手取り15万円では生活できないのか?

自己責任論撲滅@ブログ「過労伝説」運営中@u2qKSkUcSIeBuid
大人になってわかったこと

・大人買いができる大人はごく一部です
・上司は小学50年生です
・収入の大半は車の維持費と税金で吹っ飛びます
・月に1万貯金出来るだけでも立派なもんです
手取り15万という死なないギリギリのラインの雇用がこんなに蔓延してるとは思わなかった、しかも日本中に。

404 NOT FOUND | ネットニュース

”#手取り15万円”というワードが話題に。

 

最近ツイッターで”手取り15万円”というのが話題になっていました。今回はそのことについて自分なりの意見を書きたいと思うのですが、皆さんはどう思いますか?

そもそも、自分の手取りがそれ以上なのか、それ以下なのか。それに対して、どう思うのかというところですね。

スポンサーリンク

手取り15万円は低いのか。。。

 

手取り15万円というのは低いのかということに関して考えます。ま、低いでしょう。年収で考えると、多分ボーナスの見込みも薄そうな感じでしょうし、単純に12掛けしたら手取り年収が180万円。ちょいとボーナスつけてみて、200万円とでもしましょうか。なんで、税引き前の年収はざっくり250万円もいかないくらいなんじゃないでしょうか。

もし普通に働いたとすれば、時給は1300円くらいになります。ただ、こういって給与の低い会社は特に残業が多そうなイメージですが。。。なんで、もっと低くなりそうです。

つまり、正社員でありながらバイトと同じ時給で働いていると同じですね。自分も大学生の時どれくらい月に稼げるのか!なんてチャレンジしてみましたが、ほぼ毎日働く形で12万円くらいでしたね。

日本の平均年収が400万円くらいなので、かなり低い印象となります。

手取り15万円は低いけど、それなりに生活は可能です。

確かに手取り15万円は低いのは事実です。公務員で大卒ある自分の手取りを残業代なし、手当なしと考えると21万円くらいになります。高卒だともっと低いので、18とか19になると思います。なんで、こういっちゃ悪いですが、かなーり差があるんだってことはないんですね。ま、ボーナスはしっかり出ますけど。

 

でも、自分は月の支出が10万円くらいでしっかり生活できていますよ。で、残りは投資してます。

例えば、ある月の支出は(というか予算があるので大体こんな感じです)

食費1万円、ジム・旅行代3万円、自己投資(本含む)1.5万円、交通費0円、通信費3000円、光熱費3500円、賃料32000円、日用品代1000円、ふるさと納税代5000円(ほかの月と分割払)。

なんで合計すれば10万円くらいで生活しています。このうちしっかり趣味であるジムや旅行、本というのにお金を割けられているのが自分として良いって感じる点です。本も読んだらフリマアプリで売るのでその分収入になり、実質9万円くらいの支出になります。

月10万円で生活が余裕でできているので、仮に自分の手取りが15万円でもなんら問題なく(もちろん今の収入のほうがいいのは事実ですが)生活できることになります。

 

自分の支出を鑑みれば、手取り15万円で生活できない!!貯金できない!!なんていうのは、なんとも違うという風に感じます。

あなたはコンビニに通ってませんか?無駄な継続課金サービスに加入してませんか?携帯プランは格安SIMですか?無駄に最新機種やiPhoneじゃないですか?通勤電車の中スマホゲームしてないですか?酒、たばこ、ギャンブルをしてないですか?・・・など見直せる個所は多々あるはずです。こういったことを小さくとも変えていくことは重要ですよ。

冒頭の記事の車なんて金食い虫でしかないですからね。さっさと売りましょう。

 

こういった小さな積み重ねから自分は、社会人になって5年で資産1000万円突破することができました。いまはさらに1100万円まで数か月で溜まっています。

 

自分じゃなくて、お金にも働いてもらってますか?

働くということを考えると、どうしても自分が働くということを考えます。あなたもそうでしょう。お金を稼ぐ!ってなったら、バイトをするということが浮かんだはずです。

しかし、労働の所得というのは結局は自分を犠牲にしています。自分の時間を使って、お金を稼いでいるのです。

 

そもそもなぜ会社は人を雇うのでしょうか。会社が人を雇うのは、人を雇ったほうが安い経費となり、人件費以上に売り上げがでるからです。なので、売り上げが全く立たないのに人を雇うなんて言うバカげたことはしないのです。

ここで、経営者(株主)と労働者にわかれます。人件費を払うのが経営者、受け取るのが労働者なわけです。最終的により利益が出るのは人件費を払う経営者なんですね。労働者は安い人件費で酷使されているのがわかります。

また、トマ・ピケティさんの「21世紀の資本」という本でr>gというのがあります。これはrが投資、gが給与を示します。経済成長の中、rである経営者や投資家がぐいぐい伸びていくのに対し、gである労働者はほとんど成長していかないのです

結論から言えば、いつまでも労働者にあらず、投資家になれということ。投資をしないで労働者であり続ければ、一生負け組になります。逆に、投資をすればお金がお金を運んできてくれることになり、経済成長の利益をしっかり受け取ることが可能になるのです。

最初は微々たるものですが、こういった積み重ねが大切です。

例えば、月1万円投資信託を購入します。それを40年続けると480万円貯まります。それを4%で運用したとすれば、最終的にはいくらになるでしょうか。

答えは1200万円です。お金がお金を700万円以上も連れてきてくれたことになります。これってすごいことじゃないですか?自分が積み立てたものでいつの間にか700万円もの大金を連れてきてくれるなんて。

別にほかにも収入になるならいいと思います。ブログ、ユーチューブ、転売など自分に合うものをやってみましょう。こういうののなかにはストック型のビジネスもあり、いったん作ってしまえばあとはその製品が勝手に働いてお金を稼いでくれるわけです。

 

自分が言ったことは事実可能ですが、地獄行くも、天国いくも結局は自分次第なのです。

これまで手取り15万円はきついのかという点に関して話しました。

自分の結論から言えば、10万円の生活費で済むようにしてみろ!でしょうか。

それから余ったお金で投資をして、他からの収入を得られれば徐々に15.1万円、、、15.3万円、、、17万円。。。のように上がっていきます。投資というのは雪だるま式なので、最初がきついですが後半は楽なんです。簡単に言えば生活費を投資の収入で賄えれば、労働所得はすべて投資資金に充てられるのです。

 

ですが、こういった話をしても読んだときはいいなーと思う人は多いんです。しかし、明日になれば仕事に追われ、こんな話はなかったことになり、いつもの生活に元通り。結局行動もせず、手取り15万円か。。。なんていう人生になってしまうのです。

これではもったいなくないですか?そう思うのであれば、なにか1つでも実践してみましょう。例えばこのブログのお金についての記事を読むとかでも。これは自分から強制して行動させることはできません。

最終的には自分なんです。もし、バイアスが働いて元の状態に戻るのであればそれでもかまいません。しかし、世の中や周りの人に文句を言うのだけはやめてください。

だって、あなたが行動しなかったのはそのほうがいいと思ったんでしょ?ならあなたが選んだのだから責任を持ちましょうよ。

 

ただ、自殺する人の考え方・心理状態が書いてある本を読んだとき、そういうひとはもう選択しがない!という状況までに追い込まれているのだそう。でも、この記事を読んで希望という名の選択肢となったら幸いです。

 

お金についてまず学ぶにはこういったセミナーに参加してみるというのもいいです。自分も参加しましたが結構よかったですよ。しかも無料で。

 

2~3万円くらいあれば海外旅行だってできなくありません。先日セブ島の飛行機を2万円で手配しました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました