【年利0.2%と高い!】auじぶん銀行を使わない3つの理由

はい、ほしけんです。

自分は常日頃、お得な情報を探しているわけです。

そして、銀行金利が0.2%という銀行預金としては、一番高いであろう銀行を見つけました。

 

この情報自体は手に入れていたのですが、自分はやらなかったんですよね。

今回は、金利0.2%のauじぶん銀行についてみながら、なぜ自分が使わないかという理由を解説したいと思います。

 

理由をまとめると下記の通り。

1、振込手数料の無料条件が、厳しい。

2、証券への入金ができない。

3、そもそも、日本円を持っていない。

スポンサーリンク

金利0.2%は、銀行金利としては高いです。

まずは、今回の目玉であるauじぶん銀行の金利0.2%について見ていきましょう。

金利0.2%というのは、1年間銀行に預けた場合、0.2%残高が増えるというものです。

 

具体的に言えば、100万円預けたとします。そうすると、1年後、100万円+2000円のように増えます(税非考慮)

預けているだけで2000円増えているんですね。

 

え、、、すくな。と思った方、あなたの銀行は何ですか?

三井住友とか、三菱UFJ、みずほではないですか?

 

これらの銀行金利は、0.001%ですよ。つまり、先ほどの例で言えば、100万円預けて10円が振り込まれるという計算です。

 

むしろ、あなたの使っている銀行のほうが少ないですよ。。。

 

というように、銀行預金で金利0.2%というのはすごいことです。

仮に、500万円預けていれば、年間で1万円増えることなんですから、ちょっとした良い買い物だってできるんです。これはauじぶん銀行にお金を移動して、使えばできるわけですから簡単です。

金利0.2%の達成条件は、auPayアプリ・auPayカード利用・証券設定の3つ

金利一覧 | auじぶん銀行 (jibunbank.co.jp)

ということで、auじぶん銀行の金利0.2%になるには、条件があります。

1、auPayアプリと連携(+金利0.05%)

2、auPayカードの引き落とし(+金利0.05%)

3、auマネーコネクトの設定(+金利0.099%)

です。

 

基本金利0.001%に、条件を達成した分の金利が加算されていくシステムになります。

 

3のauマネーコネクトというのは、auカブドットコム証券と連携することです。

この連携を簡単に言えば、証券会社との資金のやり取りをスムーズにする機能といえばいいでしょう。

 

とはいえ、別に投資をする必要はなく『連携』しているだけでOKなので、費用や投資する必要はありません。

 

つまり、金利0.2%を達成する条件というのは、そこまでハードではありません。

 

また、すべて条件をクリアしなくともある程度の金利まで増やすことができるのです。

auじぶん銀行をメインバンクにしない理由

では、金利0.2%というのは、自分がいまメインバンクとして使っている楽天銀行から見れば、2倍と高いです。

どうして、自分はauじぶん銀行をメインバンクにしないのでしょうか。

1、振込手数料の条件が厳しい

じぶん銀行を使わない理由の1つ目に、振込手数料の条件が厳しいという点があります。

これはどういうことかというと、じぶん銀行では振込手数料が無料になるにはじぶんプラスという条件を達成する必要があります。

これの条件を達成しないと、振込手数料やATM利用手数料がかかることになります。これでは、いくら金利が高かろうが意味がありません。

 

そして、自分が使ううえで、振込手数料の無料回数は3回程度は欲しいところです。

と考えると、じぶんプラス4の条件を達成しないといけません。

じぶんプラス4の条件として「100万円以上の預金」or「50万円以上の預金+条件」が狙える範囲。

「50万円以上の預金+条件」は上の画像の通り。ここら辺は難しくないでしょう。クレカの引き落としでいいのですから。しかし、50万円以上というのはネックになります。

また、50万円未満でもじぶんプラス4は可能なのですが、付加条件が厳しいです。

 

後述しますが、自分は日本円をそこまで持っていません。なので、条件達成が厳しいのですね。

 

2、証券会社に無料で入金ができない

理由に、証券会社に無料で入金ができないという点です。

上では、振込手数料の無料回数がネックでした。

 

それの解決方法として、ほかの証券会社に振り込んで送金する、という方法があります。

SBI証券の場合

楽天証券の場合

例えば、楽天銀行にお金を送りたいのであれば、楽天証券に振り込む。住信SBIネット銀行であれば、SBI証券に振り込む。このようにすることで、無料で資金を送ることができます。

しかし、じぶん銀行はこれら証券会社では、無料で振り込めません。

 

つまり、自分の振込手数料の無料回数を使って振り込むことになります。

ですが、上述の通り、振込手数料の無料の条件は個人的に厳しいものですから、この方法も防がれています。

 

一応、auカブドットコム証券に入金し、イオン銀行へ出金。その後、SBI証券・楽天証券への入金も可能ですが、ここまでしてやるほどのメリットは感じられません。

3、50万円以上現金を持っていない

最後に、50万円以上の現金を持っていないという点です。

別に持っている人はいいのですが、自分は基本的にほとんどのお金を運用しています。もしくは、日本円でも投資準備資金として置いています。

そのため、生活費口座として使うであろうじぶん銀行に、そのお金を入れてしまえば、資金がぐちゃぐちゃになってしまいます。

 

正直言って管理できなくなってしまうため、いくら金利が高かろうが使うのは諦めています。

 

なぜなら、いくら金利が高くとも、預けている預金が少なければ手に入る金利は少ないですからね。

仮に50万円あったとして、金利0.1%と0.2%を比較しても、1年間で500円と1,000円の差。悪くはないのですが、管理コストがかかると考えると、微妙でしょう。月で考えると40円ですからね。

条件を達成するために、いろいろ自動化させることも可能です。しかし、クレカの引き落とし残高不足になったりとかしたほうが、失うものは大きいでしょう。

金利0.2%でもauじぶん銀行を使わない理由まとめ

1、振込手数料の無料条件が、厳しい。

2、証券への入金ができない。

3、そもそも、日本円を持っていない。

というような理由から、自分は金利が2倍になろうともauじぶん銀行を使わないかなということです。

別にこれを読んだ方が、どうするかは個人の自由です。

 

もし、ある程度の日本円はとっておきたい!生活口座に入れておきたい!というのであれば、良い選択とも言えます。

 

しかしながら、もし使うなら以前紹介した同じ金利0.2%のあおぞら銀行BANKというところと比較するといいでしょう。

BANK口座の優遇特典(振込手数料無料) | あおぞら銀行 BANK (aozorabank.co.jp)

 

こちらも使ってはいないのですが、特に条件なく金利は0.2%ですし、ゆうちょ銀行ATMなら条件なく手数料なし。

振込手数料の無料も、デビットカード利用・投信の残高あり(詳しくは知りませんが)で2回無料と条件としては厳しくありません。

とはいえ、証券口座に無料で資金移動ができないので、やはり自分としては使いませんね。

なんといっても、日本円を持っていないからです。。。

 

 

タイトルとURLをコピーしました