DIY初心者がここまでできた!DIYに使ったもの、失敗談などまとめ ~玄関編~

DIY初心者がここまでできた!DIYに使ったもの、失敗談などまとめ ~玄関編~

 

DIY素人がリフォームした内容は以前お話ししました。

[nlink url=”https://try-try-fly.fun/%e7%b4%a0%e4%ba%ba%e3%81%8cdiy%e3%81%a7%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%bf%e3%81%9f%ef%bc%81%ef%bc%81/”]

 

これで全体の雰囲気はつかめたと思いますので、

今回は玄関部分について、詳細な解説をしてきたいと思います。

 

〇 内容として、どんなことをしたのか

〇 なんという資器材を使ったのか

〇 感想

を交えて、お伝えしていきます。

 

後日、ほかの部屋でも同様にやっていきますので

楽しみにしていてください。

 

前回のキッチン・洋室・和室部分に関してはこちら

[nlink url=”https://try-try-fly.fun/%e7%b4%a0%e4%ba%badiy%e3%81%ae%e7%b5%90%e6%9e%9c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bd%9e%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%e7%b7%a8%ef%bd%9e/”]

[nlink url=”https://try-try-fly.fun/%e7%b4%a0%e4%ba%badiy%e3%81%ae%e7%b5%90%e6%9e%9c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bd%9e%e6%b4%8b%e5%ae%a4%e7%b7%a8%ef%bd%9e/”]

[nlink url=”https://try-try-fly.fun/%e7%b4%a0%e4%ba%badiy%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bd%9e%e5%92%8c%e5%ae%a4%e7%b7%a8%ef%bd%9e/”]

まずは改めてBefore/Afterを確認していこう。

<Before>

<After>

 

はい、これがBefore.Afterなんですが、どこが変わったかというと

このドアクローザーという扉がガッチャンと閉まらないようにするものだけです。

(ゴミ等あってごちゃごちゃしていてすいません)

 

リフォームした箇所

リフォームした箇所について、まとめていきます。

※下記にあるリンクは、自分がリフォーム時に実際に使用したものを紹介しています。

同じような雰囲気にしたい場合、同じものを購入すれば似せることができますので、参照ください。

(壁紙やCFに関して、紹介ページはリスタという会社をリンクにしています。

自分がいろいろ検索して比較した中で、一番コスパがよかったので会社で、オススメです)

壁紙

壁紙はそこまで汚れているわけではなかったので、替えませんでした。

実をいうと、この部分を貼れる量の壁紙が残ってなかったんですよね。

 

じゃあ、きれいだし、いいやーって替えるのをやめたって話です。

 

ちなみに、こういった元の壁紙の一部が汚れていたり、破れていたりする場合があります。

じゃあ、その部分だけ新しいものにすればいいじゃないかと思うかもしれませんが

そうなると明らかに前の壁紙を使いまわしたなと違いが出るんです。

となると、単なる手抜きに感じますから、最終的に全体を替えないといけなくなります。

 

しかし、そういった場合にもテクニックがありまして

『変えたい部分だけカラー・柄を使う』です。

 

こうすると、あら不思議

”これはおしゃれでこうしているのね!”なんて勘違いしてくれます。

まぁ、言い方が悪いですが。。。

 

ほかの部屋でいうこんな感じです。

今の緑の部分だけ汚れていたとしても、あえてこうしたんだねって思えませんか?

 

こういう意味でも、一部カラー・柄の壁紙を使うのはいい方法だと思います。

床に関しては、かなりすり減りが目立っていました。

なので、新しくクッションフロア(CF)というものを貼っています。

 

クッションフロアというのは、本物の木ではなく、ポリ塩化ビニルというプラスチックに

木目のような凹凸や印刷により、本物の木のような”雰囲気”があるフロアマットです。

 

つまり、見た目は木だけど、触感とかよく見てみると違うわ、、、って感じです。

 

木を貼り付けるとなると、それなりにコストがかさみます。

しかし、あくまで賃貸なので、そこにコストをかけるのは非常にもったいないので

コスト削減のため、今回使用しています。

 

だからといって、コスト以外にメリットがないわけではなく

クッション性に優れ、耐水性(ジュース等こぼしても弾く)も優れ、木のように腐りません。

 

なので、キッチンや水回りには特に使い勝手のいいものになります。

まぁ、今回は玄関なんですけどね。

 

今回は、ナチュラルなイメージにしたかったので

木目調がしっかりとしている東リの『CF-9413』を使用しました。


 

また、CF貼り付け時には、CF貼り付け用のキットとボンドを購入しています。




ボンドにはいろいろ種類があるので、よく調べてから購入しましょう。

なお、シンコールのSR-60は通常の木の床であれば大丈夫でしょう。

 

サイズも小さいのもありますので、各自必要量に応じて購入ください。

 

自分は効率的に作業を進めたいので、ボンドを乾かしている間に

ほかの部屋のボンドを塗り、終わったらCFの貼り付けに行くということをしていました。

 

ドアクローザー

玄関で数少ないリフォームした箇所が、このドアクローザーです。

上述の通り、ドアがバタンと閉まらないようにするものです。

 

そんなに壊れるもの、交換するものではないですが

扉に油が付着(つまり漏れていた)のをみて、交換を決めました。

 

しかし、ドアクローザーというものを調べると

扉の穴の位置や数、幅などによってそのまま外して付けて、、、

っていうのができるのかわからない。という問題が発覚しました。

 

というのも、モノによって穴の位置や大きさ等の制約が多すぎるんです。

素人がDIYするうえで、こういうのは本当に手間だと思います。

 

そんな中、リョービという会社が販売している

取付交換用のドアクローザーというものを発見し、交換することができました。

 

このリョービのドアクローザーの何がいいかというと、もともと使っているドアクローザーが

違う会社でも同じ穴を利用して交換することができるのです。

 

なぜかというと、プラケットと呼ばれる扉の枠に取り付けるものが

自由自在に動かせるからなんです。

 

つまり、新たに扉に複数穴をあける必要がないということ(自分は1つ開けました)

 

これはかなり便利だと思います。そして、リョービのサイトにはあなたの扉に取り付けられるか

フローチャートになっていて、わかりやすい。

ちなみに、一般家庭であればマンションであろうと”S-202P”でOKです。

リョービ 取替用ドアクローザー ← 要確認

 

先ほど自分は1つ穴を開けたという話をしましたが、これはもともと3つしか穴がなかったからです。

このリョービのものは4つ穴が必要なので、1つ穴を開けざる終えませんでした。

 

穴を開ける?簡単だろ?と思ったかもしれませんが、

実はやってみると穴を開けるのが、めちゃめちゃ大変です(木製なら楽勝)

 

自分は近くのホームセンターから電動ドリルを借りて

30分近くやりましたが、うまくいかない。。。へこみができたくらいでした。

(商品にドリルネジという穴あけ用のものが付属しています)

 

もし自分のように金属製の扉に穴を開けるなら、ドリルネジからではなく

まずは通常の金属用のドリルビットと呼ばれるもので、穴を開けてからが良いです。

その次にドリルネジをやると、すんなり入っていきます。マジでやらないと時と筋力を消耗します。


 

ちなみに、レンタルした電動ドリルはこちら。そこまでスペックは高くないです。


 

ただこのドアクローザーの穴あけに関しては大変でしたが

取付に関しては説明書がしっかりあったので(ねじの種類の分類は大変だったけど)

プラモデル感覚で取り付けられました。

 

ぶっちゃけ、山は”穴あけ”です。元から穴が4つある人は、もう余裕レベル。

(取り付けられる条件だけしっかり確認!!)

 

今回は、こんな感じで玄関を仕上げました。

次回は、トイレのリフォーム内容をお伝えしていきますね。