ついに資産が1000万円突破しました。その達成・運用方法を解説します。

スポンサーリンク

1000万円達成した男の秘密を公開します。

まずこの1000万円達成した資産状況を確認していただきましょう。じゃーん。

ま、自分よりも資産が多い人なんて世の中にはいっぱいいますけど、1つの区切りとしていい気分になります。達成する前はワクワクしていましたが、達成した後はまぁ当然かという冷静な感じでした。

後に詳しく自分がどうやって資産を貯めたのかということを解説しますが、”とにかく節約!!し、投資に回す”ということが大切です。

ちなみに資産管理はマネーフォワードで、お小遣い帳はZaimを利用しています。

家計簿マネーフォワード ME 無料で、簡単に使えるお金の管理アプリ

家計簿マネーフォワード ME 無料で、簡単に使えるお金の管理アプリ

家計簿Zaimレシート・銀行カード対応が無料の簡単人気アプリ

家計簿Zaimレシート・銀行カード対応が無料の簡単人気アプリ

 

20代平均貯蓄額は184万円、中央値に至ってはなんと0円!!

そもそもこの金額が世の中の平均と比べてどうなのかということを考えます。なので、20代の金融資産保有状況を金融広報中央委員会より引用します。(金融広報中央委員会は、金融に関する啓蒙活動をしていおり、日銀に事務局を置く団体です)リンクにある【2‐2の金融資産の有無と金融資産保有額(2016年/平成28年)】を見てください。

2 金融資産と負債 ─ 暮らしと金融なんでもデータ|知るぽると
暮らしと金融なんでもデータ(金融資産と負債に関するデータを収録しています)。

この結果、一世帯当たりの平均貯蓄額は184万円で、中央値が0円でした。このデータは1世帯当たりなので、結婚しているひとなんかも含まれます。平均は合計を人数で割りますが、中央値は資産の多い順番に並んで真ん中のひとの資産を中央値としてとらえます。(例えば貯蓄が0円、0円、10万円、300万円、1万円の5人の中央値は、1万円になります)

ちなみに自分の友人は10万円だとか。うーん、10万円って1か月もあれば余裕で貯まるレベルなんですが、どんだけ毎月使っているのでしょう。

この結果をみて、自分は圧倒的上位に位置していると思います。また、中央値が0円ということは、多くの人が資産が0円であることを意味しています。さらに考えれば夫婦であれば2人とも働いて稼ぐダブルインカムも狙える中、この結果であればいかに自分が貯蓄上手かということがお判りでしょう。

社会人になってから年に平均200万円貯めました。

ということで、改めて1000万円の資産を貯めることができました。現状として自分は現在28歳。今年29歳になります。大学を卒業し社会人として働いて6年目ということになります。

こうなると社会人になってから大体年200万円の貯蓄ができているということになります。ただ、1年目とかは収入が少なかったので、あまりできていませんでした。いまは年に300万円の貯蓄はできています。

さらに詳細に考えれば前回900万円の資産達成したのが今年の2月ですので、4か月程度で100万円貯めたことになります。この期間はボーナスがない時期ですので、月平均25万円の資産が増えているということです。(ちなみに今回の1000万円達成はボーナス前の給与でなりましたので、今月末にはさらに増えることでしょう)

 

では、つづいて1年前からの資産推移を見てみるとこんな感じ。

1年前は600万円くらいでしょうか。それから1年で1000万円まで増えています。つまり、この1年間は400万円の資産が増えたということになります。

われながら給与も平均からすれば多いとは思いますが、日々の節約によりこの成果は出ています。

しかし、節約しながら海外旅行にも年間4回行ったりしているので過度な節約でなく、仕組みを利用したものになります。

では、自分はどうやって資産を増やしているのかということを説明したいと思います。

これから法則を伝えますが、確実に失敗する特徴を先に話しておきます。

これから自分の資産を貯めていく方法を公開していくわけですが、確実に失敗していく人がいます。それは、下記の文章を読んで実行しない人です。

いくら自分が文章を思いを込めて発信しても、実行しなければ何の効果もありません。知識なんて価値は大きくないです。行動にこそ価値があります。なので、一気に全部となれば大変かもしれませんが、着実に自分のできそうな範囲から行動に移すことが成功への秘訣です。

 

とにかく、節約して支出を抑えること!

