【お金が貯まる!】銀行を3つに分けるその意義と実践方法。

【お金が貯まる!】銀行を3つに分けるその意義と実践方法。

お金に関する本を読むとよく出てくるワード。

ffcd87c53fc02edfd5667b95bafc9d59_s

私はよく「お金が貯まる◯◯術」とかのマネー本をよく読みます。

そこで出てくるのが、『1つの銀行ではなく、3つの銀行を分けなさい』というもの。結構出てきます。

 

その3つというのが、生活用、投資用、貯蓄用で使い分けなさいということなのです。
私も実践しており、どのように使い分けているのかお話します。

なせ、3つに分けるのか?

52ceff2ccf51b6465679ab4c976fc8b0_s

まず、なぜ3つに分けるかというとを考えます。
お金を使ってただ生活すればいいんだ!という人は、分ける必要がないと思います。

ですが、お金を貯めたい!お金を増やしたい!という目標がある人は、ぜひ分けるべきでしょう。

1つであると、どのお金が生活資金なのか、貯金なのかわからなくなります。

また、生活資金を投資にあてるという、ギャンブルも防ぐことができるでしょう。人間、お金があればある分使ってしまいます。
昇給した分いい部屋に住んだり、結局プラマイゼロ。これも分けることで防げるでしょう。

あとは、単純に銀行が破綻したり、ATMが使えなかったりした場合のリスクヘッジですね。

私がやっている銀行の分け方。

では、実際に私が実践している銀行の分けている状況を解説します。
まず、現在の資産の状況から。
日本円を大体500万円所有しています。ほかは、投資で運用中となります。

◯ 生活資金

生活資金は、家賃やクレジットカード、その他引き落としに対応できる銀行がいいです。生活資金を一括で管理するようにしましょう。

となると、信用金庫はクレジットカード引き落としに対応していなかったりするのでメガバンク(みずほ、UFJ等)や、地銀、ゆうちょ銀行がいいかなと思います。

自分は、ゆうちょ銀行を使っています。ゆうちょ銀行は、郵便局のATMならお金を引き出すのに手数料がかかりません。
また、最近コンビニのファミリーマートと提携し、店内のATMを使えば時間内なら手数料かかりません。(ATMの機種によっていつでも無料の場合もあります)

さらに、どちらも大概あるので、ATMに並ぶ時間の無駄がないです。並んでれば諦めます。
色々引っ越しても郵便局とファミマのカバー力があれば、大概大丈夫じゃないでしょうか。

ここに、100万円入れています。もっと少なくてもいいと思うのですが、給与から貯金や投資、生活費の余りが溜まっていきますので、いいかなと思ってます。
年に一回余り分を投資か、欲しいものを買うことにします。

◯ 貯金資金

ここは、なにか急な出費があった時に使う銀行にします。
もちろん、基本は使いませんので放置

なので、金利がいい銀行を選びます。となると、よく見かける銀行は金利が良くないのでネット銀行がベターだと思います。

自分は、楽天銀行を使っています。
楽天銀行は、楽天証券とお金をやりとりするマネーブリッジというものを設定すれば、
なんと、金利0.1%!通常、銀行の金利が0.001%なので100倍!!
100万円あれば、年で1000円の利息がつきます。普通は10円。。。

先程のマネーブリッジですが、別に投資する必要はありません。ただ、設定すれば大丈夫です。 ここに100万円入れています。他の金利が高い銀行は、イオン銀行でしょう。イオンカードを持っていると金利が高くなるようです。

◯ 投資資金

ここは、株やFX、その他諸々の費用になります。
FXはどこでも構わないのですが、株や投資信託、iDecoをやるのであれば証券会社にリンクした銀行がいいでしょう。

自分は、住信SBIネット銀行を使っています。
この銀行はSBI証券とリンクしてますので、株等の購入資金をわざわざ入金したりせずに投資ができます。

さらに、この銀行をおすすめする理由は
自動で指定した銀行口座から引き落としてくれる設定ができます

自分は給与口座がゆうちょ銀行なので、そこに給与が振り込まれます。

投資資金や貯蓄資金にお金を移動させたいのですが、ATMでお金を卸して入金。もしくは、手数料の掛かる送金をしなければなりません。

ですが、この自動引き落しがあれば、毎月自動でゆうちょ銀行から引き落としし、お金が住信SBIネット銀行に入金されるのです。
で、投資資金から貯蓄資金へと自動送金すればいいのです。全て自動化です。

住信SBIネット銀行は、比較的簡単に送金手数料無料となります。あと、メリットは
口座の中に◯◯資金用と言うように自分で口座を設定でき、SBI証券を活用することで、自動引き落し以外でも、ゆうちょ銀行から無料で資金の移動もできます。ここに300万円入っています。次の不動産投資の為コツコツやっています。

3つ以上は駄目なのか?

最後に3つ以上で管理するのは駄目なのかと言うことを考えたいと思います。
自分は、管理できるのであれば、いいと思います。

重要なのは管理できるかです。
人間多くなりすぎると把握するのが面倒になります。そして、お金の動きが複雑になります。
自分は図に書いてお金の動きをまとめています。
一回でもまとめてしまえば、変更が必要になるまで