年金では2000万円足りない?成功する1%の人間になる方法教えます。

年金では2000万円足りない?成功する1%の人間になる方法教えます。

年金では2000万円足りない?その理由と政府推奨の対応策を解説します。

先日金融庁から年金では2000万円足りませんので、自分で資産形成してくださいね。っていうお話が新聞やニュースで取り上げられました。自分も過去に記事として取り上げています。

[nlink url=”https://try-try-fly.fun/日本はあなたの老後を保証しませんので、各自対/”]

つまり、日本政府はもう”年金”という制度は、将来的に実質は破綻しますよということを意味していると考えられます。だから、各個人で資産形成してねという話に至るわけです。

では、その2000万円不足するよっていう話はどこからでたのかというと、下記にリンクにあります金融庁が出した”金融審議会 ワーキンググループ報告書”に記載があります。

この報告書には、今後の人口推移や収入・支出の推移、金融資産の状況、対応策があげられています。

今回は、資産運用の一部であるiDeCoやNISAの情報をもとに、政府がどんな運用を推奨するのか、現状についてまとめたいと思います。

 

金融庁 金融審議会市場ワーキンググループ報告書「高齢社会における資産形成・管理」より

https://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/tosin/20190603/01.pdf

 

なぜ2000万円足りないといい始めたのか?その理由は。

そもそもなぜ2000万円足りないという話になったのかというと、定年後年金のみで賄おうとすると毎月5万円のマイナスになり、年間で60万円。30年生きるとすれば1800万円年金では足りないということになる。

これは95歳まで生きるということを想定しているが、現在の95歳まで生きる人は4人に1人ということも考えると誰もが足りないということも大いにありうる。さらに、平成生まれのひとは100歳まで寿命が延びるということも言われている。(LIFE SHIFTより)

この想定は月に夫婦で26万円の支出を見込んでいるが、自分が現在11万円で生活しているのだから無理のない想定であると思う。老後のなれば、医療費や急な病気にもなりがちなのでさらにかかることは大いに見込まれる。

報告書にもライフスタイルによってこの金額は異なるが、いずれにせよ今までよりも多くのお金が必要になり、なので、年金以外で賄わなければならない金額がどの程度なのか試算してみて、現役世代なら投資による資産形成をリタイア前後なら退職金などを想定し資産管理をすべきといっている。

1%の成功者は知っている。制度を利用すれば、資産形成も減税も効果があることを。

では、足りない2000万円はどうやって確保すべきかというと、政府も投資による資産形成を推奨している。

その資産形成の支援制度として、iDeCoやNISAがある。これは共に税金の面で優遇がある。特にiDeCoは年収からの控除、受け取り時非課税になるので、所得税・住民税が安くなる効果がある。NISAに関しては株や投資信託の売買利益、配当金に対し通常20%の税金がかかるがこれが非課税になるというものである。

iDeCoは簡単に言えば自分で運用する年金である。毎月職種により積み立てられる金額が異なるが、年収500万円の公務員であれば、月1.2万円の積み立てが可能で年間14.4万円となるが、そのうち30%の4.32万円が控除される。

[nlink url=”https://try-try-fly.fun/idecoってどうやって所得税・住民税還付されるの?/”]

NISAに関しては一般NISAとつみたてNISAがあるが、上述の通り売買益や配当金が非課税になるもので、一般NISAは5年間の非課税期間だが、つみたてNISAに関しては20年とかなり長期的である。ただし一般NISAとつみたてNISAは併用不可。

こんな素晴らしい制度があるにもかかわらず、iDeCoに関しては利用者が1%でNISA(一般+つみたて)で12.5%とかなり低い。一般NISAは株式投資をするひとなら利用すると考えられるので11%と高い。しかし、長期的な資産形成であるつみたてNISAは1.6%とiDeCoと同程度である。

つまり、政府が年金はもう頼らないでといっているのも関わらず、利用者は全体の数%であり、これでは大概のひとが大変な老後を迎えるであろうと推測できます。逆に、こうしたお得な情報を得て、しっかり優遇されるひとはなんら将来に心配いらないという考えを持っていいと思います。そういうひとはこれだけにとどまらず、ほかのお得情報を得てやる人だと思いますが。

ちなみに、自分はもちろん両方利用しています。

投資で成功する秘訣は『長期・積立・分散』に限ります。

そもそもなぜ政府はiDeCoやつみたてNISAを推奨するのでしょうか。これは共に”長期””積立””分散”という3つのメリットを享受できるからです。

この3つによる効果は、収益がばらつきにくくなるということです。(値動きが激しくなく、利益を安定できるということ)

投資というのはもちろん、景気が良い時も悪い時もあります。なので急激な上昇もあれば暴落なんてこともあります。特に投資の素人だと暴落するかも・・・なんてことを考えてしまい投資というものに対して拒絶してしまうこともあります。

しかし、世の中には良い時も悪い時もあります。”長期”的に考えれば暴落というのはまた元に戻りプラスに転じるのです。確かに数年や数か月であれば景気のタイミングで大きくマイナスになりえますが、数十年といった長期であればそんなことはないということです。

同様に世界には190カ国以上あり、国によって景気の良い国があれば、悪い国があるのも想像できると思います。これも同様にいろいろな国へ”分散”すれば、すべてを享受できます。

上図は報告書から持ってきたものですが、右の棒グラフをみてください。保有期間が5年の場合赤色の棒があります。これはみんなが恐れるマイナスということ。逆に青色の棒は運用がうまくいきプラスですよということ。では、保有期間が20年の場合はどうでしょう。するとすべて青色の棒になり、赤色の棒はなくなっているのがわかります。

つまり、保有期間が20年という”長期”であれば、すべて運用すればプラスであるということを示唆しているのです。これが先ほど自分が話したものです。

また、国ごとの”分散”という観点に関しては右グラフを見てください。国内だけでなく世界の国へ分散させることで一気に落ちるところもありますが、長い期間において最終的には大きくプラスになっています。

 

最後に”積立”という観点に行きましょう。先ほどの右グラフがマイナスに落ちていても、また一気に上がるのは定期的に積み立てているからです。逆にマイナスだから・・・怖いから・・・という風に思って積み立てないとこのようなことは置きません。マイナスというのは一概に悪いということではなく、大きく伸ばすチャンスとして捉えましょう。

例えば、1株100円で1万円分購入するとします。そうすると100株手に入ることになりますね。そして次の月1株200円でまた1万円分購入したとすると、合計で150株になります。その次の月1株500円になったとしたら、現在500円×150株=7.5万円になります。

次にマイナスになったときもしっかり買うとどうなるでしょう。最初は同様に1株100円で1万円分購入、次の月1株50円になったとします。そうすると合計で300株持っていることになります。そして、次の月1株500円になったとしたら、現在500円×300株=15万円と先ほどの場合と2倍も差が出るのです。

つまり、『マイナスはプラスへのブースターになりうる』ということ。だから、変にマイナスだから積み立てないなんて選択をしてしまうと、伸びるチャンスを失うことのなるのです。捉え方を変えれば、常に右肩上がりも短期的にはうれしいかもしれませんが、”長期”的な考えではいいものではないということです。(むしろずーっとマイナスで、受け取る時に一気に上昇が最高!)

こういう観点から、政府は”長期””積立””分散”を推奨しています。iDeCoや積立NISAはどれも簡単にこういったことを達成できます。しかも自動的に。政府は簡単にできるのに・・・と思って、なかなか世の中の国民は理解して行動してくれないって思っているでしょうね。

お得なのに利用しない理由がナンセンス。でも、そんな言い訳する人の未来は地獄で当然。

では、なぜ年金では足りないだろう国民の皆さんは政府の呼びかけに対応しようなんて思わないのでしょうか。

報告書によれば、「まとまった資金がない」「投資に関する知識がない」「どのように有価証券を購入したらいいのかわからない」だそう。

まぁ、自分から見ればどれもナンセンスな回答でしかないと思いますが。。。

まずは「まとまった資金がない」ということに関しては、SBI証券や楽天証券では投資信託が100円から購入できます。また、個別株の要素がありますがSBIネオモバイル証券では月216円払うことで、200円分株を購入できます。さらにTポイントを利用できたり、楽天ポイントで投資信託を購入できたりとするので、現金いらずで投資することが可能です。

これでなにが「まとまった資金がない」というのでしょうか。その回答をした人は知らないだけか、100円も毎月得られないひとなのでしょうか。。。まぁそんなことないでしょうけど。

[nlink url=”https://try-try-fly.fun/【11000円稼ぐ!】月200円から株式投資ができるsbiネオ/”]

 

