【DeFi×NFT×ゲーム!!】面白くなりそうな予感!!Defi Kingdomについてまとめてみました。

はい、ほしけんです。

自分が仮想通貨の運用をしているプラットフォームである、DefiKingdomについて改めて情報をまとめておこうかなと思いました。

やはり、面白そうな雰囲気が漂っていますね。

 

DefiKingdomについて簡単にまとめれば

将来的に、NFTでゲームを楽しめちゃう!Harmonyのプラットフォーム!!
ということで、みていきましょう。
スポンサーリンク

DefiKingdomは、DeFi・NFT・ゲームを組み合わせた新しいプラットフォーム

まず最初にDefiKingdomの大きな特徴は、DeFi・NFT・ゲームを組み合わせている点です。

つまり、仮想通貨を運用して、得た通貨を使って、NFTやキャラをゲットしたり、土地を手に入れ、建物をつくったりできます。そして、キャラクターに武器や防具を装備させたりし、育て、最終的にはバトルできたりというような流れを作っているようです。

フェーズ1:メインとなる首都の運営(済)
フェーズ2:キャラクターとクエスト(2021.9~10)
フェーズ3:王国と土地(2021.11予定)
フェーズ4:建物(2022.Q1)
フェーズ5:装備(2022.Q1)
フェーズ6:バトル(2022.Q2)

DefiKingdomの構想するフェイズごとに見ていきましょう。

フェーズ1:メインとなる首都の運営

フェーズ1では、メインとなる首都の運営になります。これはかっこよく言っているだけで、要はほかのプラットフォームでもやっているスワップやファーミングを始めますということ。

ざっくり、街の役割をまとめると

・Marketplace:仮想通貨のスワップ(交換)

・Gardens:ファーミング

・Bank:JEWELのステーキング(預ける)

・Portal:キャラクターの能力上昇など

・Traven:キャラクター能力を見たり???

・Professions:クエスト

まだ始まったばかり、始まっていないので、正直具体的に用途がわからない部分もあります。

 

では、最初に一番大切なファーミングについて見ていきます。

DefiKingdomでは仮想通貨の運用で、独自通貨であるJEWEL(ジュエル)が手に入ります。

JEWELをゲットする具体的な方法は、スワップ(交換)とファーミングになります。

ゲーム内では、Gardenというところでファーミングを行うようになっています。

具体的に見ていくと、JEWELとのペアであれば、APRが3,000%程度。

Harmonyネットワークの基礎通貨であるONE(イーサリアムネットワークならETH、BSCならBNB、PolygonならMATICのポジション)とのペアであれば、APRは400%程度。

よりリスクを減らしたい場合は、1WBTC-1ETHのペア(BTCとETH)であれば60%くらいでした。

とはいえ、インパーマネントロスのリスクがあります。

インパーマネントロスとは?と思った方は、下のリンクからどうぞ。

 

というように、かなりの高金利に設定されています。APR(単利で1年間の利益)が3,000%=日利8.2%とかなりウハウハなんですが、JEWELの価格暴落を防ぐために、条件があります。

一定率しか回収(Claim)できない

each Epoch would equal one week assuming a speed of 2 seconds per block on the Harmony Blockchain

The Gardens – Defi Kingdoms

意訳:Harmonyで、2秒ごとにブロックを形成するのであれば、1エポック(シーズン)は大体1週間くらいになります。※ブロック形成の時間により変わるということ。

このエポックというのは、シーズン・週と言い換えるとわかりやすいでしょう。このシーズンごとに回収できる率が変わっていきます。

現在のエポックは7になりますので、回収してすぐ手に入るのが17%。ロックされるのが83%になります。

回収しようとすると、このように表示されます。

現状は、17%のJEWELが収穫できるので、実質的には8.2×17%=1.4%程度が日利ということになります。

まぁ、それにしても高いなという感じがします。

エポックの確認方法は、DefiKingdomの画面右下にスピーカーがあります。そこの下にある数字が、現在のブロック数です。このブロック数とエポックの表を見ればわかります。

 

また、すぐに回収せず次のエポックまで待ってから回収することで、より回収できるJEWELが多くなります。

というのも、回収した場合、そのときの回収率で受け取れるJEWELが決まります。ロックされるJEWELはそのままロックされます。

わかりにくいと思うので、具体的な例を出します。

 

100JEWELを7エポックで回収します。そうすると回収率17%ですから、17JEWELが手に入ります。残りの83JEWELはロックされます。

では、7エポックの時に得た100JEWELを9エポックのとき回収した場合どうなるかというと、回収率が21%なので、21JEWEL手に入ります。残りの79JEWELはロックされるということです。

このように、ながーく回収しなければ、回収時に受け取れる量が多くなるというわけ。

逆に短い期間で回収すると、ロックされた分はしばらくの間ロックされてしまいます。

ロックされた分は、すべて回収するまで2年くらいかかる!

