天草エアラインのみぞか号に搭乗したよ。

スポンサーリンク

航空会社なのに1台しか持っていない?!

今年の夏こんな本を読みました。
島のエアライン

熊本県の天草が舞台で、天草に空港をつくり
その過程で航空会社もつくるというお話。

熊本市内から天草へは橋が架かっておりますが、数時間かかるため不便であることから
今回の空港を作るという話になりました。

日本にもいろいろな航空会社がありますが、空港作ったのに利用してくれる会社がありません。

なので、自分たち(県)で飛行機を飛ばそうじゃないかと躍起になります。
それが”天草エアライン”という会社になります。もちろん飛行機を何台も所有できるわけでなく、1台のみの運用です。

まぁ、いろいろな難題を乗り越えていくという物語ですが
自分はこの飛行機に乗ってみたく、そして、応援したく今回熊本県まで行ってみました。こうした今までやったことのないことに挑戦し、努力で苦難を乗り越えることに関して
自分は応援したくなる傾向があるみたいです。

天草エアライン”みぞか号”

IMG_20181116_123011

これが天草エアラインの唯一の飛行機”みぞか号”です。


記憶が定かでないので何とも言えないですが、2代目のものです。
冒頭の書籍紹介で上巻が初号機、下巻が2号機となります。

PB160071
IMG_20181116_123520

天草エアラインのルートは3つで
”熊本―天草”、”天草ー福岡”、”熊本ー大阪”区間で運用されています。
自分は一番長く体感したかったので、大阪から乗りました。
1日10本のフライトをこなすそうです。料金としてはANAやJALと同じくらいだった印象があります。

PB160076

乗った感想は機種が小さく、席も狭いのかなって思っていましたが狭くなくよかったです。

機内サービスはお菓子とミカンジュースでした。
ちなみに、天草エアラインのグッズは天草空港で販売
もしくは、この大阪区間での機内販売のみとなります。
天草エアラインはJALと共同運航便なので、天草エアラインからの購入もできますし
JALからの購入もできます。JALから購入すればマイルが加算されますが、
天草エアラインからだと天草エアラインのポイントになります。
空港から搭乗まで写真撮ったり、搭乗ゲートうろついたりと落ち着きがありませんでした。
それでも乗れてよかったーと思います。

往復のジェットスター

自分は関東に住んでいるので、大阪までと熊本からの区間をジェットスターで行きました。

自分としては手荷物だけで登場するのがいいかなと思います。
というのはモバイル搭乗券を併用することで、搭乗ギリギリまでのんびりしていられます。

モバイル搭乗券とは、チェックインをカウンターで受けず、ネットでチェックインを完了し
スマホに搭乗券を表示させるものです。
帰り、阿蘇山からバスで空港に向かいました。(阿蘇は地震の影響で電車が運休中)
ただでさえ出発の40分前に到着するバスに乗ったのに、出発が25分も遅れていました。
結果として、搭乗ラスト(出発15分前)の15分前に空港に到着しました。

となると、チェックインカウンターは終了してます。
なので、国内線なら荷物を少なくしたほうがいいですね、旅行は何があるかわからないですから。

自分は到着後そのまま出発ロビーに行き、ゲートに間に合いました。この間5分!!

今回発見した情報

ジェットスターの機内販売で、東京行きのバスチケットが900円で販売されていました。

もともと、その場で購入すると1000円なので100円お得です。
しかも、クレジットカード(Visa,Master)で決済できるのでいいです。
このチケットをバスカウンターに持っていき、交換するのですが
別に第3ターミナルだけでなく、ほかのターミナルでも交換できました。
裏面には第3ターミナルで交換くださいとのことでしたがね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました