちゃんと安定して利益が出るところ。

昨年よりも運用額を増やしたのですが、結果そこまで利益は増えていませんね。どっかで読んだ情報によれば、2019年は一番為替変動が少なかった年なんだとか。そりゃ利益出ないわと感じます。

8月に大きな変動を受けたおかげで、損切り決済が発動し(というか設定したままだった)大きくマイナスでした。なければ30万円は超えていましたね。もったいない。

 

つづいて、ズロチユーロスワップ投資。こちらは、11月に100万円分利確し、10.4万円の利確。まだ100万円の運用がありましたが、2020年の1月にこちらも利確し運用を終了しました。こちらも11.4万円の利益でした。

利確を2020年に引き伸ばしているので、一概には言えませんがこちらも大体8万円位の含み益がある状態でした。なんで、2019年終了時点では20万円位の利益があったことになります。

不動産投資はちょっとマイナスでした。とはいっても税金の関係で。なければ12万円のプラス。

こちらは上述の通り、基本安定間の高い(現在無職である自分の給与日として認識)ものです。で、経費を引いた毎月1万円が利益で、更新料として3万円くらいもらいました。ただ、2018年初めに購入したのに、2019年に不動産取得税などの税金の支払いがありました。よって、利益はなくマイナスでした。

ただ、不動産投資のマイナスは給与所得と合算できるので節税効果をもたらしましたが、自分がやっているのは新築ワンルームマンションではないですよ。

 

2019年は投資に適した年だった!

 

そう感じます。だって、資産が70万円くらい増えたのですから。

2019年は株が特に顕著だった気がします。ま、とはいっても自分は含み益のままですけどね。むしろ株価下がってくれないと買い増ししにくい。特にコカ・コーラとかP&Gとかほしいんですよね。しょうがないですけど。のんびり世の中の暴落を待ちます。

なので、いつ暴落が来ても構えられるように資金をしっかり管理しておきたいところです。

 

FXに関してはスワップ投資は終了し、ループイフダンのみにしました。単純に管理が面倒になったという話で。ループイフダンはUSD/JPYの0.5ドルの運用をしています。これだと20万円で10円の変動まで耐えられます。また、更に20万円で5円、更にで5円という形です。

なので、自分は40万円入れて20万円分運用する形にしています。そうすれば115円の運用開始だとしても100円までは耐えられるのです。さらに自分は20万円分は余裕資金として持っているので95円までは行けるという計算になります。これくらいの安心感があると楽です。

 

不動産投資は入居者のステータスからそろそろ出てもおかしくないなーという感じがしています。購入から5年経過して、売却すると税金が抑えられるのですが、今の日本の景気上どうなるかわかりませんね。今売っても税金高いし、将来的に考えても。。。とはいっても自分は購入時にかなり価格交渉したうえで購入しているので、大損ってことはなさそうですけど。むしろ、プラスな気がしますけどね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました