DIY初心者がここまでできた!DIYに使ったもの、失敗談などまとめ ~和室編~

DIY初心者がここまでできた!DIYに使ったもの、失敗談などまとめ ~和室編~

 

DIY素人がリフォームした内容は以前お話ししました。

[nlink url=”https://try-try-fly.fun/%e7%b4%a0%e4%ba%ba%e3%81%8cdiy%e3%81%a7%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%bf%e3%81%9f%ef%bc%81%ef%bc%81/”]

 

これで全体の雰囲気はつかめたと思いますので、

今回は和室部分について、詳細な解説をしてきたいと思います。

 

〇 内容として、どんなことをしたのか

〇 なんという資器材を使ったのか

〇 感想

を交えて、お伝えしていきます。

 

後日、ほかの部屋でも同様にやっていきますので

楽しみにしていてください。

 

前回のキッチン・洋室部分に関してはこちら

[nlink url=”https://try-try-fly.fun/%e7%b4%a0%e4%ba%badiy%e3%81%ae%e7%b5%90%e6%9e%9c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bd%9e%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%e7%b7%a8%ef%bd%9e/”]

[nlink url=”https://try-try-fly.fun/%e7%b4%a0%e4%ba%badiy%e3%81%ae%e7%b5%90%e6%9e%9c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bd%9e%e6%b4%8b%e5%ae%a4%e7%b7%a8%ef%bd%9e/”]

まずは改めてBefore/Afterを確認していこう。

<Before>

 

<After>

 

この部屋もだいぶ雰囲気が変わって、清潔感がある仕上がりになりました。

リフォーム前の状態は、”The 和室”って感じでした(特にふすまと天井)

ですが、リフォームにより、和室なんだけど、洋室に近い仕上がりになっています。

 

リフォームした箇所

リフォームした箇所について、まとめていきます。

※下記にあるリンクは、自分がリフォーム時に実際に使用したものを紹介しています。

同じような雰囲気にしたい場合、同じものを購入すれば似せることができますので、参照ください。

(壁紙やCFに関して、紹介ページはリスタという会社をリンクにしています。

自分がいろいろ検索して比較した中で、一番コスパがよかったので会社で、オススメです)

壁紙

この部屋の壁紙は、すべて新しくしています。

白をメインとしていて、これは『RM-504』という塗り壁調の壁紙を使っています

 

この部屋ではアクセントカラーは使用してません。

というのも、既に床がアクセントカラーのようなものだと思ったからです。

 

 

自分は30mのチャレンジセットという

壁紙+壁紙貼り用工具がセットになっているものを購入しました。

工具は1つあればいいので、あとは工具なしのものを購入しています。

 

ちなみに、30mで7480円ですので、1m単価250円程度。

楽天で購入するとさらにポイントが付与されますので、

セール等換算すると、実質1m単価200円程度とかなり安いです。

 

実際にはホームセンター等に販売していますが、糊付けしてもらって210円を超えます。

なので、自分で行って、買って、運ぶよりも、配送してくれるネットが楽です

(のりがついてるので結構重い。。。)

 

リフォーム前の天井は、木目調の壁紙だったので剥がし

白の壁紙を貼り付けています。

 

ただ、一人で天井の壁紙を貼るのはなかなか大変です。

自分は脚立と取り外した洗面台を橋渡ししながら半分ずつ貼り付けましたが

これは倒れる危険性が高いのでオススメできません。

 

もしやるのであれば、複数人、複数の脚立or台が必要です。

 

畳に関してはすべて表替えという、表面のみの交換をしています。

料金として大体1枚3000円程度です。

 

自分は近くの家電量販店で表替えをやってくれるということで、注文しようとしましたが

どうやら日程的に、納期まで2~3週間かかるといわれたので断念。

 

代わりに、『まごころ畳』というところにお願いしました。

この会社は回収から交換、設置まで3日程度で仕上がったので、かなりありがたかったです。

料金も1枚3300円と普通でした。

 

今回自分は表替え(ほかのリフォームで予算がかかりすぎたので)のみしました。

しかし、長らく使われているものなので、次は新品に替えようかなと。

新品にする際は、畳は自分で処分し、新しいのを設置してもらうほうがコスト的に安いかなと。

 

木部塗装

木部塗装というのは、建物にある”木”の部分の塗装です。

 

和室というと、ただの木だ出ており、時が経つと茶色くなっていくんですね。

自分としては白で仕上げたかったのですが、試しに白で塗ったら

その茶色の色素が白のペンキについてしまい、結果茶色になってしまいました。

 

本来これを防ぐためにニスというものを塗るようですが、自分は面倒に思ったので

(というか効果がなかった)

全ての色を凌駕する”黒”で塗ることにしました。そうすれば、茶色くならなくて済むから。

 

ただ、1回塗って終わり!ってことはなく、複数回塗らないといけませんでした。

 

また、塗り方として、最初はハケで塗ってたのですが

ハケ・筆だとどうしても毛筆の跡が付き、均一にならなかったです。

 

そのため、こういったペンキ塗りは

ペンキローラーでやったほうがきれいに、早く塗れます。

 

調べると、ローラーにも用途に応じた毛のサイズがあるみたいなんですけど

素人がDIYやるうえでは、そこまで気にしなくていいかなと。

普通に、ホームセンターで売っている安いやつで事が足りますので。

 

個人的にはスポンジタイプよりも、綿が絡まったようなもののほうが好きでした。


 

押し入れ

押し入れは、ふすまは捨て、ロールスクリーンというカーテンを取り付けています。


 

ニトリで購入したもので、説明書通りに取り付けました。

 

なぜふすまをやめ、これにしようと思ったかというと

雑誌でこうやってDIYしました!っていう記事を読み

「ものをしまうとき、ふすまが邪魔だなー」って感じていましたが

こうすると解消されますよって、書いてあって、すごく納得できたんですよね。

(ただ、個人的にやってみたいなーって感じたってのもありますけど)

 

しかも、ふすまをなくすことで、部屋としても広くなりますから。

入居者だって、押し入れを広く使えますし、作業スペースとしても利用できますからね。

いいこと尽くしです。

 

また、押し入れの床に関しては、ほかの部屋でも使用したクッションフロアを使っています。

こうするだけでも、普通の押し入れとは違うなっていう雰囲気が出ますからね。


 

いま改めて考えると、押し入れの中も壁紙貼ればよかったなと感じています。

ロールカーテンにしたのに、なんだか、雰囲気が押し入れ感がするんですよね。

まぁ、入居者が決まったのでいいですけど。次はそうしようと思います。

 

余談

この部屋には唯一エアコンがついていません。

というのも、建物の構造上、室外機が置けないんです。。。

 

そんな部屋には、窓枠につけるエアコンというのがありまして

今度のリフォーム時にはそれをつけようかなと。

 

というのも、最初の内見に来た方が、この部屋にエアコンがないといって

契約まで至らなかったんですよね。

 

今の世の中エアコンが各部屋にあるのは、当たり前という考えがあるようで

自分の物件の弱みであるということがわかっていますから。

ただ、こういうファミリータイプの物件すべてにエアコンはつけなくてもいいかなと

というのも、コストがかかりすぎることなんですよね。。。

 

このエアコンは別に資格等必要ないので、購入し、説明書通りに取りければOKです。

ただ、あまりメジャーでないこと、夏シーズンにしか取り扱いがないこと、普通のエアコンと値段が変わらないことなど

色々、うーんっていう点はあります。

 

 

今回は、こんな感じで和室を仕上げました。

次回は、玄関のリフォーム内容をお伝えしていきますね。