現地滞在時間36時間?! オーストラリア旅行記 後編

現地滞在時間36時間?! オーストラリア旅行記 後編

オーストラリアSFC修行後編だよ。

前回の続きです。

[nlink url=”https://try-try-fly.fun/australia-sfc-a/”]

普段なら、自力で観光スポットを回るのですが、
滞在時間が少なく、ジェノランケーブという鍾乳洞に行くには、公共の交通機関がないことが理由で今回はツアーに参加しました。(155ドル)

世界遺産ブルーマウンテン&ジェノランケーブ鍾乳洞日本語ツアーに参加した。

このツアーは、ジャックさんという外国の方が、日本語でガイドしてくれるツアーとなります。
(ジャックさんのみでなくほかのガイドもいます。自分はクリスでした。)

確かに海外のツアーに参加しても、歴史等々全然聞き取れず、絶景をただ見るというだけになりがちです。言葉が通じないと、不安になる方もいると思うので、日本語なら安心ですね。ちなみに、今回のガイドのクリスは、高校時代日本での滞在経験があり、日本語ぺらぺらです。その時のジャージを着ています。

参加した結果、私は日本語のツアーは苦手でした。日本語だと聞きなれている分、真剣に話を聞かなくなってしまうからです。。。

 

午前6:30 指定ホテルにてピックアップ。

キングステーブルに到着するも、強風で先端まで行けず。

P6150077

クリスも経験したことないような、突風。前に進むのもきつく、本来なら崖で写真撮るのですがそれができず。。。私も、これ以上は危険と判断し進めませんでした。

世界遺産ブルーマウンテンにあるスリーシスターズ

P6150078

 

この岩には何個か物語があります。美女の3姉妹と父親がいて、魔物に襲われた際3姉妹を岩に変えて守ろうとしたというものや、種族の掟を守らず種族の違う人に恋をしたが故、長老に岩にされた等。

所説あるので、何とも言えませんが、

私としては、周囲に広がる森。これに圧巻でした。なんて、地球は広いんだと。

P6150083

 

野生のカンガルーと対面

P6150085

オーストラリアには野生のカンガルーが生息しています。
移動中も、何回か見ましたが、野生なので近寄ると逃げていきます。動物園とは違う対応されてしまいます。また、辺り一面地面がカンガルーの糞で埋め尽くされています。あきらめましょう。

 

念願のジェノランケーブ鍾乳洞に!


ツアーに参加した理由は、このジェノランケーブ鍾乳洞に参加すること!


まず、鍾乳洞のある町に到着。
P6150089
オリエントケーブという鍾乳洞の洞窟に進入します!

 

鍾乳石は石灰水が流れて、その水の中に石灰という物質が微量入っています。
それが塵積り下に向けて伸びるようになっていく、また、下からも伸びていく。
最終的に、一本の柱になるということです。

P6150114

純粋であれば、クリスタルとなるわけですが、たまに折れているクリスタルもあります。
これは、人間が折って盗んだようで、裁判で5000万円程度の罰金となるみたいですよ。

あと、鍾乳石を触りたい気持ちはわかりますが、人間が触ると鍾乳石に手の油が付き
もうその鍾乳石は成長しなくなるので、触らないで上げてください。

このあと、シーニックワールドというスリーシスターズでみた森に入るものなのですが、途中から雨が降り始め、テンションダダ下がりしました。なので、こちらでは売店で買い物していました。これ以上情報有りません。(これに参加したくない場合はどのロープウェイにも乗ってはいけません。乗ると39ドルは最低かかります。

午後7:00 ホテル送迎
お土産を買いに、スーパーへ。

午後7:40 空港到着。(市内から空港までは15分程度で着きます)
チェックインカウンターにてチェックイン後、出国審査へ。
もちろん、スタンプが欲しいので対面のほうへ。

審査官に「スタンプは?」と聞くと、「あぁ、スタンプね!あっちよ」と笑顔で回答。
もうスタンプというのは、不要なものだという風潮なのかな。出入国管理なんて電子化されているよな。(香港ともそうだし)

ちょっと悲しい気もしましたが、後ろのブースへ。

普通に押してくれました。そして、私は入国のスタンプをもらえてなかっとことを思い出し、
「この日シドニー来たんだけど、その時のスタンプも欲しい!」と伝えたら
「そのチケット見せてくれたらいいよ」と快く、押してもらうことができました。

スタンプコレクターとしては、うれしかったです。

そんなわけで、シドニーとおさらば。
今回ANAの便を利用したのですが、日本語でアナウンスしてくれるようです。安心ですね。

周りに配るのにいい!お土産情報。

TimTamのチョコレート

これをお土産に買っていきました。これがめちゃめちゃおいしい。
さくっとしたビスケットにチョコでコーティングというイメージ。

いろいろな種類の味もあるので、それも楽しめます。
空港とかで買うと、2つで10ドル!とかの価格ですが、
スーパーに行けば、1つ2ドル!!!!!で買えます!

 

まだこれで旅は終わりません、いざ北海道へ!「羽田ー札幌」

P6160122

羽田を経由して新千歳空港へ。

札幌駅で、『えきチャリ』を利用。なんと、一日500円で自転車が乗れます。

天気も良かったので、クラーク博士の銅像がある羊ヶ丘展望台へ。
意外と坂道が多く、トータル10キロと辛かったです。

 

P6160123

 

その後、場外市場で海鮮丼を食べたりし、早めに空港に戻りました。

P6160135

 

その理由は、新千歳空港になんと温泉があるからです。
空港に温泉があるなんて思いもよりませんでした。ゆっくりつかりリフレッシュ。

今回の旅は終わりを告げました。