【裏技もあるよ】病気になっても、病院や薬局で可能な限りお得に支払う方法。

【裏技もあるよ】病気になっても、病院や薬局で可能な限りお得に支払う方法。

体調不良のくせになにを言っているんだ・・・。

ま、そう思われても仕方がありません。体調不良の時にそんなこと考えられるか!という人もいるでしょう。なんで、可能な限りやっていきましょう。

 

できるだけお得な支払方法で病院代・薬代を払え!!

一番ベストな方法は、キャンペーンがある支払方法です。

今でいえば、メルペイのiD払いが50%還元だったり、QUICPayにJCBのカードを登録することで20%のキャッシュバックになります。ほかにもあるかはわかりませんが、PayPayやLINEPayもあればそれも選択肢としてはいいのではないでしょうか。

個人的な印象としては薬局が大手のウエルシアだったりすれば、バーコード決済もできそうな気がします。なんで、こういったことに対応できるには日ごろからのお得情報を把握しておくことが重要でしょう。

ちなみに、QUICPayの20%還元情報は下記の記事。

まずは、クレジットカードで支払えるかどうか。

これはまず考えたいところです。病院っていくらかかるか想像つきにくいですよね。また、急な場合保険証がないと100%の自費になりますので高額になります。

なので、病院に行く前に財布を潤してからでないといけなくなってしまいます。多分病院もそういう人が多いと思うので、足りない場合は次回払いに対応してくれると思いますが。

でも、ATMに行ったりするの面倒ですよね。なら、まずはクレジットカードで払えるか確認しましょう。これだけでもお金の心配もいらないし、クレジットカードの還元も受けられます。

ただ、これ対応しているのが大きな病院くらいじゃないかなーという印象です。でも、薬局であれば、対応していることが最近は多いですよ。

もし、お子さんが病気になったら。。。を利用して稼ぐ方法。

 

これは正直裏技でしかありません。多分悪用もしないほうがいいでしょう。また、これをやるのは手間でもあるし、ぶっちゃけ元気な人でないと面倒だ!と感じます。

 

1、保険証を忘れて、病院を受診する。また、薬局も同様。

保険証を忘れた場合、いったん100%の自費で支払いことになります。なので、このタイミングでクレジットカードで払えるとポイントも溜まりいいですね。(保険証があると30%負担なのでクレジットカードの還元が下がります)

2、保険証をもって、病院・薬局に行き、返金してもらう。

保険証を同月内に持っていくことで、70%を現金で返金してもらえます。

自分の場合は、保険証忘れて薬局に行き、メルペイで払うことで3000円の支払いをしました。(自己負担100%)で、後日70%の現金を受け取りました。メルペイの50%還元を鑑みれば、薬代900円、メルペイの還元1500円で、薬もらったのに儲かるという謎の状況になりました。