次に「投資に関する知識がない」というものに関しては、確かにiDeCoや積立NISAに関して選べる投資信託が多いです。そもそも証券会社をどこにするのかという選択がありますし。多いことは確かですが、『将来年金では足りないということに対する不安』と『いまから勉強する』ということはどちらを選択すべきなのでしょうか。別にどちらを選択するもいいです。もちろん前者を選択したからには、それなりの老後を覚悟してほしいですが。

1つの考えとして、そもそもiDeCoで運用できる投資信託は、政府がみなに成功してもらえるようにという基準のもとやっているので、どれも問題ないと思います。あえて言うなら手数料の低いものがいいのではないでしょうか。そして、上述の”分散”するということを踏まえて、株や債券、REITをバランスよく混ぜたバランスものや全世界株に分散するのでもいいのではと思いますね。

例えばこんなん。

 

自分は日本という国に関して将来はないと思っています。また、今後も米国という国が1番強い力を持ち続けると思っていますので、そういう分散の仕方にしています。要は好みです。

「どのように有価証券を購入したらよいのかわからない」というのに関しては、もう勝手に検索してくださいというしか言いようがありません。このブログでも解説しているものはありますが、していなくとも自分で調べ行動するくらいの力はもっておいて欲しいですね。(こういう人が多い世の中なら、やってあげますよビジネスは成り立つんですけど)

日本の高齢者は外国とくらべて元気?いや、そうじゃないと思う。

この資料には就労状況として諸外国と比べて日本の高齢者は労働しているといっている。体力レベルも比べて高いから、高齢者は就労しており元気だ!っていう風にいっているけど、そうなのか?また、60歳以上の就労者で70歳以上でも働きたいか?という質問に対して80%くらいが働きたいということを言っているが、これは元気だからなのか。それともやりがいがあって働いているのか。

自分はそうは思わない。元気があるからとかではなく、単純に将来の老後に対して余裕のある資産がないからだと思う。だから”しかたなく”働いている、働きたいという回答じゃないだろうか。

別に働かなくていいのなら、彼らは働かないのではというふうに自分はとらえる。

こうならないためにも、若いうちからの資産形成は重要なのである。

この記事を読んで投資をやらねば!と思った人に朗報です。

このように年金では2000万円足りないということを政府がもう言っているんですね。もう日本が大丈夫だなんてことはありません。そうとらえてもらっていいと思います。

では、どうするか今まで言ってきたように、自分で資産形成をするしかありません。”自分”でです。もうやらなければ、自分の老後がどうなりようと政府は助けてくれないでしょう。だって推進しているのにやらなかったんだもん。

もしやると決めた高尚なひとは、政府の掲げる”長期””積立””分散”をしっかり念頭に入れ、運用を開始しましょう。そうすれば、あなたの将来は安心できるものになります。(けどたまには運用状況を見てね)

そんな将来を見据えたひとに朗報です。

月2万円を5%で運用できれば、35年で2000万円を作ることができます。月2万円ならそんなに難しくないと思いませんか?また、5%の運用は世界分散投資すれば難しいことありません。ちなみに運用が1年遅れて34年の運用になると、2138万円と100万円以上の差ができます。年間で24万円しか差がないのにこんな大きな差になるのです。であるなら、できるだけ早く取り組んだほうがいいのがわかります。

 

それでもなお、どの証券会社、どの投資信託を選択したらいいのかわからない!なんてことはあり得ます。自分は個別株を購入していますが、どれが正解かなんてわかりません。失敗することだってあります。チャンスを逃すこともあります。

しかし、どれを選択すれば。。。なんて考える前にやってみること。最終的にやらないという選択をするのが一番のマイナスになるということは覚えておいてください。

 

投資というものを学ぶにはまずお金というものに関して知っておくのも1つの選択であります。なので、自分が以前無料で学んだファイナンシャルアカデミーというところで学ぶもいいですし、さらに興味を持てばお金を払ってもいいでしょう。自分はさらに不動産投資に関して興味を持ち勉強しましたけど、それ以上に利益を出しています。「お金の教養講座」は無料で、強制的な勧誘もありませんよ。

 

投資するだけのお金がないという人はいます。しかし、ないとこはありません。日々の生活から節約し、その分を投資に回すのです。

[nlink url=”https://try-try-fly.fun/携帯代に1万円も支払う脆弱たち。自分の首を自分/”]