資産を増やすには当然ですが、”『収入』-『支出』”のなかでどれだけ収入を増やし支出を減らすかというところが重要になってきます。

投資というものも資産を増やすには重要ですが、まずとにかく”支出”を減らすこと!ここに力を注いがないと意味がありません。というのも、次のステップである投資はその貯蓄から行っていくので、貯蓄額が大きければリターンも大きくなるからです。

例えば、1万円投資した場合と100万円投資した場合で、5%の配当金(税は除外)がもらえるとしましょう。そうすると1万円の場合は500円、100万円の場合は5万円になります。これはいかに投資する金額が多ければ返ってくるリターンも多くなることがわかるでしょう。なので、まずは種銭を増やすということ、ここに力を注いでください。(ただ、自分は例え1万円でも投資したほうがいいと思っています。というのは500円だったとしてもそれは5%の利益だからです)

この収入を増やし、支出を減らすということで貯蓄が増えます。これに関しては資本主義である以上永遠引き継がれる真理です。

支出を減らすなら、まず固定費の見直しを。そうするだけで大きな変化が訪れます。

先ほど収入を上げ、支出を下げるということを話しましたが、収入に関しては各々の事情があるので副業とかやれるならやったほうがいいでしょう。与沢翼さんも”ブチ抜く力”で、「今後は副業禁止規定があっても、やるようなしたたかさがなければ生き残れない」という風に言っていました。

意外と簡単なのが、支出を減らすこと!そのなかでも”固定費”を減らすこと!!ここに尽きると思います。

固定費には、家賃・携帯料金・ネット通信料・定期購読などがあります。この中で契約しているけど不要なものは解約してしまいましょう。家賃も安くなるように交渉したり、引っ越ししたりしましょう。携帯料金も平均では月1万円ですが、自分は500円です。(これは異常な数字なので楽天モバイルとかなら2,000円位になると思います)

あと、電気が自由化されてから数年経過しています。自分の毎月の電気使用料金は1,000円程度です。もし仮に、月50khw使用、30Aだとすると東京電力だと1,900円くらい。つまり、半額程度まで値引きされるわけです。下記の比較サイトで一回シュミレーションしてみるといいでしょう。

利用してのメリットは、通常東京電力はアンペア(IH、暖房、ドライヤーとか一気に使うとブレーカー落ちますよね、この一気に利用できる許容範囲)が毎月かかるのですが、使用した分に応じて料金加算プランに変更するとこれがないんですよね。つまり、自分は20Aで十分ですが、30Aで利用してますので、何Aであっても構わないというのがこの意外なメリットだなって感じてます。

価格.com - 料金プランシミュレーション|電気料金比較
価格.com電気料金比較で、あなたに最適な料金プランをシミュレーションすることができます。電力自由化で続々出てくるガス・携帯電話・インターネットのセット割引にも対応しています。価格.com限定のキャンペーンも実施中。料金プランを見直して電気代を節約!

[nlink url=”https://try-try-fly.fun/frugal/”]

 

ほかにも意外と見落としがちなのが生命保険や傷害保険といったもの。当たり前ですが保険会社って儲かってるんですね、というのも保険というのは安全を割高で買っているからです。

『生命保険は「入るほど損?!」』という後田亨さんの本があるのですが、中に20~24歳のひとが一年で入院する確率が、3.5%という調査結果があります。

一泊2日以上で入院一時金10万円という保険に加入した場合、もらえる期待値は3500円(10万円×3.5%)、年間に支払う額は15000円程度。

つまり、3,500円受け取るために、15,000円支払っているようなものであることがわかります。

単純に考えて、保険というのは損するゲームなんです。悪く言えば、人生の運ゲーみたいなものです。20代でがんになる可能性はかなり低いです。しかし、なる人は少なからずいます。それが自分なのかどうかというところ。

治療にお金がかかるというイメージですが、日本には高額医療費制度というものがあって、そもそも30%の国民健康保険にさらに割り引いてくれるものがあります。月に100万円の医療費がかかったとしても保険で30万円。さらに高額医療費制度で9万円まで落ちます。(年齢によって違います)

これくらいなら自分で支払えなくとも、家族や友人、親戚に頼んでも可能なレベルです。ま、自分で払えるくらいの余裕はあってほしいですがね。

つまり、自分である程度資産を持っていれば生命保険(こちらは養う人がいれば必要でしょうが)も傷害保険も不要なものです。まして、個人年金なども無駄なものです。なら投資信託買ってください。

自分は、自分でカバー(支払い)できるものは保険の必要性はないと考えてますので、生命保険や傷害保険、がん保険が入っていません。しかし、自転車での事故では1億円の払いがあったりとするのでこちらは入ってます。(1億円ぽんっと払えるならこの保険も無駄です)

