泉佐野市がふるさと納税対象外になる前に、お得に納税しよう。

スポンサーリンク

泉佐野市のふるさと納税対象は、5月いっぱいまで。いそげ!!

久しぶりに泉佐野市のふるさと納税サイトさのちょくをみたら、内容が変化していました。

以前4月にみたときはAmazonギフト券の還元率が20,30%と高かったのですが、納税額も増えており正直これなら普通にAmazonを多用する人でもいるかね?と疑問を持つほどでした。

しかし、久しぶりにみたらこれならいいじゃん!と思える内容に変化していたんですね、自分も思わず駆け込み納税しました。

総務省から泉佐野市はふるさと納税対象外になるので、早く納税してしまおう!

泉佐野市は、総務省により6月からのふるさと納税に関しては、対象外になるということになります。なので、現在5月までは対象になりますのでできるだけ早く動いたほうがよさそうです。

 

ふるさと納税、泉佐野など4市町除外 6月から総務省

 

総務省は6月に始まるふるさと納税の新制度で、静岡県小山町、大阪府泉佐野市、和歌山県高野町、佐賀県みやき町の4市町の参加を認めない方向で調整に入った。これまで過度の返礼品で多額の寄付を集めてきたためだ。6月1日からは4市町に寄付しても同制度の税優遇が受けられない。

引用 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44548460Y9A500C1EE8000/

 

「地場産品問題」コースから見える泉佐野市の闇。また、キャンペーン解説。

 

スクリーンショット (626)

このキャンペーンには、6月以降の総務省が掲げる寄付金額に対しての30%の地場産を提供しなさいということに対して、「チョット残念」な制度になります。それを体感しましょう!体感することで、問題点や課題を発見できます。というような内容が記載されています。

チョット残念といえば、きっちり30%の地場産にしたが故、納税金額が集まらなくなったりとかする運営側の目線、また、より還元率の高いものを受け取りたいという納税者側の目線においてありますね。

で、キャンペーンの内容として以下の3つになります。

スクリーンショット (627)

3つのコースがあるのですが、どれもタイトルが問題点を挙げていますね。

Aに関しては、受け取れるものがタオルなので納税者は多くないと思うので割愛しますが、つまりこの泉佐野市の地場産のものといえばこういった布製品になってしまうのでしょうか。となると、泉佐野市が地場産に限定されるとなかなか厳しいものになるでしょう。だから反発しているのかなと。

BとCに関しては、共に同じものを提供しますが金額とAmazonギフト券の割合が違います。ポータルサイトに対して10%の手数料を支払っているんですね。うーん、結構取られているんだなって印象です。ちなみにBコースは泉佐野市のサイトにもありますがチョット残念なものになっています。

 

実際に比較した結果、Amazonギフト券が少ない10%コースのほうがお得!!

スクリーンショット (630)

これがBコースのものですが、金額が22,500円です。なので、Amazonギフト券は6,750円分受け取れます。

スクリーンショット (628)

これがCコースになりますが、Bコースと同じもんですね。ですが金額が1万円で、Amazonギフト券は1,000円分受け取れます。

これを比較検討すると、

Bコースは『22,500円=商品+6,750円分のAmazonギフト券』
Cコースは『10,000円=商品+1,000円分のAmazonギフト券』

ということになります。

つまり、Bコースは、実質15,250円の支払いで商品を受け取れ、Cコースは実質9,000円で商品を受け取れることになります。であるなら、正直Cコースで支払い、必要な分だけAmazonギフト券を購入するのがベストな選択肢になるのです。

受け取れる月を選べるのもいい!期間限定Tポイントの消化も可能!!

また、さのちょくのサイトでは申込時に何月に受け取るかという選択ができますので、将来的にどのタイミングで受け取りたいかシュミレーションすると効率的です。来年の3月までと幅広いので使い勝手がいいです。

スクリーンショット (629)

例えば、自分だと世界一周のため今年の10月頃には
退職を申し入れ、あとは有給消費しようと思っています。その間はもう出勤しないので実家に戻ります。なので、それまでの間に受け取り、消費しなければならないということを想定すれば、7,8月に受け取ったほうがいいということになります。

また、支払い自体はヤフー公共支払いなので、期間限定Tポイントの利用も可能です。

自分は今年の年収を考え、残り2万円分を申し込みました。やはり受け取れるタイミングを決められるのがいいです。ふるさと納税のおかげで食費が月に1.5万円と結構安く済んでいます。

ふるさと納税するなら、au WALLETプリペイドカードがいいですね。特に、MNPで儲けているひとにはいい消費の仕方だと思います。

au WALLETプリペイドカードないよーって方なら、じぶん銀行の口座を持っていればスマホデビットカードを発行すれば最大20%の還元を受けられますね。

[nlink url=”https://try-try-fly.fun/jibunbank-10thou/”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました