【だけどお得かどうかは。。。】泉佐野市4月もふるさと納税受付継続!

スポンサーリンク

政府に反発する泉佐野市!!

泉佐野市と政府がふるさと納税を巡って日々攻防を繰り広げています。

ふるさと納税というお金を集めるべく各自治体は、例えばギフト券や地場産でないものなど過度な返礼品を提供し問題になりました。

 

政府はふるさと納税の寄付金に対し30%の返礼品、かつ、地場産のものと言う条件を突きつけています。この条件を満たさないのなら、それはふるさと納税として認めないとしています

 

 

そんななか、泉佐野市は2.3月にラストスパートをかけるため、寄付金に対して更にアマゾンギフト券10%・20%を提供するというチャレンジングなことをしました。
ただ、政府もふるさと納税として認めないのは直ぐではないのでこれは問題ないと自分は考えています。
がしかし、泉佐野市はここで留まらなかった。

4月もキャンペーンを継続することを発表!

スクリーンショット (550)

 

ただ、この条件がビミョーです。
やってるけど、オススメはしないよ。そして、別のおすすめな方法があるよという話をしたいと思います。

 

泉佐野市のサイト「さのちょく」で納税するなら、楽天市場でしろ!

4月のふるさと納税として、寄付金に対して20%のアマゾンギフト券を送ってくれます。

 

ですが、ここで問題。

 

それには15,000円のふるさと納税をしなければならないということ。通常1万円で買えるものを1.5倍で購入しなければならないということ。

 

Screenshot_20190403-000619

この商品はさのちょくで15,000円で購入できます。

 

しかし、同じ商品が1万円で楽天市場でも販売されていました。

スクリーンショット (549)

 

 

こう考えればさのちょくで購入した場合、15,000円支払い。返礼品+3000円分のアマゾンギフト券が手に入ります。つまり実質12,000円支払って返礼品を手に入れたのと同じです。
しかし、楽天市場なら1万円支払い。1万円の支払いで、返礼品+楽天ポイント(最低100pt)が手に入ります。(自分は通常購入+楽天カード決済+楽天銀行引き落とし+楽天アプリ+楽天証券で、楽天ポイントが600pt最低入ります)

 

楽天ポイントを換算せずとも、楽天市場のほうがお得なのは間違いありません。

ですが現在、楽天市場でのふるさと納税は販売期間外のため、利用はできません。しかし、もしかしたら再度販売を再開するかもしれませんので、その時は利用しましょう!!

楽天市場で復活することを祈るのみです。

ただ、唯一のメリットとして配送時期を選べること。これに尽きると思います。ふるさと納税っていつ届くか分からないので、今年のふるさと納税の管理はしやすくなりますが、プラス2000円払ってまでのメリットはないでしょう。

スクリーンショット (551)

発送してほしい月を選択して、購入できます。

自分は先日手に入ったau WALLETプリペイドカードを利用して、再開したら楽天市場でふるさと納税しようかなと考えています。楽天カードを利用しないのでポイント還元率は下がりますが、au WALLETの使い勝手が悪いので。。。

[nlink url=”https://try-try-fly.fun/auwallet-bestchoise-furusatoamazon/”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました