【選択肢が広がり、人生が豊かになる!】セミFIREを目指すべき3つの理由

【選択肢が広がり、人生が豊かになる!】セミFIREを目指すべき3つの理由

はい、ほしけんです。

今回は、前回から解説しているFIREの『セミFIREを目指すべき理由について』のお話をしたいと思います。

 

FIREの基礎については、この記事から。

【セミリタイア】今、流行りの”FIRE”とは、

 

まぁ、ざっくりFIREとは何かというと

Financial Independence, Retire Earlyの略で、『経済的自立をして、早期リタイア』ということになります。

 

その中でも、完全にもう働く必要がないFIREもあれば、働く必要はあるけどもフルタイムではなく、自由に仕事をするようなFIREもあれば、仕事が楽しいからFIREできるけど働いているというのがあります。

 

自分はこの中の働く必要はあるけど、自由に生きれる『セミFIRE』というものに分類され、働いていますが、かなり自由に生活しているという状態です。

 

で、今回、なぜ自分もしている『セミFIRE』という状態を目指すべきなのか、そして、実際にセミFIREを体験した自分がそのメリットを語りたいと思います。

 

先に結論から言えば、セミFIREによりこのようなメリットがあります。では、詳しく解説していきましょう。

 

1.すべての選択肢が広がる。

2.”自分の興味”のために、働ける。

3.お金に対する知識が身につく。

 

 

セミFIREを目指すべき理由

 

まずセミFIREを目指すべき理由を伝える前に、自分の現在の状況をお伝えしますね。

・金融資産(セミFIRE時) 1300万円+マンション1室(不動産投資用)

・金融資産は、大学卒業後、某公務員で約6年半勤務し、形成。

・公務員を退職後、世界一周を始めるが、コロナにより現在一時帰国。北の大地でやってみたかったことを始めてみる。

というのが、自分の現在の状況です。

 

まぁ、金融資産も同じ世代からすれば、かなり多いほうだと思いますが、ぶっちゃけ6年半かけて金融資産1300万円ということは、年間で200万円程度ですから、できなくはない目標だと思います。ちなみに、公務員時代の年収は500~600万円でした。

 

セミFIREを達成し、感じたメリット

では、実際にセミFIREを達成した自分が感じたメリットについて、お話していきたいと思います。

 

1、すべての選択肢が広がる。

 

まずセミFIREのメリットとして、一番に挙げたいのが『すべての選択肢が広がる』ということ。

これはどういうことかというと、文字通りの意味なのですが、人生におけるすべての考え方が変わり、好きに選べるという選択肢が増えるということです。

 

一番簡単な例とすれば、使えるお金が増えるということでしょう。

 

まぁ、単純な話ですが、セミFIREしている人はある程度毎月の不労所得の収入があります。なので、自由に使えるお金に余裕があるはずです。

そうなれば、その分、なにかしてみたかったことや、食べたかったもの、といったものができるようになります。これは想像しやすいことなのではないでしょうか。みなさんも、あぁ、あと1万円あればなぁ・・・って思ったことはあるはずです。

 

自分の例で言えば、世界一周をやってみたい!という思いで始めることができましたし、ちょっとおもしろそうだなーと感じたことやものにお金を支払うことができています。ここ最近ではワインというものに興味を持ち(ある人の話を聞いて、その人がワインをすごくオススメするので、どれくらいおいしいのかという興味が出たのです)1万円程度のワインを購入しました。

 

世の中すべてがお金で解決するということは言いませんが、ある程度は解決できることでしょう。

 

もちろん、生活スタイルを変えずにいるのもいいです、それも1つの選択ですから。

人間、選択肢が1つの状態なのと、複数の選択肢がある状態とでは、本当に心境が違います。

 


この本は、なぜ自殺をするくらいなら、会社を辞めないのかという疑問に関しての理由が書かれた本です。確かに、疑問に感じませんか?死ぬくらいなら別に会社を辞めることなんて簡単だしと。

しかし、この考えができるのは、”いま”健常な状態の人だけなのです。

 

というのも、彼らだって最初は嫌なら辞めればいいって思っていて、徐々に追い詰められ『死』という選択肢しか残らなくなったと考えたゆえの決断なのです。

自殺の話と同じとは限りませんが、選択肢が複数あるという状態は健常な状態になれるということなのです。

 

2.”自分の興味”のために、働ける。

続いて2つ目の理由で『”自分の興味”のために、働ける』ということです。

 

これは1の『選択肢が広がる』に近い考えですが、”働く”という人生で大きい割合を占めるものであるため、1つの項目として挙げさせていただきます。

 

自分は現在、上述にもある通り、北の大地である企業で働いています。なぜこの仕事を選んだかというと、”興味があったから”ということ。どういう仕事なのだろうか、どういったことをするのだろうか、それは大変なのだろうか。ということが疑問でした。

 

正直言って、自分はなにがやりたいのか、天職なのかというのはわかりません。だからこそ、いろいろ面白そうだと感じればやってみて、それがどうなのか判定する。これの繰り返すことで、自分にとって天職というのが見つかるのではないでしょうか。

皆さんだってそう思いませんか?やってみないとそれが面白いかどうかなんて判断できないですよね。やる前からそれがわかるのであれば、逆に面白いことも同様の方法でわかるはずなので、熱中しているはずです。

 

こちらは、アップルという世界でもトップクラスの企業を作ったスティーブジョブズが行った、卒業式でのスピーチ。

 

この途中で、”Connecting the dots”という話が出てきます。これはかなり有名ですが、彼は大学生の時、カリグラフィーという今では当たり前にある、文字を美しく見せる方法の授業にハマったということ。もちろん、この学びが将来にどう影響するかなんて考えていませんでした。

 

そして、のちにアップル社を立ち上げ、パソコンを作ります。当時のパソコンは文字の見栄えが悪かったのです。”a”と”i”の幅が違うのがわかりますよね。当時はこの幅が同じだったのです。

で、そのときジョブズは、あの大学時代に学んだカリグラフィーを取り入れよう!と思うのです。

 

つまり、ここから学べることは、将来自分がどうなるかなんてわからない。まして、予測できることなんてできない。だから、いま自分ができること、興味あることに熱中しろ!ということではないでしょうか。

確かに、じゃあ熱中したからといって、将来役に立つかなんてわかりません。がしかし、自分が興味あると思ったことは、どんどん挑戦・集中すべきなのだと思うんです。

 

で、”興味がある”仕事で働くということは、場合によっては年収が下がる場合があります。事実、自分の今のアルバイトという立ち位置上仕方がないのですが、年収は前職の公務員と比べれば半分以下でしょう。

となると、セミFIREできるだけの資産がない人は、正直戸惑うでしょう。だって、今の地位を捨てて、ほかの世界に飛び出すなんてリスクが高いよなと。

それに直面すれば、「まぁ、やっぱりあんまり興味ないし、、、」というふうに、自分に言い訳をして、諦めてしまう。どうでしょうか。

 

しかし、セミFIREした人であれば、もともと不労所得の収入がありますから、多少年収が下がったって(もちろん下がらないほうがいいですけどね)”面白そう”と思えたこと。つまり、どれくらい給与がもらえるかではなく、何が学べるのかという点のほうに注目し、仕事を選択していくのです。

 

また、前の公務員という仕事はそれなりに過酷でした。過酷というのは、残業というものではなく、正直言って職場の人たちの考え方が好きではなかったのです。

自分は海外旅行に行きたいのに、公務員という職業柄、事前に海外旅行に行きますという旅行日程を作成し、それを上司(5~7人)に確認もらい、、、、ということを毎回しなければなりませんでした。さらに、明確な規定がないのにもかかわらず、この国は行ってもいい、ダメといった判定を下されるのです。

一番不満だったのが、外務省の出す海外渡航危険レベルを表すもので、レベル2だったイスラエルに行きますと話したところ、それはだめだなんて言われてしまったことです。危険レベル1~2であれば過去に問題なく承認され、旅行してきました。

がしかし、イスラエルのことを知らない(もちろん自分も知らないから行くのですが)のにもかかわらず、ただ”イスラエルだから”という理由で断られたのには強い反発を覚えました。

さらに、断る際に「俺が退職したら、行ってもいいよ」といってきて、あぁ、この人たちは自分の進退にしか興味がないんだなと感じていました。

 

他にもたくさんありますが、自分はかなりその公務員の仕事に不満を覚えていました。まぁ、当然ながらすべてのことに不満を持っているわけではないですけどね。

 

しかし、セミFIREした後は、そのつらかった仕事を退職しましたから、もうフリーダムなんですね。

 

もちろん、退職する必要はなく、いつでも退職できるぞ!という状態はかなり気分がいいものです。なぜなら、上司に言われた理不尽なことに反発したっていいのです、だって辞めればいいから。飲み会だって断ればいい、だって、別に人間関係が悪くなっても辞めればいいから。逆に吹っ切れた感じになります。笑

