QRコード支払いが乱立するなか、どれがベストな支払い方法なのかまとめてみる。

QRコード支払いが乱立するなか、どれがベストな支払い方法なのかまとめてみる。

支払方法が乱立している中、どれがベストな選択かわかりにくいのでまとめてみます。

7452dac60388085f754bae118ad070e9_s

5月の13日にPayPayの最大20%還元キャンペーンは終了しました。で、6月からはドラッグストアでまた20%還元をするとのことですが、現在はどの店舗を利用しても3%という還元率になります。

こう見ると、QRコード決済がなかった数年前はクレジットカードの1%とかを気にしていたのに、強烈な還元率があったため3%?少ない!なんていう状態に陥っています。慣れっておそろしい。

そんな今の時期に自分はどういう決済方法を利用していくのかということをパターン化しています。そうすれば、一番いい還元率を常にゲットできるし、いちいち考える必要がありません。

特に、いまいろいろな支払い方法がキャッシュレスの推進に伴い乱立していて、どれがベストなのか把握するのは難しい状況です。

なので、今回は自分の頭を整理するのと並行して、自分なりのパターン分けを公開します。

まずはお得な支払い方法をまとめてみます。


〇クレジットカード+Kyash【還元率3%】

今回比較しやすいようにクレジットカードは、楽天カードとします。こちらは1%の還元率になります。

スクリーンショット (364)

これをKyashというプリペイドカードにリンクしています。Kyashはそれで支払うごとに2%の還元が受けられます。通常のクレジットカードだけだとそのクレジットカードの『還元率のみ』ですが、Kyashを経由することで『2%+クレジットカードの還元率』になりますので、だいぶお得です。

なので、今回Kyashを利用すると記載があったら、『1%+2%=3%』の還元率ということになります。

下記にKyashの詳細をまとめています。

〇PayPay【還元率4%】

スクリーンショット (482)

これは冒頭にお話しした20%還元が受けられるQRコード決済です。現在は3%の還元率になります。PayPayの3%を受けるには、PayPay残高という銀行口座から入金したものか、Yahoo!Japanカードでチャージした場合に限ります。

ほかのクレジットカードとかを利用することはできますが、その場合は0.5%の還元率になります。なので、Kyashとリンクさせることで還元率が3.5%となりますが、Yahoo!Japanカードでチャージし(1%還元)+PayPay残高支払いで還元率が4%になりますので、こちらのほうがよりお得であります。

利用できるお店はリンクのとおりです。https://paypay.ne.jp/shop/

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay Corporation無料posted withアプリーチ

〇LINE Pay【還元率3.5~5.5%】

Photo editing_Cloud20190417

マイカラーという制度があり、これは前月に支払った金額に応じて還元率が0.5~2%と異なります。さらにコード支払いをすると3%付与されますので、大体3.5~5%の還元になります。

ただ、マイカラー制度はなかなか条件が厳しいのであまりそこに還元率を求めないほうがいいでしょう。また、LINE Payはクレジットカードの利用ができません。

利用できるお店は下記のとおりです。https://paypay.ne.jp/shop/

Screenshot_20190417-140324
Screenshot_20190417-140332

 

LINE Pay - 割引クーポンがお得なスマホ決済アプリ

LINE Pay – 割引クーポンがお得なスマホ決済アプリ

LINE Pay Corporation無料posted withアプリーチ

〇Origami Pay【還元率5%】

スクリーンショット (636)

この支払方法は、クレジットカードを登録することができます。なので、Origami Payで支払う(2%還元)+Kyash(3%還元)=5%還元を受けることができます。

利用できるお店は下記のとおりです。

 

スクリーンショット (637)

 

Origami スマホ決済アプリ

Origami スマホ決済アプリ

Origami Inc.無料posted withアプリーチ


〇楽天Pay【還元率5%】

スクリーンショット (640)

現在キャンペーンをやっており、楽天カードをリンクさせて楽天ペイで支払うことで5%の還元を受けることができます。ま、ただ受け取れるのが期間限定ポイントということで使いづらいという点は否めませんが。

このキャンペーンはエントリーが必要となりますので、忘れずに登録ください。
https://pay.rakuten.co.jp/campaign/2019/0515_card/?scid=wi_rpay_154_shop

利用できるお店は下記のとおりです。https://pay.rakuten.co.jp/shop/?scid=wi_pay_checkout_header_nav

スクリーンショット (639)

 

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える

Rakuten, Inc.無料posted withアプリーチ

このように比較すると、Origami Pay(5%)、楽天Pay(5%)、PayPay(4 %)の順にマイカラーによってLINE Pay(3.5~5.5%)が入るような順番になります。

今回はLINE Payが人によって異なるので、比較からは除きます。

では、なにに利用するかまとめてどれがベストか検討していこう!

