ラクマでファミペイ(FamiPay)を利用すると、20%還元キャンペーン!!

ラクマでファミペイ(FamiPay)を利用すると、20%還元キャンペーン!!

まだまだキャッシュレスのキャンペーンはやっています!規模は小さくなっていますが、、、

現在は、じぶん銀行スマホデビットを利用すると最大還元率10%!というものをやっていますね。

後日紹介しますが、メルペイだと5%還元みたいです。こちらは、日ごろから使えるので非常に利用しやすいものになっていますね。

今回は、ラクマというフリマアプリでファミペイを利用すると、20%還元キャンペーンについて紹介します。

ラクマでファミペイ支払いすると20%還元が受けられるキャンペーン解説。

https://fril.jp/cp/famipay_20191216

このキャンペーンはタイトルの通り、ラクマというフリマアプリで購入の際、ファミペイを利用すると20%還元が受けられるというもの。

ここ最近は還元率が低くなったりしてなんとも還元が受けにくい状況になってきましたが、こういったものを活用ししっかり還元を受けるというのは重要になってきます。

で、このキャンペーンの還元方法は楽天スーパーポイントになっていますが、通常ポイント(期間限定ではない)なので有効期限を気にせず利用ができる点がいいです。また、このポイントを使って楽天証券にて投資信託を購入することも可能ですので実質現金還元といってもいいのではないでしょうか。

また、還元ポイント上限も2000ポイントとなっているので、購入的には1万円分の購入が上限になっています。上限を超えることは可能ですが、それ以上は還元は増えていかないので注意が必要です。

キャンペーン期間はすでに始まっており、12月31日までになっています。あと10日くらいになります。

還元を受ける方法としては、ラクマで購入し、支払方法をファミペイで支払うということです。たったこれだけで20%還元受けられるのはいいですね。特に、フリマアプリは発売日から値段が下がる傾向にありますから、お店で買うより安く購入できることが多いです。ただ、配送の関係で使うまで時間がかかるのがデメリットではありますが。

ファミペイにチャージする方法は、3つあります。

還元を受けるためにはファミペイで支払う必要があると説明しました。では、どうやってファミペイにチャージするのでしょうか。

この方法は3つあります。

①ファミリーマート店頭で、現金にてチャージをする。

こちらはファミリーマートにて現金を使ってチャージするという方法です。現金というところがネックではありますが、還元を受けられるのであればいいでしょう。方法としてはレジにてファミペイにチャージしたいと店員に伝え、自分のファミペイバーコードを読み取ってもらうだけです。

ただ難点が、わざわざファミマにチャージしにいかないといけないこと。自分の自宅近くにはファミマがないのでどこか行った際にチャージする感じになります。。。

②ファミマTカードを使って、チャージする。

こちらはファミマTカードというクレジットカードを使ってチャージすることができます。なので、自宅でもできますね。

便利は便利なのですが、わざわざこのためにクレジットカードを作る必要はないかなーって思います。確かこのクレジットカード還元率低いので。

③ファミペイボーナスをチャージする。

こちらはファミペイにファミペイボーナスという一種のポイントがたまっている人が利用できます。これを使ってファミペイにチャージする形になります。

個人的な考えとしては、ラクマでほしいものを考えて置き、その相場分だけチャージしてから払う。

正直ファミペイって自分はあまり使いません。ほかの支払い方法のほうが還元率がいいからです。なので、できるだけファミペイに残高を残したくないというのが自分の考えにあります。というか、分散させすぎると訳が分からなくなるからです。

で、自分なら欲しいと思うものの目星をつけて置き、その分チャージしてから購入するのがいいのではないかと思います。そうすれば無駄に残高が残ることも防げますし。

でも、チャージしている間に他の人に買われてしまうかもと思う人もいるでしょう。ちょっと確かめてはいないのですが、裏技があります。

ラクマで購入をします。そうすると支払方法画面に映るのですが、あえて支払いを失敗します。そうすると購入済みになっているけど、支払がまだって感じの状態になるはずです。その状態ならほかの人に買われることがないです。

ちょっと試していないのでわかりませんが、やってみては。

やってみたら、成功しました!!失敗するというか途中で中断するって感じです。そうすると購入済みにはなるけど、支払ってない状態になります。なので、その間にチャージして再度購入ですね!

払ってみたらこんな感じ。