Once claimed, locked tokens remain locked until the end of Epoch 51 (estimated to be in Q3 2022 depending on Harmony block speeds) at which point such locked JEWEL will begin to unlock ratably over the next year (fully unlocking in Q3 2023 depending on Harmony block speeds).

意訳:回収すると、エポック51の終わり(2022年7月くらい)までロックされた分は回収できません。ロックされた分は1年かけて、徐々に解除されていきます。

The Gardens – Defi Kingdoms

のように、回収してしまうと、ロック分は全部回収するまで2年くらいかかるということ。

このような感じで、JEWELのロックを解除していくということ。Julは7月です。

 

なので『いま』JEWELを得て利確するか。『将来』JEWELを回収して、多く受け取るか。ということです。

自分はそこまで楽観的に考えていないので、すぐ回収する派ですかね。1~2年後でもJEWELが存在するかどうかなんてわかりませんから。もし残り続け、JEWELの価格が高くなってれば、それはそれで成功でしょうし。

今はJEWELの価格上昇に伴い利確し、投資した分はすべて回収済みなので、これからは運用方法を変更するかもしれませんが。

DefiKingdomからBSCへの資金回収方法は、下記のリンクからどうぞ。

フェーズ2:キャラクターとクエスト(2021.9~10)

フェーズ2では、ヒーローと呼ばれるキャラクターNFTをゲットし、そのキャラでクエストに参加できるというわけ。

キャラクターは、各々ステータス(能力)を持っていたり、売り買いでき、経験値を貯めることができます。

Heroes have two sets of genes, one for appearance and another for their playable attributes, such as Job class, subclass, passive and active abilities, and more. During summoning, the newly summoned hero will randomly acquire genes from both source heroes used in the summoning.There is also a chance of mutations in genes, resulting in new, rare abilities and job classes!

The Heroes – Defi Kingdoms

平たく言えば、キャラクターには、外見以外にも能力やジョブがあるということ。そして突然変異で、レアなものもゲットできるかもねってわけです。

 

そして、クエストはキャラを使って、ファーミングの手伝い(JEWELのボーナス)やダンジョンに行ってアイテム(?)や経験値を得るんだそう。

Professions – Defi Kingdoms

なんだろう、ドラクエ的な要素感。面白そう。

フェーズ3:王国と土地(2021.11予定)

the fog of war on the world map will be rolled back to reveal mountains, oceans, deserts, dungeons, and kingdom plots available for purchase.

Phase 3 – Kingdoms & Land – Defi Kingdoms

要は、マップに様々な土地が追加され、土地を購入できるというわけです。そして、ここに将来、王国を作るというわけですね。

これもキングダムNFTとして、売り買いできるようです。Kingdoms – Defi Kingdoms

フェーズ4:建物(2022.Q1 1月~)

建物を作ることで、キャラクターのステータスやクエストの効率を高められるようです。

フェーズ5:装備(2022.Q1)

キャラクターの装備を作ったり、トレードできるようです。これもNFTとして扱われます。

もちろん、武器などの装備をすることで、ステータスの上昇があるでしょう。

100 mythic amulets will be awarded to lucky winners who had at least 5,000 xJEWEL tokens in their bank balance by Dec 15, 2021

Phase 5 – Equipment – Defi Kingdoms

DefiKingdom内には、Bankというところがあります。ここにJEWELを預けることで、xJEWELが手に入ります。要は、JEWELのステーキングです。

12月15日までに5000xJEWELステーキングし、当選すれば、神話のアミュレット(お守り)が手に入るようですよ。

とはいえ、5000xJEWEL≒7500JEWELなので、300万円と結構な金額です。

フェーズ6:バトル(2022.Q2)

Heroes will be able to form parties of 3 and compete in regular PVP tournaments, which will award JEWEL prizes.

Phase 6 – Battle System, PVE & PVP – Defi Kingdoms

最後のフェーズ(4月~)で、3人グループでトーナメントで競い合うというものです。勝者にはJEWELが手に入ります。

DefiKingdomのまとめ

フェーズ1:メインとなる首都の運営(済)
フェーズ2:キャラクターとクエスト(2021.9~10)
フェーズ3:王国と土地(2021.11予定)
フェーズ4:建物(2022.Q1)
フェーズ5:装備(2022.Q1)
フェーズ6:バトル(2022.Q2)

DefiKingdomはこれまでのDeFiのプラットフォームとは違い、単なる投資としてではなく、ゲーム要素が加わった新しいプラットフォームな気がします。

そして、内容的にも面白そうだなーと感じますね。

ホワイトペーパーは英語ですが、画像も多く使ってくれていて、雰囲気はつかめると思います。そして、面白そうという気持ちも沸いてくるでしょう。

Defi Kingdoms – Defi Kingdoms

タイトルとURLをコピーしました