では、支払い方法をまとめたので自分がどんなものに支払っているか考えます。

〇 食費・日用品

〇 固定費(光熱費・ジム・通信費・新聞代)

〇 書籍代

ざっくり、こんなもんです。まー少ないですね。

固定費に関してはKyashは継続的に支払うものに対しては利用できませんので、自動的にクレジットカードがベストな選択肢になります。(光熱費などは場合によっては口座振替がベストな場合もあるので各自調べてください)

現金しか取り扱ってない店舗の場合のベスト!

現金しか取り扱っていない店舗の場合のベストは、現金です。。。

これしか答えがありません。はぁ、早く現金以外も利用できるようになることを祈るのみです。

クレジットカードの対応あり、QRは対応していない場合のベスト!

こちらも当然ですが、Kyashを利用しましょう。もしリアルカードがなければ、クレジットカードがベストな選択肢になります。現金を使うことは還元率の観点からすると避けたいものです。

インターネットで購入する場合のベスト!

cb34a8c03ad95c1316fd3db0b9899f44_s

インターネットでの買い物に関しては、QRコード決済はできませんのでKyashで支払うのみとなります。楽天Payは現在ラクマとかをネット支払い可能なので、そっちのほうがお得です。 楽天ペイが使えるサイト一覧

書籍を購入する場合のベスト!!

書籍代は、自分はヤフーショッピングを利用しています。なぜかというとやはりポイント還元率が高いことや自宅まで配送してくれるから。

自分はソフトバンクユーザーなので高いということもありますが、ソフトバンクユーザーでなくとも5のつく日(5,15,25日)であれば大体10%のポイントが付きます。(自分は20%近くになります)

ファクトフルネスという1944円の本ですが、5のつく日で361ポイントもつきます。

スクリーンショット (638)

Screenshot_20190515-185817

また、本でなくとも漫画、雑誌もありますし、予約も可能です。

なので、書籍を購入する場合はヤフーショッピングでKyash決済がベストな選択肢になります。

ちなみにヤフーショッピングでの買い物をするときに、Yahoo!Japanカードを利用するとポイントが貯まりますがこれはカード利用とキャンペーン合わせて2%分なので、還元率の観点からするとKyashになります。

スーパーで購入する場合のベスト!

4930cfca491435267b5912bb0cf93b24_s

PayPayが利用できる店舗ならそっちがお得でしょう。なので、還元率が4%になります。PayPayが使えるスーパーだとOKストアとかイオンとかですかね。もし利用できなければ、Kyashが次点です。

コンビニ・家電量販店・ドラッグストアで購入する場合のベスト!

1fb736ab52d5e8b2d1e5d8d296ed858b_s

この3つにまとめてしまいました。というのは各種QRコード支払いに対応しているためです。

であれば、5%の還元率のOrigami Payか楽天Payになります。

スクリーンショット (641)

ただし、5月いっぱいまででケーズデンキ・ウエルシア・ハックドラック・ハッピードラッグなどを利用する場合は楽天Payがベストになります。
というのは「今月のピックアップキャンペーン」というのがあり該当店舗は10%のポイント還元になるからです。こちらもエントリー必須です。

https://pay.rakuten.co.jp/campaign/2019/0507_point10/?scid=pe_msf_152a

【参考】自分の買い物する範囲でのまとめ。

いろいろまとめてみましたが、自分の買い物する範囲でまとめると

〇現金のみ店舗 → 現金

〇QRなし、クレジット対応・ネットショッピング → Kyash

〇書籍 → ヤフーショッピング+Kyash

〇ドラッグストア → 楽天Pay

ということになります。参考にしてみてください。

ドラッグストアのウエルシアとかは店舗で薬だけでなく食料品も取り扱っていおり、かつ近くのスーパーよりも安いので、個人的にかなり重宝します。