節約のコツは、まず変動費を削ることではなく、固定費を見直すこと。

節約のコツは、まず変動費を削ることではなく、固定費を見直すこと。

お金を貯めたければ、まずこの公式を覚えろ!

貯金をするには、『 収入 ー 支出 = 貯金 』という公式が重要になります。

貯金を増やすには、収入 もしくは 支出を変化していかなければならないことがわかります。

 

では、その収入と支出に関して考えてみます。

まず、収入について考えてみましょう。

貯金を増やすには、「収入を増やす」ということとなります。

しかし、悲しいことに毎月の収入は、大きく変えることがなかなか難しいのが現状です。

副業や投資により、増やすことはできますので、可能であればチャレンジしてみるのもいいと思います。

つぎに、支出について考えてみましょう。

貯金を増やすには、「支出を減らす」ということとなります。

支出には固定費と変動費があります。
固定費とは、家賃や通信費などといった毎月決まった額請求されるものです。
変動費とは、食費や日用品購入費などといった毎月定額でない費用を指します。

どちらもできればいいと思いますが、

重要なのは、収入を増やすのは難しいけど、
支出を減らすのは収入を増やすということと同じ意味(効果)をもつということです。

変動費ではなく、固定費を見直すほうが簡単な理由

なぜ、変動費ではなく、固定費を見直すほうが簡単なのかというと
節約するという意味で、一回やってしまえばそのことについて考えなくて済むからです。

ただ、この一回やるだけなのに、一歩を踏み出せない人が多いように感じます。

節約するのに、食費を削るというものが浮かぶことがあります。
確かに、お菓子やお酒といったものは多少ならともかく、常習的に飲食する場合には大いに節約に役立つと思います。

しかし、ほかの食費を削るということは、健康でいられなくなるということがデメリットとしてあげられます。食費を削って、病気になったら、医療費も増えるし、稼ぐ力もその間失われます。

また、食費を削るのはいちいち気にすると、心理的に大変かなと思います。

実際に固定費を見直していこう!

大きく固定費を削減できる『家賃』

自分は、以前、一人暮らしで広いリビング、ウォークインクローゼット等のある部屋に住んでいました。外観もきれいで、友人を呼べると思いその部屋に決めたわけですが、よくよく考えてみると年間で友人を何回呼ぶのかということです。

結果として、ほとんど呼びませんでした。

そして、広いリビングやウォークインクローゼットなんて、ものを買わない自分にとって必要なかった、そう感じました。

今では、普通のリビングに、押し入れ、外観もほどほどという物件に住んでいます。
結果として、2万円以上安い家賃となり、年間24万円の貯金ができました。

「その家賃はだれのために支払っていますか?本当に必要ですか?」

別にキャリアである必要性はない『通信費』

大手キャリアと呼ばれる(NTTドコモ、au、ソフトバンク)を使っている人の平均額は、1カ月当たり7,876円です。

それに対して、最近利用者が拡大している格安SIMユーザーの平均額は2,957円。

ざっくりいうと、大手キャリアと格安SIMユーザーでは、1カ月当たり4,919円、つまり約5,000円の差があるのです(出典:MMD研究所「2017年携帯電話の利用料金に関する調査」https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1637.html

このように、通信費というのは意外と家計を圧迫しています。ですが、今の世の中なくてはならないのがスマホ。インターネットの通信費も安くはありません。

では、これを安くするのには、

1.今のプランを見直す。

契約した時のプランを変更せずに利用している方もいると思います。
現在のプランを見てみると、そちらのほうが安くなる場合があります。

2.格安SIMにしてみる。
先ほどの調査でも、格安SIMを利用している人のほうが通信費が安いということが明らかです。
いろいろな会社がありますので、比較検討してみてはいかかがでしょうか。

ちなみに、自分は以前はガラケーとタブレットの併用をしていました。
ガラケーは通話専用、タブレットはネット専用で。
ガラケーの利用料金はたったの3円で、ネットは格安SIMで1600円程度だったと思います。

3円は特殊な利用方法なので、他の記事で解説をします。

現在は、ソフトバンクの子会社、ワイモバイルを通話用としています。
ネットは、ワイマックスを使っています。(映画等見ますので、月に50GBくらい使います。)
ワイモバイルは、10分間であれば、電話し放題ですのでありがたいです。

 

スクリーンショット (395)

上の画像が、ワイモバイルの利用明細です。

なんと、300円!!

こちらも、別の記事にて解説したいと思います。

現状として、自分は通信費は50GB使って、3500円くらいです。

使っていないのに、解約していないサービスを見直す。

使っていないのに、契約したままのサービスはないですか?
例えば、動画配信サイト、メルマガ、占い等のアプリ、、、等々

 

月に数百円のものですが、使っていないのなら無駄な支出に違いありません。

仮に月500円でも、年間で6000円になります。
人間、人間一度手にしたものを、手放すのは心理的に厳しく感じがちです。
考えてみて、いや、まだ使うと使っていないの
に思ってしまうのです。
しかし、一回解約してしまえば、お金を払うことはなくなるので、解約してしまいましょう!