老後に不安がありますか?あるのに対策しないひとは、悲惨な老後を夢見ているのですね。

老後に不安がありますか?あるのに対策しないひとは、悲惨な老後を夢見ているのですね。

 

先日、不動産投資のセミナーに参加しました。

なぜ参加したのかといわれると、そのセミナーに“アナウンサー”という文字があったからです。

ほーーーーんとうに個人的な話なのですが、自分はアナウンサーが大好きです。モデルよりも、タレントよりも好きです。

個人的に好みは、フジの生野陽子アナ、グッドモーニングの新井恵理那さん(こっちはアナウンサーではないですが、ニュース番組に出ているということでオッケーにします)です。他のアナウンサーもみなきれいでいいですけどね。

 

なので、あの「夢のアナウンサー」が近くで見れるのか!と申し込んでしまいました。笑

老後の不安はあるのに、対策しないかわいそうな人たち。

ま、アナウンサーが講義していましたが、そこについては多くは触れません。きれいでスタイルもよかったという印象ですね。しかも、アナウンサーというと高飛車な印象ですが(本当はそうなのかもしれませんが)、フレンドリーに話しかけ、応答も反応が早いなー。さすが、アナウンサー!!と思いました。

ただ、不動産投資の内容としてはもう知っていることばかりで、初心者向けって感じでしたね。自分はどういうエリアで、どういう狙いで、とかそういう話を聞きたかったです。また、所有する一棟アパートをなぜ自主管理するのか疑問でした。(あと年齢も)

 

で、講義の中で”老後に不安を感じるかどうか”という調査した結果を見ました。結果として、どの年齢層も80%くらいの人たちが不安を感じていると答えたようです。

また、”不安を感じているなか、対策はしているのか”という質問に対して、結果は大半がしていないという答えをしています。セミナー参加者にもこういった質問をしましたが、全員が手をあげる中、自分は手をあげませんでした。

 

つまり、まとめれば『老後になんらかの不安を感じているが、対策はしていません』というのが世論だそう。

 

自分はこの結果を見て、不思議に思ったのです。というか、このブログを読んでいる人も不思議に思ったかもしれません。

 

”不安なのに、どうしてなにもしないの?”と。

 

例えば、明日人生をかけたテストがあるとします。センター試験でもなんでもいいでしょう。まだ、時間は午前7時。テキストや条件は整っています。

さて、あなたはどういう行動をしますか?

 

当然ですが、勉強しませんか。別に人生をかけなくとも、中間テストでも勉強くらいはしますよね。受かるか不安だから、合格できるか不安だから、勉強するのですよね。逆に不安でなければなんにもしないでしょう。

 

これと一緒なのに、将来の不安に対しては勉強しないのはなぜなのでしょうか。

 

人生と考えると、超長期的で想像できないからでしょうか。人間はそういう生き物なので。

 

でも、そうやって行動せず、先延ばし先延ばしにしていればいつか後悔するでしょう。

 

逆に、自分のように勉強していれば、ある程度最大の悩みであるお金の見通しができ、老後の不安というのは健康くらいになると思います。今回、退職こそしますが、自分は将来を見通せたから全員が手をあげようと、自分は手をあげなかったのです。

では、どうしたら、老後に不安を抱かなくて済むか。

答えは、投資をする。自分の事業をする。です。

 

投資をすることで、労働所得のほかに、収入元ができます。そうすることで、安心できます。もし不労所得が月20万円あれば働かなくても済むかもしれません。

 

投資をすることで、人生において選択肢を増やすことができます。

株は証券口座を開設してしまえば、誰でも投資できますから障壁は低いです。

 

また、自分の事業をする。つまり、自分の商品を作るです。

商品を作るというのは、このようなブログであったり、YouTubeでもいいです。もちろん、裁縫でも、自分の得意とするものでも構いません。そうすることで、これもまた別の収入になるのです。

 

まず、なんでもいいからやってみましょう。この文章を読んでも行動しなければ対策をしていないのと同じです。

 

あなたは、悲惨な老後を夢見ていますか?

 

投資するならお金の扱い方も大切です。5年間で1000万円貯めた自分が貯め方、教えます。

[nlink url=”https://try-try-fly.fun/asset-10million/”]