インド映画は長いけど面白いからあっという間!でも、笑って泣ける。自分がインド映画をオススメする理由。

インド映画は長いけど面白いからあっという間!でも、笑って泣ける。自分がインド映画をオススメする理由。

インド映画と聞くと、どんな印象を受けるでしょうか。

例えば、ダンスシーンがある、なんといっても3時間くらいの長編である、ヒンドゥー語でわからないがありますね。確かにそれは事実です。

しかし、自分は3時間の長編であっても、字幕はありますがなんて言っているかわからなくとも、インド映画を見るべきだと断言します。

自分はあるインド映画を見て、インド映画を現地で見てみたい!と思い、たったそれだけのためにインドに旅行に行きました。そして、現地でおなかを壊しましたので、1本しか見れませんでした。笑

 

その理由を今回は、おすすめ映画を紹介しつつ、魅力を語りたいと思います。

オススメするインド映画3選+αと合わせて魅力を解説します。

年に20本も映画を見ない自分が映画を語るというのは誠に恐縮ではあります。

しかし、自分が感じるのは名作って昔の映画に多いなぁーという印象です。最近の映画ってわかりずらいし、何が言いたいのか・伝えたいのかわかりにくいという感じがします。

勿論好き嫌いもあるでしょうし、自分が全然映画を見ていないので、あくまで個人的な印象です。

 

ですが、インド映画はなんともわかりやすいです。現地の映画館でみると、アクション映画であればインド人はヒーローが悪役に勝つと立って喜びます。これはみんなが参加できるくらい、わかりやすいという1つの目安なのではないでしょうか。

また、内容としてはわかりやすいのですが、強いメッセージ性も含んでおり、映画としての見ごたえがあるんですね。しかも、これから紹介する映画も現実の問題点を掲げて、それを訴えるというメッセージがあります。それについては紹介のところで上げたいと思います。

多少ネタバレになるところもありますし、自分の印象に残った部分を取り上げるため、細かいミスはご了承ください。

自分の人生って誰のもの?本当にやりたいこと正しいことをやるべき。『きっとうまくいく』

この予告編はかなり自分としては映画の魅力という意味で納得いっていませんが、ほかになかったのでこれを掲載しておきます。

まず一番皆さんに見てもらいたい映画は、『きっとうまくいく』という映画です。英語のタイトルは『3 idiots』翻訳すると3バカです。

この映画は大学時にであった、主人公(ランチョー)に会いに行くというストーリーをもとにしています。そして、中にその主人公と過ごした大学生活を回想として盛り込んでいます。

インドの現状として、男性はIT系の会社に、女性は医者になるというのが1つの成功という考えがあります。なので、みんな一所懸命勉強し、いかにいい成績を残し、いい会社に勤めるかというのが念頭にあります。家族からのプレッシャーもすごいみたいです。

残念ながら、その成功ルートから外れた場合、その人は人生を閉ざしてしまう人も多いみたいなのです。そんなインド事情がこの映画の背景にあります。

 

しかし、そのランチョーはこう考えます。なんでそんなエリートという成功ルートに行かなければならないのか。親とか世間の意思は関係ない!自分の本当のやりたいことをやるべきではないのか!!と。

そう、彼は本当に大切なことを皆に言いたかったのです。

また、そんな自分を毛嫌いする大学の校長の娘が大雨のなか子供が生まれそうになります。大雨で救急車も来てくれません。そんな中、私利私欲なく今の自分にできることはないのか、どうやったら子供が無事に生まれるのかということを考えます。

まさに、今の自分がやるべきことをみて、今を生きているということです。

こういった生き方は、人間どうも理想は持ってもなかなか難しいですよね。どうしても周りのプレッシャーとか意思に惑わされてしまいます。でも、自分って誰のために生きているんでしょうか。

当たり前ですが、自分のためですよね。そういうことをこの映画ではメッセージとして盛り込まれているのです。

 

神様が行方不明?神や宗教の本質的意義とは。『pk』

次に、これネタにするの大丈夫か?と思うくらいの感じを受ける映画です。それは『pk』という映画。

そのネタは、神と宗教というもの。

主人公(pk=酔っ払いの意味)は、宇宙人で宇宙船でインドに降り立ちますが、盗人に宇宙船のリモコンを奪われてしまいます。宇宙に帰りたいpkはリモコンを探しますが、みな聞いても”神が知ってるよ”とかいうまさに神頼み。なので、pkは”神様、行方不明”と探し出します。

もちろん、神なんてそこらへんにいて、実際に実在するわけではないので、神様にお願いしてもリモコンは帰ってこないわけです。

とここでpkは思うんです。あれ、寺院でお金を入れれば、願いが叶うんじゃないの?なんで、お金取ってくるの?という風に、宗教というものに疑問が生まれます。そうやって宗教はお金を集めて、権威を見せるわけです。神の声聞けますという教祖にお金を払ってしまうのか。

お前の信じている神様ってのは、そんな非合理的なこと言わないよね。おかしくないか。と。こんなことは何も知らない宇宙人だから言えるのであって、信仰する人から言わせればタブーなのでしょう。

 

ここでは、宗教のせいで人間が争ったり、人間が神の代わりになるということは否定しますが、宗教事態に関しては否定しません。悲しい時もあれば、苦しいときもあります。何かにすがらないと心休まないかもしれませんから。

という、普段宗教という当たり前に存在するものに、おかしいところあるよねっていったのがこの映画になります。

 

最後にはめちゃめちゃ感動できる物語になります。

古い仕来りが根付くインドの女性に希望を。『ダンガル きっとつよくなる』

最後に紹介したいのは『ダンガル きっとつよくなる』という映画。

この映画は、実在するひとをもとに作成された映画で、主としてはレスリングの映画になります。実在する人をベースにしていますので、過去のオリンピックとかで選手として出場しています。

 

で、主人公(マハヴィル)はレスリングで世界一になりたかったけどなれなかった。なので、子供にその夢を託そうと子作りに励みます。ですが、産めど産めどみな女の子。

娘たちが男の子に嫌がらせを言われたのでぼこぼこにしたのを聞いて、マハヴィルは娘をレスリング選手にしよう!と決めます。

もちろん娘たちも朝5時からのトレーニング、学校、トレーニングときつく、やりたくない!と思っています。しかも、お菓子も厳禁、遊びも厳禁。しかし、辞めさせないぱぱ。また、周りではレスリングは男のやることだと周りからは馬鹿にされます。

しかし、ある試合に出場することとなり、一番強そうな男の相手に勝てそうなくらいで負けてしまうことで、娘にレスリングの楽しさに火が付きます。そして、紆余屈曲ありながら金メダルを獲得するという話です。

 

ここでインドの事情を確認ますが、インド(特に田舎の農村部)では女性は10代半ばで親が選んだ結婚相手に嫁ぎ、子供を産み育児、料理の家事をするのが当然という考えがあります。それが、映画の同級生(かな?)の結婚式でのシーンで表現されています。そういう決められた人生は嫌なものよ、あなたみたいにそうやって娘のことを考えてくれている親なんてありがたいわと。

また、決勝の前夜、マハヴィルは勇気づけるため娘にこういいます。

”明日の試合は、自分の人生を自分ではどうもできない多くのインド女性のために戦え。女性たちに勇気を与えるために、自分自身で勝利をつかみ取るんだ”

最終的にこの娘の試合はインドに大きな影響を与え、マハヴィルのところにレスリングを学びに来る女性がどっと押し寄せたとエンドロール前にありました。また、最後の試合のシーンはうぉーって叫びたくなります。

こうやって、インドの常識という自分は間違った考え方(いまの社会に適応できていない考え方)を改善できて、いいなーと感じました。

 

日本レスリング協会の公式サイトに映画の娘のギータさんとバビータさんはあの吉田沙保里選手や伊調馨選手とも戦ったことがあるということが掲載されていました。

リンクを貼っておきますので、ご覧ください。https://www.japan-wrestling.jp/2018/02/20/121803/

コンプレックスを打ち壊せ!『マダムインニューヨーク』

この話は、主人公であるシャシが姪の結婚式のためアメリカのニューヨークに行き、そこで出会った英会話教室で学び、コンプレックスをなくしながら女性として自信を取り戻していく物語。

なぜシャシが自信を喪失しているかというと、これもインドの問題でインドでの英語というのは共用語の次に位置する言葉です。なので一般的には使える人が多いのですが、勉強に恵まれなかった人は英語を学ばずに生きているんです。特に、ダンガルであったように早くから結婚してしまうと、主婦としての多忙からそういうチャンスを逃してしまうんでしょう。

そんなシャシが英語を学びたいと思ったのは、もともと父や娘が英語が話せ、お母さんの英語ができないのをバカにされていたからです。家でこそこそと英語で話していて、お母さんにわかるわけないから大丈夫よなんて言っているんです。かなしいですね。

また、初めて来たニューヨークのカフェで注文に時間がかかり、店員も客もイライラさせてしまうということもありました。

で、せっせと貯めたお金で英会話教室を4週間学び。。。というストーリーです。

 

このストーリーにおいて、これは今後の日本でもありうる話でもあります。そして、初めてのニューヨーク(特にアメリカで忙しい街でイライラさせてしまうようです)で、地下鉄の乗り方もわからない、注文の仕方も分からないなんて、旅行者にとっては当然のことです。でも、ちょっとずつ乗り越えていくんです。

自分はいまは多少英語は話せますが、映画のようなスピーチをしろなんて言われたら話せるでしょうか。。。

でも、自分の中で英語といってもしょせん言語。きれいに伝えられればそりゃいいけど、まずは何を伝えたいかを優先して話そう!としているので、単語の羅列でも構わないんです。(ちなみにアメリカ人だって意外と話を聞いてみると間違っていることも多いみたい)

自分も今年の年末には英会話留学をしようとしています。なので、しっかり学び、自分の意見を言えるようになりたいものです。シャシは授業後もDVDをみて英語を復唱していますね。

judgemental

まだまだあるんじゃないのか、インド映画。

インドの映画は世界で見ても1番の映画本数なんですよね。ま、当たりあれば外れもあるように、これだけ多く製作されていればいつかまたいい映画に出会えるでしょう。

今回紹介する映画はこの3本ですが、どれも自分のなかでベストに入るものしか載せていません。

しかも、どれも主人公が同じアーミル・カーンさんという役者。pkでの肉体美は半端ないですね。

 

インド映画は上述の通り、メッセージ性も強く、面白いので、今後もばんばん見ていきたいと思います。また、ベストな奴があれば紹介していきたいと思いますよ。

今注目しているのは、『パッドマン 5億人の女性を救った男』です。この物語は最愛の妻が不衛生なナプキンを使っているのを見て、安くいいものを作れないかという男の物語。タイトル的にみれば、インドで多くの女性を救ったのではないかと推測されます。