こういった状況は、ぜひとも作っておくべき状況です。

 

3.お金に対する知識が身につく。

最後に3つ目の『お金に対する知識が身につく』ということ。

 

セミFIREというのは、1000万円以上の資産を形成しないと難しいと思います。となると、普通に買いたいものを買って、食べたいものを食べて、飲み会があれば参加して、、、となると、資産形成は大変です。

自分はわかりませんが、年間で100万円以上貯められている20代は多くはないと思います。自分は2~300万円は毎年貯めていました。

 

しかし、セミFIREという目標をもつと、無駄なものは買わないようになるし、無駄なイベントには参加しなくなるということに意識がシフトします。また、いかにお金を稼ぐかというととに興味が持ちます。

まとめれば、”支出を減らす方法””収入を増やす方法”を学ばざる終えないということになるんです。

 

自分の”支出を減らす方法”で言えば、毎日家計簿をつけ、毎月いくら何にお金を使ったのか把握し、そして改善するようにしました。その結果、年間の支出額は120万円程度でも、十分生活できるということがわかったのです。

またほかにも、無駄な飲み会は断ったり、携帯会社を格安SIMにしたり、ふるさと納税、iDeCoを活用することで、支出を減らすことに成功しているのです。

 

【MY BEST】お金の流れを公開!貯金するのに、銀行口座を3つに分ける必要はなし!!【結論:楽天銀行とSBI銀行の2つで十分です】

【My BEST】自分にとってベストな携帯キャリアは○○と○○の2つ!!その理由を解説!

 

また、”収入を増やす方法”として、還元率の高いクレジットカードを探したり、ポイントサイトを利用して還元を受けたり、不動産投資のセミナーに行き学び、投資用物件を買い、家賃収入を得たり、株式を購入し配当金や優待を得たりしています。

直接収入が増えるわけではないですが、終業後すぐに帰宅することで、自分の時間を有効に活用することもできています。この時間を勉強や副業に充てたりすることもしていました。

 

【My BEST】自分にとってベストなクレジットカードや支払方法!!を解説!

 

DIY初心者が賃貸物件のリフォームに挑戦!まとめ

 

ちなみに、このお金への考え方というのは、一回学んでしまえば、一生役に立ちます。なぜなら、お金というのは、あなたの人生でFIREしようともしなくともかかわってくるものだからです。

しかも、若い時から学んでおけば、なお有効にお金を使いこなす期間が長くなります。自分も20代半ばの時、お金への考え方をもっと早くしておけばよかったと後悔していた時期があります。

 

もし、お金について学びたいのであれば、ファイナンシャルアカデミーというところで学ぶのがオススメです。自分もここで不動産投資について学びました。ちなみに、お金の教養が”無料で”学べるセミナーもありますので、これを活用してないと『損』です。別に投資については学ぶ、学ばないは個人の自由です。

 

不安な将来を生きるには、お金のことを学べば解決します。その一歩をファイナンシャルアカデミーで学ぶ。

 

 

セミFIREを目指すべき理由のまとめ

リタイア後、エベレストベースキャンプに行ったときの写真

ということで、セミFIREを目指すべき理由を改めてまとめれば下記の通り。

 

1.選択肢が広がる。

⇒生活、趣味に余裕ができ、選べる幅が広がる!

2.”自分の興味”のために、働ける。

⇒”お金のために”働くのではなく、”自分の興味のために”働くことができる!

3.お金に対する知識が身につく。

⇒切っても切り離せないお金について、学べ、一生役に立つ!

 

どうでしょうか、これがセミFIREを迎えると得られるメリットになります。

 

ただただ、今の現状に不満を言っても仕方がありません。文句をただ言っても現状なんて変わりません。

だから、自分で変えていくしかないのです。

 

そうすれば、あなたはセミFIREできるようになり、いろいろな選択肢が得られます。今の会社を続けるのでもいいし、辞めてFIREするのもいい。ほかの興味のある仕事につくでもいい。

また、不労所得を自分の趣味に使うでもいいし、見てみたかったことやってみたかったことにチャレンジするでもいいのです。

 

このブログでは、こういったセミFIREした自分が、どうやってそこまでありつけたのか、そして、どうやって節約したのか、投資をしたのかなどなど、だれにでもまねできる範囲のことをお伝えしていきますので、よかったら、これからもこのブログを楽しみにしていてください。