下記の『払ってはいけない』という本は、保険だけでなくお金の勉強になりますのでおすすめ。

例え1%の違いも敏感になろう!加熱する決済サービスやふるさと納税を活用せよ。

節約の方法として、ふるさと納税やPayPayやKyashなどの決済サービスを利用するというのも立派な節約術です。

ふるさと納税に関して言えば、豚小間肉であったり量の多い肉を注文することで節税効果と食費軽減につながります。自分はもう終了しましたが泉佐野市で豚切り落としを6kg注文して、焼き肉のたれを買いただ野菜を入れ炒めて夕飯や弁当に入れています。ちなみにお米もふるさと納税で1万円15kgのものを利用していますので、コスト0円です。(ただ6月から改正があったため、いまは量がここまで行きません。しかし、少なくともやればメリットがあるので楽天市場とかからやりましょう)

 

ほかにもPayPayやLINE Payを利用して数%の還元を受けたりして、それをまた利用するということで節約になっています。Kyashは特にVISAのカードなのでどの店舗でも使いやすいメリットがあります。

 

[nlink url=”https://try-try-fly.fun/kyash-merit/”]

また、Kyashの還元率はたかが2%ですがこの2%という数字をなめてはいけません。例え数%でも違えば将来が変わるといっても過言ではありませんよ。

貯めたお金を”運用する”これこそ資本主義における王道の正解です。

続いて、お金を働かせてお金を増やすというステップに行きましょう。これは貯蓄ができたらぜひとも試していってほしいものです。先ほども言ったとおり、例え1万円でもやっていったほうが自分はいいと思います。

ちなみに前提として投資する人としない人の経済格差があります。世界の企業で株主還元はここ10年で2倍になりました。あなたの給与は10年で何倍になりましたか?

[nlink url=”https://try-try-fly.fun/investor-notinvestor-difference/”]

自分がやっている投資は基本放置プレイです。変化は少ないですが、着実に利益がでます。

投資というのは、上述の通りお金に働いてもらいお金を得るものです。例えば株であれば、株の値段による利益や配当金による利益があります。配当金を目的にするならば、株を購入してしまえばあとは振り込まれるのを待つのみです。もちろん投資する会社が将来的に存続し、景気が悪化しても配当金を出してくれるものがいいでしょう。そうすれば放置でもいいと思います。

自分がやっている投資は、不動産投資やループイフダンというFXの自動売買であったり、外国株高配当株であったり、金利目的のスワップ投資をやっています。どれも基本放置できるというのがメリットです。特に米株は将来的にも自分は右肩上がりと思っていますので、投資に力を注いでいます。

[nlink url=”https://try-try-fly.fun/roopifdone-2017/”]

[nlink url=”https://try-try-fly.fun/pln-eur-swap/”]

これをすることで、自分の給与とは別にお金を運んできてくれます。つまり、収入が増えるということになりますね。時間がたつほど複利の効果が出てきて、より資産を増やしてくれるでしょう。これが金額が少なくてもやるべき理由になります。

ま、米株をやりたいとして個別の株をやるのはリスクが高いと思うのであれば、配当金利回りは少ないですが、VTIというアメリカ株式市場全体を網羅するETFを買うのも1つの選択です。しかも価格が1株2万円を切っており、SBI証券で自動購入できるので管理も楽です。自分もやっています。

自分の冒頭にあげた資産内訳を見てもらえばわかると思いますが、80%は投資で運用しています。残りの20%(200万円)は現金として緊急資産としておいてます。基準は200万円あればある程度対応できるから。本来なら50万円くらいでもいいんですけどね、給与を受けている人なら。

え?お金ない?でも、100円からできるし、ポイントでも投資できるいい世の中ですよ。

もし仮に投資をしたいというけど、資金がないというひともいると思います。そういう人はどうすればいいのでしょうか。

自分は投資は今の世の中誰でもできると思っています。それだけハードルが下がった状態ということです。例えば楽天証券で投資信託という株を複数まとめて買うものがあります。それがいくらになるかというと100円から購入できます。たった100円ですよ!これで投資ができないというのなら何なのかってくらいです。

しかも、楽天証券なら楽天ポイントで投資信託を買うことができるのでもはや現金である必要性すらありません。

また、SBI証券とTポイントのCCCという会社が設立したSBIネオモバイル証券は、月216円の料金はかかりますが200円分の株を購入できるので実質16円で株が購入できます。通常株は100株単位で取引しますが、この証券は1株単位で取引ができますので、1株500円以下で買うことができます。

こちらもTポイントでも支払うことができるので、こちらも現金要らずです。自分も毎月こつこつやっていこうかなと始めました。



あなたが受けたポイント還元は、企業が支払ってくれているのでなかったことにしましょう。企業が払ったのだからリスクなし。

先ほどの例はあくまで入り口にすぎません。確かにやらないよりはやったほうがいいんですけど、月に100円だと全然増えていかないです。まぁ、100円なので大きな変動があってもそんなに損をしないという点で、投資の勉強としてはいいかもしれません。なので、慣れたらもっと運用額を大きくしましょう。しかし、急に貯蓄も増えるものではないので、自分なりの方法を公開しますね。

それは、ポイント投資を発展していきましょう。ということ。

 

例えば、買い物してポイントを使って得した!ってことありませんか?確かにトクはしているでしょう。でも、それはあくまで企業のサービスの一部なんですよね、ポイントって。

それをなかったことにして、その分は投資資金として反映させましょう。

例えば1000円のものをポイントの還元をして、支払いが0円になったとします。そうしたら、1000円支払ったとして証券口座に移すのです。これもある意味ポイント投資みたいなもんです。

自分はスマホにポイントを利用するたびに記載しています。で、給与日にまとめて送金をしています。管理はmemonotというアプリを利用しています。(通知のところに常時いるので管理が楽でお気に入りです)自分はアンドロイドなので、iPhoneの方は各自探してください。

 

ロック画面で通知メモ - Memonot sync Google Drive

ロック画面で通知メモ – Memonot sync Google Drive

 

そうすることで、投資資金が着実に増えて投資が加速します。そしたら、株とかも手を出してみるといいでしょう。自分は日々の節約に加算して米株を購入しています。

資産を増やすには、別に特別な技術はいりません。

これが自分が1000万円貯めた方法になります。まとめると、節約して→そのお金で投資して→さらに資産を増やす→それをさらに投資する→エンドレス・・・。これがいかにシンプルかつ合理的な答えか。資本主義で生きている人に対する答えです。

この流れを作ってしまえば、最初はきついですが途中から月に5万円の投資利益が出るようになり、投資がさらに加速し、のちに月10万円となればかなり生活に余裕が出てくるでしょう。

こうなってくると、今の会社に疑問を持てるかもしれません。かく言う自分がそうです。この仕事は確かに楽で稼げるけど、この環境では自分は一切成長しない。もっと世の中の人を幸せにできる仕事をしたい!とか、やってみたかったけど諦めたものに挑戦しよう!ということも浮かぶかもしれません。

別に収入があるということは、選択肢を広げてくれます。会社にいつクビを言い渡されるか考えたり、社内政治に関与せず自由気ままに働くことができます。なぜなら辞めたいときに辞めればいいから。強気になれるということです。ま、そもそも会社という組織と社員が対等でないとおかしいんですけどね。また、余裕があれば独立も可能です。別に収入があるからこそできる行動だと思います。

また、今の会社がいい!そう思えたらなそれも幸せです。そういって継続してやるのであれば、別に収入があるというのは解雇されても困らないので、チャレンジングになれます。より一層世の中が良くなるようにしてみるのもいいですね。

 

先日年金が2000万円足りないなんていう金融庁の報告がありました。でも、ここまで読んでくれた方ならわかると思いますが、要は投資して資産を増やせということなんです。そうすればこんな2000万円なんてたかが知れている金額に感じるでしょう。若いうちから着実に上述の節約し、運用していけば間違いありません。その際はiDeCoやNISAを活用するといいと思います。

35年間月2万円運用すれば、2000万円に到達は可能です。

[nlink url=”https://try-try-fly.fun/how-to-make-20mil/”]

お金の勉強になりますので、ぜひ読んでほしいまんが。

漫画って面白いですよね。文章読むのが苦手でも、簡単に進みます。そこでおすすめがお金のことや投資のことに関して書かれた、ドラゴン桜の著者でもある三田則房さんの書くインベスターZです。

日常的なお金の話や株・FX・不動産・金のような投資話までいろいろ網羅しています。まず、読んでみて世の中のお金の仕組みというものを知ってほしいですね。

 

 

ほかにも自分のブログでは、ポイントをかき集めて投資資金にしたり、米株の個別銘柄を買ったり、不動産投資したり、いろいろなことに挑戦しています。読者の皆さんにもできる!そう思えるものばかりですので、是非とも資産を増やすため、人生の選択肢を広げるために挑戦してみてください。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました