ウーバーイーツ配達にハマってしまった5つの理由

はい、ほしけんです。

 

先日からウーバーイーツ配達員を始めてみたわけです。

当初の考えでは、1回配達して2万円分のポイントゲット!なんだから、それで終えればいいやと。

そういう気持ちで始めました。

 

また1回やってみたときに、時給1000円くらいか。これは割に合わないな、なんて言っていました。

 

しかし、どうでしょう。今となっては、定期的に配達を行っています。

 

今回は、最初やる気のなかった自分が、どうしてウーバーイーツ配達員を継続しているのかをお伝えしていきます。

自分が、ウーバーイーツ配達員というものにハマってしまった理由をまとめると下記の通り

1、外出と運動のキッカケになる

2、人とかかわらなくていい

3、自分に選択権がある

4、インセンティブ設定のうまさ

5、節約意識が強くなる

スポンサーリンク

どうして、ウーバーイーツ配達員にハマったのか。

1、外に出るきっかけが欲しかったから。

まず、1つ目に外に出るきっかけが欲しかったからというもの。

これは、単純に外にあまり出ない(というか出る必要がなく、必要最小限しかしない)ため、基本的に家にいます。仕事も自宅からなので、なおさら外にでるタイミングがありません。

同時に、外に出ない=運動もしないという状態なわけです。

たしかに、読書するときはステッパーというものを使いながら、このブログだって仕事だって立って作業をしています。


しかし、それではなんだかな。という気持ちになります。

 

というように、外に出るために配達をする。謎の理由が自分を配達員へと飛躍させたのです。

 

2、人とかかわらなくてもいいから

続いて、2つ目に、人とかかわらなくていいからということがあります。

どこかの本で書いてありましたが、すべての悩みは人間関係に起因するということを読みました。

 

確かに考えれば、すべてのトラブルは人間とかかわることで起こります。

あの人にどう思われているだろう、嫌われていないかな、、、、。という感じで、改めて考えれば、ここが原因なんですね。

さらに自分は本来、人と関わりたくありません。できれば、犬と関わっていたい。

 

ウーバーイーツも人と接する必要はあります。

しかし、ほとんどかかわらなくていいのです。

 

つまり、こういった面倒なことはほぼ起こらないと考えてもいいでしょう。

起こっても、別に2度と会うことはないだろう。で、済みます。

 

しかし、会社などではそうはいかないというのですね。

 

気楽に働き、働きたくなければ、働かない。

 

こういった選択の自由は、ありがいたいものです。

 

3、自分に選択権がある。

これは先ほど上で書いた内容と似ています。

一般的に会社とかにおいて、多くの人は自分で決めることはないでしょう。

・働く日時

・仕事の内容

・方針

・やり方

、、、逆に自分で何を決めているのかわかないくらい、自分たちには選択権がありません。

 

しかし、ウーバーイーツでは、自分が働きたいタイミング、労働時間、地域、配達ペース、配達方法、手順、、、というように、ほぼほぼ自分で決めることができます。嫌な仕事であれば、断ればいいのです。

こういうように、自分に選択する権利があるというのは、気持ち的にかなりいいと思います。

 

また、違った見方で、自分で決められるということは、自分で試したりすることができます。

例えば、どの時間やればいいだろう、どういったルートで行くといいだろうか。どういうふうに渡したらいいだろうか。どういう感じで置けばいいか。などなど自分で試すことができます。

 

具体的に言えば、玄関前においてほしいという依頼があったとします。

でも、本当に扉の前に置けば、玄関を開けた瞬間、吹っ飛びますよね。

これでは、利用者の評価は下がるでしょう。。。

 

では、どうすればいいのか。そうやって自分で決め、工夫できるというのは、なかなかおもしろいもんなんですね。やってみるとわかります。

これは余談ですが、自分はありがたいことに良い評価をもらいやすいです。

また、ウーバーイーツにはチップ機能があり、いろんなブログを見た所、多くて10人に1人くらいがチップをもらえる相場のようです。しかし、自分は20回中6回もらっているという状態。

自分がいいサービスをした分、評価されるというのもなかなかできない経験でしょう。まして、自身の稼ぎにつながることなんてなおさらです。

4、ウーバーイーツの仕組みがうまいから

冒頭で1回だけやればいいやなんて考えていた自分ですが、ハマってしまった理由に、ウーバーイーツの仕組みがうまい!というのもあります。

これは、インセンティブの関係ですね。

 

1回運べば、大体500円位です。その結果、大体時給1000~2000円程度に落ち着くでしょう。

ぶっちゃけ時給2000円だと、普通に週5日・8時間働くとすれば、年収400万円弱になります。

なので、一般的な平均年収と比較しても同じくらいになります。

 

とはいえ、継続してやる仕事とは言い難いのも事実です。自分は2時間フルスロットルで配達したら、結構疲れました。

 

しかし、ウーバーイーツの策略か、ある期間の間で複数回運ぶとボーナスがもらえるんですね。

 

これが憎いくらいうまい気がします。1回目にボーナス、6回目にボーナス、10回目に、、、、のようになっているんですね。

1回運ぶだけというのも可能です。これが一番コスパはいい。

しかし、1回やると、2回目、3回、、、と続けたくなります。

 

そして、4回目でやめようにも、6回目でボーナスがあると、じゃあ、、、、となります。

こういうのが、やる気にさせるの上手だなと感じる点です。

 

今現在自分は、配達員始めた人30回配達で9000円!というものにひかれています。

残り10回か、、、というサンクコスト効果にしっかりやられていますね。

5、節約の意識向上になる

最後に人それぞれですが、節約の意識向上という自分には大きな影響を与えています。

というのも、上述の通り、1回配達するのに500円位が相場です。

となると、なんかお金使うの嫌になるんですよね。

もともと物欲がないので、モノを買う習慣がありません。しかし、たまにはあります。

 

それすら頭の中でパチパチパチを電卓を売って、今日稼いだぶんか、、、と気持ちを一旦落ち着かせることになります。

まぁ、この点はひとそれぞれでしょうから、あれが欲しくて頑張るんだ!ってのも悪くないでしょう。

 

でも、一旦、買う前に「これ、配達〇件分だよな」と考えると、無駄な買い物が減るでしょう。

働く気がなかった自分が、ウーバーイーツ配達にハマった理由まとめ

 

1、外出と運動のキッカケになる

2、人とかかわらなくていい

3、自分に選択権がある

4、インセンティブ設定のうまさ

5、節約意識が強くなる

というような感じで、自分は最初こそやる気なかったのに、ウーバーイーツ配達というものにハマっていったというわけですね。
とはいえ、今後、寒くなるのでやらなくなっていくでしょうけどね
ウーバー配達で得たポイントをdポイントにすれば、+15%になりますよ。
https://try-try-fly.fun/dpoint15up-2021/
タイトルとURLをコピーしました