【手数料高い!!】イーサリアム版OpenSeaで、NFTを買ってみたよ。

はい、ほしけんです。

 

というような感じで、ついにイーサリアム版OpenSeaでNFTを購入しました!

 

今回は、イーサリアム版のOpeaSeaでNFTの購入について解説していきます。

スポンサーリンク

イーサリアム版OpenSeaで、NFTを購入する。

1、メタマスクのイーサリアムネットワークに、ETHを準備する。

まずは、メタマスクのイーサリアムネットワークに、NFTの購入資金であるETH(イーサリアム)を準備します。

どのようにメタマスク(イーサリアムネットワーク)にETHを効率的に送るのかは、過去の記事からどうぞ。

 

2、OpenSeaに欲しいNFTを見つける。

続いて、欲しいNFTを探します。まぁ、これがないと始まらないですよね。

OpenSea

多くて見つからないよ、、、と思うのであれば、ざっくりランキングから見てくのもありかなと。ネットワーク別に変更できます。

Top NFTs | OpenSea
A peer-to-peer marketplace for NFTs, rare digital items and crypto collectibles. Buy, sell, auction, and discover CryptoKitties, Decentraland, Gods Unchained ca...

 

探し方はPolygonであろうが、変わらないので過去の記事からどうぞ。

3、NFTを実際にゲットする。

最後に、NFTを購入していきましょう。

このように「Buy now」の状態であれば、すぐ購入できます。オファーすることはできるけど、ほかの人が「Buy now」で買えば、買われてしまいます。

このように、購入画面が出てきます。暗くなって見えませんが、下の青色のボタンを押すと決済画面(手数料支払画面)になります。

ということで、念願のNFT購入が完了しました。Owned byの部分が「あなた」になっていますね。

うーん、気づいた方は気づいたかもしれませんが、これ4.5万円だったんですよね。高いぜ。。。

 

イーサリアム版OpenSeaでNFT購入するときの手数料は?

個人的に一番ショックだったのは、NFT購入手数料でした。購入手数料というのは、いわゆるgas代です。

これが取引履歴なのですが「Transaction Fee」に0.014647ETH($53.39)。つまり、6000円くらい。

 

この手数料は最終結果なので、購入申し込み時には見積もりの手数料(より多くのETHが必要)になります。

 

はぁ、購入だけで6000円手数料かかるなんて。。。自分はpolygonの世界へ帰ります。笑

 

 

個人的にここで言うのはあれですが、なぜ買ったかというと

『相場よりも安かった』ということにつきます。欲しかったというのは2の次です。

あくまで投資目線で買っています。

 

もちろん、自分はこのNFT投資に関しては初めての行動。自分の予想が当たるかわかりません。ここから何かしら学べたらと思い買いました。

NFTの世界はまだまだ発展途上で、まだ参入者は少ないです。なので、この相場が安かったということに関して、結果がどうなるのかはわかりません。まぁ、のんびり相場が上がるのを待ちます。

タイトルとURLをコピーしました