サービスのないLCCを最高に楽しむ5つの準備。

サービスのないLCCを最高に楽しむ5つの準備。

LCCってサービスを極限にまで下げたから低価格!でも、その分自分で準備しちゃえば十分満足の行く旅になるよね。

 

自分は過去に香港エクスプレス、ジェットスター、セブパシフィック、エアアジア、ノックスクート、ライオンエア、イージージエット、ライアンエアーなどに乗ったことがあります。

LCCはサービスがありません。モニターもなければ、食事やドリンクも有料です。

だからこそ、フルキャリアよりも安い価格で飛行機に乗ることができるのです。業務の効率化、フライトの本数、サービスの簡略化といったおかげの賜物なのです。

なので、基本バスのように出発地点から到着地点までの間、なんもないのでフライト中は暇な時間になります。

では、どうやって暇なLCCを最高に楽しみ、お得にできるか考えたのでまとめます。

LCCで楽しむための準備すべき5選。

1.スマホに映画をダウンロードしておく。

上述の通り、LCCにはモニターがありません。また、基本LCCは短距離路線ですが、タイのバンコクまでは6時間と意外と長いです。

そんなときは、映画を見てしましましょう。大概映画は2時間くらいあるので、それだけで半分程度は時間を潰せます。

自分はアマゾンプライム会員なので、プライムビデオで事前にダウンロードしてからみます。

注意したいのは、海外でダウンロードしようと思っても、コンテンツが限られるということ。いろんな映画は日本でのサービスだからなんですね。また、ダウンロードしたものを1回でも始めてしまうと48時間以内に観ないとまた、ダウンロードしないといけなくなるので注意しましょう。

2.本を用意しておく。

こういうときは、本を読みましょう

本であればスマホの電池残量を気にしなくても済みます。

本はいろんな世界へ連れてってくれ、また、著者が人生で学んだことを1000円程度で学べる素晴らしいものなのです。

ある格言に、聖者は過去に学び、愚者は経験に学ぶと。これは

自分はプライム会員なので、電子書籍で読むこともあれば、文庫本を持つことも多いです。いっぱい読む人には電子書籍のほうが便利ですね。もし忘れた―となれば、空港でも販売しているのでそこで買うのも1つの手です。

3.モバイルバッテリーを準備しておく。

自分のように週末に海外旅行する人にとっては、滞在時間は限られています。

なので、時間の効率化というのはものすごく大切です。現地についてスマホの電池が。。。なんてことになると、色々と面倒になりますので、機内でフルにしておきましょう。

また、機内で映画を見ると結構消費するのでそのためにも必須になります。

4.搭乗前にご飯を食べておく、購入して機内に持ちこむ。

機内食は有料です。価格帯としてメインの食事は700円くらい。カップラーメンだと350円くらい。とお高めです。

また、高度が高いところで食べると塩分高くしないと味覚が変わっているので美味しくなくなるのです。

なので、どうせ食べるなら空港内でご飯を食べておくか、買って機内に持ち込み食べるのがいいんじゃないかなと思います。

ただ、物価の安い国でも空港内の食事はめちゃ高いです。市内なら100円で食べれるのに、空港だと1000円と貧乏旅行者には厳しい一面を見せてきます。特にセキュリティチェック後は高いので、もし空港内で食べるのであればセキュリティチェック前がいいでしょう。

ま、日本で食べるならあまり変わらないですけど。

5.空のペットボトルを準備して、セキュリティチェック後、空港内で水を入れる。

LCCは飲み物も有料です。大概200-300円程度。こう考えると割高なのはわかるでしょう。しかも、その金額払って、ティーバッグの紅茶が来たらテンション下がります。

で、個人的にオススメしたいのは空のペットボトルを持っていき、セキュリティチェック後、水を入れるです。

セキュリティチェックは水入っていると持ち込めませんが、空であれば問題なし。

水って一番おいしくないですか?そりゃ、自分だってコーラとかも美味しいとは思いますけど、ぬるくなったとしてもおいしいという安定感を感じます。

ちなみに、もう一つのメリットとして、空港到着後は別にボトルに水があろうが問題ないので現地で買わなくて済みます。

番外.自分と向き合う。

海外旅行はスタイルによっては一概には言えないけど、移動時間が多いです。

飛行機だったり、バスだったり、船だったり。。。

となれば、普段しない『自分を見つめ直す』時間にしましょう。

 

例えば、なんで自分はその国へ向かうのか。なにが見たいのか。

それを考えた上で、なぜ自分はその選択をしたのか。

自分であればなぜ海外に行くかというと、1つの結論としてトラブルに会いたいから。というもの。

おかしいですよねー。そうなんです、おかしいんです。

日本で安定的に暮らすことも可能なのですが、いろいろとチャレンジしてみたいんですよ。チャレンジするということは、失敗も必然と多くなります。ただし、大きな成功もあるのです。自分は問題という壁にぶち当たったとき、どう対処できるかというところを楽しみながら旅行しています。

しかし、最近はそんなことなく旅行を終えてしまうのですけど。。。

 

ということで、自分のようにありえないおかしい渡航理由もありと考えるくらいですから、皆さんも自分と向き合って考えてみてはいかかでしょうか。

海外旅行は日常でしょう?なら、無駄なお金は使わないようにしよう。

 

さて、ここまで文章を読んでいただきありがとうございました。

で、ここであなたに質問。”海外旅行はあなたにとって、日常ですか?非日常ですか?”

 

たぶん、多くの答えは”非日常”だと思います。

でも、これからは日常にしましょう。日常にするということは、自分の生活の一部にするということ。つまり、一年に1度ではなく、1年に何度でも見たいもの、食べたいものがあれば行きましょう。

日常にするなら、むだなものを省き、徹底的に節約をしましょう。確かに空港にからのボトルを持っていき、水を入れるというのは”非日常”の人からすればありえないでしょう。”非日常”だからコーラとかカクテルとか飲んじゃうかもしれません。

しかし、”日常”であればそこまで無駄に浪費はしないでしょ?と考えれば水をくむだって別に問題ないはずです。その分次の旅行に還元していきましょう。