セブシティから2時間!セブサファリに行ってきた。

セブにも動物園はあります。それが『セブサファリアンドアドベンチャーパーク(Cebu Safari and Adventure Park)』です。

この施設は2年前くらいに開園し、まだ増設中ですアドベンチャーパークなんて言うからあるのかなーと思いますが、こちらも建設中です。予定ではジップラインとかを作るみたいですね。

最初に結論を言っておくと、日本の動物園のほうがいい気がします。上野動物園とかいっぱい種類いるし、近くで見れますよね、セブサファリは動物のことを考えてか結構広々としたケージに入っているのでタイミングによっては見られないってことがあります。ですが、車に乗りアフリカのサバンナを模したところに行くのもあるので、それなりに楽しめます。

Home - Cebu Safari and Adventure Park
スポンサーリンク

セブサファリアンドアドベンチャーパークへの行き方


セブサファリはカルメンという町にあります。ただ、カルメンの町にあるといってもサファリ自体は山の中にあります。

高所に行くとセブの人たちは避暑地として涼しいんだなんて話しますが、個人的にはそうは感じませんでした。ただ、高所であるので上からの景色は良かったですね。まるで、ジャングルの中って感じでした。

セブサファリの行き方。交通費はざっくり往復500ペソ!

セブサファリへの行き方を解説していきましょう。自分のように車を持たず、公共交通機関で移動するひとにとって参考になると思います。

仮に複数人で行くのならGrabで片道1000ペソなのでそっちを利用したほうがお得なこともあります。

まずは、セブノースバスターミナルに行きましょう。そちらからカルメンという町を通過するバスに乗ります。ジプニーを利用すれば8ペソで行けます。

 

セブノースバスターミナルへの行く方法の調べ方は、下記のリンクから見てください。

バスターミナルに着いたら、行き先が書かれた看板の下にバスがありますので、そこの人に話しかけましょう。カルメンは北の方向にあります。エアコン有・無があるのですが、ぶっちゃけエアコンなくとも風があるので必要ないと思います。

バスの乗り方としては、バスに乗り出発してから切符を販売しますので、出発を待てばいいです。そして、行き先と人数をいいましょう。このときにセブサファリに行きたいんだ!って言っておけば、降りる場所を教えてくれますよ。とはいっても、セブの人たちは気さくに話しかけるので、どこにおりたい?って聞いてくるんですよね。ちなみにエアコンなしで66ペソでした。

降りる場所はカルメンタウンプラザ、カルメンナショナルハイスクールになります。バスターミナルから1~2時間で着きます。

 

降りたら、近くにいるバイクタクシーに乗りましょう。1人で乗ると200ペソって言われますが渋って150っていえばいいよって言ってくれます。乗る前に100ペソって言ったのに降りたら1人100ペソだ!1人で乗ったんだから200ペソだってなるので、気を付けましょう。こういっただますスタンスは嫌いですね。というか、バスが66ペソなのに15分くらいで200なんてぼったくりも甚だしい気がするのは気のせいですか。

多分サファリ自体でバスとか出してそうなんですけど、見当たりませんでした。

そんなこんなで入場ゲートに降ろされます。ここからはサファリの車に乗り、チケットを購入する場所へと移動することになります。

 

トータル的には朝6時にセブシティの学校を出て、ターミナルに6:30着、6:45にカルメンに向け出発、8:30にはゲートに到着って感じだったと思います。

 

帰りは近くの警備員とかに話しかけると、ゲートまでとかバイクタクシーの待つところへ連れて行ってくれます。悔しいですが、また150ペソ払うことになりますが。。。警備員と話しててバンとバイクどっちがいい?どっちが安いん?って話したらバンは100ペソだなって言ってたんで、バイク乗るよりは安いかもしれませんね。というか警備員がバイクは50ペソだからって言ってたんで、地元民は50ペソで行けるんでしょうね。悔しい。

セブシティへの戻り方は、先ほどのカルメンプラザへんの通りで、バスが通るので人差し指を挙げれば止まってくれます。行き先を確認して、乗りましょう。もしくは、10分くらい南に歩いたところにバスターミナル(ターミナルって感じじゃないけど)あるので、そこで話を聞くといいかもしれません。自分は長距離ジプニー(29)に乗りました。

セブサファリに入ってみる。

セブサファリの入場料は大人800ペソ、月・火曜日は休みで、8~17時開演

セブサファリの入場料は大人で800ペソになります。子供は半額だったかな。で、ホワイトライオンというのが別途費用が掛かる形になります。(100ペソ)後ほどホワイトライオンの画像を載せますが、行くかは個人の判断に任せます。

イベントがちらほらあります。

イベントがちらほらあります。バードショーやトラのエサやりなどなど下記の画像を参考にしてみてください。自分はトラのエサやり(10:30)からバードショー(10:45)に移行しました。時間的に効率的です。また、バードショー終わってすぐ食事に移行すると混むのを避けることができます。

みよ、このセブサファリを。。。

セブサファリは広いです。なんで、長距離移動する場合はバスに乗ってしまいましょう。奥に行くにつれ山を登る形になります。上にあるサファリ内のマップに’’T’’とあるのですが、それが乗る場所になります。わからなければスタッフに聞けば優しく答えてくれますよ。

冒頭にも話した通り、このサファリは日本でも見れるんじゃないかって思えるものです。ま、サバンナゾーンは新しみがあるとは思いますが、ほかは日本の動物園のほうがいい気がしますね。一応写真を挙げていきますね。

あら、きりんさん、あなたお邪魔よ。というか、この運転手が迂回する気がない理由がわからない。きりんが動くからリスクなのかな。

 

カピバラさん、あなた、鼻にうんち詰まってますよ。

また、サファリにはフィリピン人が好きなセルフィ映えするフラワーガーデンもあります。どうやら花が好きというよりも、自分を映すために花があるという感じでしょうか。というか、なぜあんなにもフィリピン人は自分の写真を撮るのが好きなのでしょうか、疑問でしかありません。

個人的には落ち着いたサボテンとかがよかったですね。

 

まだまだ、開発中のセブサファリなので、今後の展開に期待ですね。でも、上述の通り過度な期待はしないほうがいいと思います。

 

どうでもいい個人的な話で、この写真GooglePixel3で撮ってるのですが、めっちゃきれいじゃん。と感じました。ズームすると弱いけど。。。買ってよかったわ。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました