チャンスを逃すな!多少失敗してもいい、見切り発車で行こう!!

NO IMAGE

あぁ、また失敗した。よく考えてから行動すればよかった。

自分は悲しいながら、あとから後悔することが多いです。

このブログにしても「あぁこうすればよかった」とか、投資も社会人になってすぐでも、むしろ学生時代から始めていればよかった、と。こう考えるといろいろあとからみて、こうすればよかったな、何でもっと考えてから行動しなかったんだということを思います。

先日のじぶん銀行スマホデビットに関しても、不動産投資している物件の固定資産税をnanacoにチャージし払ってから残りをJCBギフトカードを購入すればよりプラス収益が高かったのに、全額ギフトカードにしてしまいました。(むしろ全額固定資産税でよかった)

ま、そのあとは購入の際に送料がかかるのを知っていながら、無駄に入金してしまい、普段使わないじぶん銀行に残高が残る形になってしまいました。50,432円支払いと分かっていたのに、50,500円を普段使いの口座から送金してしまったので68円余ってしまいました。この分はAmazonギフト券にすればいいんですけどね。

ともかく、良さそうだ!!なんて思ったらすぐ行動してしまうのが自分。そして、その軽率さに後悔が付きまといます。

でも、これってダメなんでしょうか。自分は後悔しながらも「いや、利益を得ているのだからいいじゃないか」と納得しています。

チャンスを逃すよりは、さっさと行動したほうがいいでしょ。

d2fca4d5ad8c5317b4b269978b48f36d_s

もちろん、完璧がいいでしょう。完璧なら抜かりないということですからね。

しかし、下手に考えすぎて行動に移せないというのが問題になってきます。完璧を目指すあまり、結論を出せないこうなってしまっては、チャンスもどんどん遠ざかってしまいます。

だから、自分は素早く行動し、チャンスを確実に自分のものにしているから納得しているのです。それが多少最終的に損であろうとも。

ある本で読みましたが、仕事でも80%程度まではぐーっと伸びていくみたいです。しかし、その100%までの残り20%とかからがそれまでの分と違いかなりきついものになるようで、こう考えるとさっと80%の正解をだしてほかのことに考えを移すほうがより効率的なのであると思います。(携帯事業も電波の受信が100%網羅するのはかなり厳しいようです。確かソフトバンクの孫さんが言っていました)

自分は仕事でも80%程度で、完璧でなくてもいいから上司に報告するというのをしています。仮に、それが変でもそれは上司が提案とか修正をしてくれるので、そこらへんは気にしません。

多少精度が悪くとも、できるだけ早く報告することは代わりにしています。そうすれば対処できるからです。逆に、残り時間わずかなギリギリの状態で80%だと「おそいわ!」なんて思われてしまいます。

つまり、自分は100点満点でなくてもいいと思っています。その代わりに素早くチャンスを確実につかんでいく。そりゃ早く行動すれば、その分先駆者利益も得られますしね。

失敗することも多々あるでしょう。しかし、それは次に生かせばいいのです。それが成長ってもんだと思います。

うだうだしてチャンスを逃せば、成長ってもんはないです。

『アイデアなんてなんの価値もない。成功って実はものすごく簡単・・・やればいいだけのこと』インベスターZという漫画で、堀江貴文さんが言っていた言葉です。