【売れない!】暗号資産の取引エラーに対する2つの対処方法。

はい、ほしけんです。

 

暗号資産の取引をしている時に自分の身に起こったのが、取引エラー。

何回取引をしようとも、エラー、エラー、エラー、、、、(エラー祭りの画像は後で見せます。)

 

これでは、運用しているお金を引き出したいのに引き出せないし、売りたいのに売れないわけです。

いろいろ試してみたところ、お金の引き出しに成功。そして、売却に成功しました。

 

もし、同じような状況で苦しんでいるかたがいたら、助けになれば幸いです。

(正しい方法かどうかはわかりません。)

 

先にエラー対策方法としてあげるのは

1、スリップページを変える。

2、全額取引ではなく、一部取引にする。

では、解説行きましょう。
スポンサーリンク

エラーで取引できない時の2つの対処方法

1、スリップページを変えてみる。

まず1つ目に、取引エラーでどうしようもない場合の解決方法として『スリップページを変える』というのがあります。

実際のエラー画面が、上のものになります。

エラー内容として、あなたの取引しようとしている通貨が原因じゃないかな。だから、エラーなんだよ。スリップページ増やしてみて。のように書いてあります。

なんで、スリップページを変えてみましょう。

取引画面にある、歯車などの設定マークをクリックします。

このように、slipppageの数値を変更していきます。

あとは、いつも通りに取引をしてみると、多分スワップできるはずです。自分は上のようにスリップページを変えたら、いつもエラーで取引できなかったものが取引できるようになりました。

スリップページの変更による注意点

スリップページを変更することで、取引ができればありがたい限りですよね。

しかし、スリップページの数値を大きくするというのは、ある意味問題にもなります。

 

スリップページを大きくすると、このように表記が出ます、”Your transaction may be frontrun”

これはどういうことかというと、フロントランになるかもしれないよということを忠告してくれているわけです。

 

これは以前スリップページの設定に注意しよう!ということであげた、サンドイッチ攻撃がこのフロントランに当たります。

詳しくは記事を見てほしいのですが、悪意のある人がこの高く設定したスリップページを知り、その注文の前に取引を行います。つまり、悪意のある人が取引に割り込み、我々は割高なレートで取引を行うという被害を受けるのです。

なので、このスリップページを変更するという方法は、場合によっては被害を受けることになります。

そのため、対策としては、高額の取引をしないこと(小額なら悪意のある人も狙いたくないはずです)、スリップページの数値を大きくしすぎないこと(スリップページ内で収まるから)でしょう。

2、全額取引するのではなく、分けて取引する。

この画像は、自分の取引履歴です。左側を見てみると、がたくさんついているのがわかりますね。

これは、取引失敗したよという証です。自分はこれだけ取引の失敗(Fromの0x645…が自分のアドレス)をしてきました※実はもっと失敗しています。まさかMATICを、合計1くらい消費するとは思わなかった。。。

 

最終的には(上部分)取引成功し、資金を引き出すことに成功しました。

 

資金の引き出しと書いている通り、先ほどのように通貨同士のスワップではなく、運用していた資金を引き出す取引になります。なので、スリップページの設定はできません。

 

では、自分がどうやって資金の引き出しに成功したかというと『全額ではなく、分けて引き出した』というのが答えです。

これはどういうことかというと、10万円運用していたとして引き出したい場合、10万円全額引き出しではなく、5万円ずつとかのように複数回に分けて行うということです。

 

先ほどの取引履歴を見てわかる通り、Method欄にはWithdraw All As(全額引き出し)とWithdraw As(一部引き出し)があります。

成功しているのは、どうやら一部引き出しのようでした。そして、自分も一部引き出しに変更したとたん、取引だすんなり成功したというわけです。

 

このように、取引がうまくいかない場合、全額ではなく『一部』の取引にしてみるのもいいでしょう。先ほどの通貨のスワップ時にも、この方法は有効でした。

暗号資産の取引エラーに対する対処方法まとめ

では、最後にまとめておきます。

 

1、スリップページを変える。

2、全額取引ではなく、一部取引にする。

もし自分と同じように、取引時にエラーで苦しんでいるのであれば、このような対策をやってみましょう。多分解決するはずです。
あと、自分は現在メインでPolygonネットワークを使って取引していますが、まぁ、遅い。
このようにエラーになると、後に続く取引が処理されなくなってしまいます。
なので、特にこのネットワークを使う場合は、1つずつ処理が終わってから次の取引をするのがいいでしょう。
その結果、自分はメタマスクの復元をせざるを得ない状況にまで追い込まれたわけです。そして、セルフGOX疑惑までに至ったので。

   

 

タイトルとURLをコピーしました