【米株投資】ベライゾン・コミュニケーションズを10万円分購入しました。

スポンサーリンク

ベライゾン・コミュニケーションズ株を10万円分購入しました。

10万円貯まったので、分散という意味での新しい銘柄が欲しくなりベライゾン・コミュニケーションズ【VZ】の株を購入しました。

ベライゾンという会社は何をしているかというとWikipediaによれば

 

ダウ30銘柄の1社であるベライゾン・コミュニケーションズは、世界最大級のグローバルネットワーク・セキュリティ・クラウドプロバイダー。

ベライゾンは、米国1億1千万人以上の加入者を持つ米最大の携帯事業者であるベライゾン・ワイヤレスを傘下に擁し、固定通信事業では、米国内消費者向けにFiOSを含むインターネット音声データ通信と、また世界150ヶ国においてフォーチュン1000社の99%を占める企業顧客と政府機関向けにグローバルネットワーク・セキュリティ・クラウドサービスを提供している。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/ベライゾン・コミュニケーションズ

 

要はアメリカの通信会社(日本でいうドコモとかauとかの大手企業)で、事業としては固定電話・携帯電話・インターネットなどの通信サービスをメインに事業をする会社ということです。

以前10万円分購入したAT&Tという会社も同じ通信会社ですが、こちらは通信事業に加えてエンタメ系のサービスに力を注いでいるのに対し、本業の通信サービスに力を集中させていることが違いになります。

5Gについては、韓国が世界初のサービスを開始しましたが、ベライゾンも4/11に開始ということで負けていません。この5Gがどんな風な世の中を作るのか見ものですし、すべての機器が通信監理されれば、ベライゾンの売り上げもアップしそうで楽しみですね。

ちなみにこんな5Gを体感できるサイトを見つけました。うーん早い!けど、自分は別に速さを求めているのではなくて、どう生かすかという点に注目したいんだけどねー。
https://www.wsj.com/graphics/how-fast-5g-mobile-internet-feels-jp/?fbclid=IwAR2WcuT69aBWVLtuFTjCbNPiwIPV14vtNAvT0Muu25hOUS5Ef5DYbX33Dhc

フォーブスの総合ランキングでは1位はアメリカのAT&Tで、2位は同じくアメリカのベライゾン、日本のソフトバンクは4位、ドコモは5位、中国のチャイナモバイルは3位ということらしいです。引用 https://forbesjapan.com/articles/detail/21501

 

現状の株価と配当金、利回り、PER

スクリーンショット (635)

 

5月10日の終値で56.91ドルで、配当金は年間2.4ドルですので、利回りは4.23%とそれなりに高いです。

また現状では、PER11.24と平均よりは少し低いという感じでしょうか。

成熟産業なので今後として大きく成長するとは思いませんが、安定的に配当金を輩出してくれたらともい購入しました。チャートを見てもトランプ大統領の中国への追加関税の発言から若干下落したので、いいタイミングかなと思ってます。

では、過去の業績を見ていきます。

データソースはMORNINGSTARです。

業績

スクリーンショット (631)

 

売上は安定して右肩上がりです。しかし、成熟企業なので大きく伸びることはないでしょう。

 

スクリーンショット (632)

 

キャッシュフロー

スクリーンショット (633)

 

安定してフリーキャッシュフローを生み出しています。投資CFが多いのは、通信企業として設備投資をしなければならないということによります。それでもしっかりプラスにしており、配当の源泉にしているので、これなら安定していると考えます。

配当金推移

スクリーンショット (634)

 

左側が配当金の推移ですが、これもしっかり右肩上がりというのが見てわかります。どれだけ利益を配当金に回したかを示す配当性向も2012年は600%と高いですが、そこから100%を切る程度ですので、まだ余裕があります

右側がどれくらい増配しているかを示していますが、2%くらいの成長ということになります。

同じ月にAT&Tの株も購入しています。そのときのブログはこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました