【買えなかったけど学べた知識】住宅ローンの比較検討してみる。

【買えなかったけど学べた知識】住宅ローンの比較検討してみる。

買えなかったけど、得られた知識もあった。

66f18098ce909ab8cfd6fff1f27247e9_s

以前、マイホームを購入しようと思っていました。1400万円を1260万円にまで交渉することに成功し、いざ住宅ローンの審査で終わりだというところで、ほかの人がより高い金額を提示し終了しました。それについては下記のリンクに記載しています。

しかし、買えなかったからと言って、すべて終わったわけではありません。
そして、住宅ローンについていろいろ調べ比較するいいきっかけになりました。それはそれでよかったなということです。

[nlink url=”https://try-try-fly.fun/cant-buy-myhome/”]

仮審査の結果を追加で載せています。

 

住宅ローン比較検討。


住宅ローンは、大体、年収の8倍までの金額で融資
してもらえるようです。

住宅ローンを組むのに、必要なお金は、
「 物件費用 + 、不動産屋さんへの費用 + 金融機関への費用 」の3つに大方分かれます。

物件費用や不動産屋さんへの費用は、選ぶ銀行によって変動はしませんので、
住宅ローンについてと金融機関への費用を比較していきたいと思います。

年収の比較


「 ネット銀行 > 都市銀行・地方銀行 > フラット35 」
の順に、年収の基準が緩くなる
ようです。

ネット銀行は、相手と面接等しないので、年収が低い方だと難しいみたいです。
ただ、その代わり、年収が一定あれば、金利もトップレベルで低かったです。
逆に、フラット35は、年収が低くても審査をしてもらえるようですが、金利が高めです。

諸費用の比較

諸費用は、不動産屋さんと金融機関への契約にかかる費用を指します。
この諸費用は、物件価格の10%を見込んでおくといいのではないのでしょうか。

で、金融機関によって、この諸費用も住宅ローンと同じ金利で貸してくれる金融機関もあります。
私は、不動産投資家ですので、手元の現金を減らしたくありません。
なので、この諸費用もローンで借りたいということです。

投資家でなくとも、お金を借りるということはいいことであると思います。
100万円借りたとして、金利は0.5%で計算すると
返済金額の「元金 + 利息」の利息が、月400円程度なんです。

100万円貯めるのに、どれだけ皆さん時間かけますか?1年ですか、2年ですか?
お金を借りるということは、この時間の節約ということにつながります。

例えば、写真家になりたいという人がいたとします。
いいカメラが欲しくて、それが100万円したとします。バイトで貯めたとしたら1年かかる。
あなたは、バイトで1年間待ちますか?
それとも、
あなたは、借金をして写真家になる夢をすぐ追いますか?

後者を選んだ場合、利息はそのカメラを購入するという時間を短縮したということです。

やりたいのなら、早く始めてさっさと利息分、利益を上げられるように頑張ればいいじゃないですか!
と、わたしは思います。

で、話を戻しまして、
銀行によって諸費用込みで融資してくれる場合があります。
都市銀行とか、じぶん銀行、イオン銀行などなど。

金融機関への諸費用の比較

金融機関への諸費用として、大体
「 事務手数料 + 保証料 」が、異なってきます。
(登記費用とかは、紹介される司法書士によって変わりますが、登記自体に料金は変わりありません)

・事務手数料は、ネット銀行が『物件価格の2%(今回は30万円程度)』都市銀行等が『3万円』というイメージです。
なかには、新生銀行やソニー銀行、イオン銀行もネット銀行ですが、数万円というのもあります。

・保証料は、ネット銀行は『0円』都市銀行が『30万円程度』といイメージです。
(都市銀行の場合の数値は、今回の私の場合ですので、物件によって異なります。)

なので、この二つをトータルすると、大体同じくらいに落ち着きます。

ですが、であればなぜ2つにわかれているのかということになります。

この2つの違いは、仮に売った場合返金されるかどうかということです。

事務手数料は、契約にかかる手数料ですので、払ったら返ってくることはありません
保証料は、支払いに問題なければ、返済途中で売った場合でも返ってきます

なので、私はそんななに長く住むつもりもなかったので、
保証料という支払い方のほうが、結果安く済むと考えました。

なかには、新生銀行や、ソニー銀行は、この2つの支払いが安いです。
2つ合わせて、5万円とかなんですが、諸費用は融資してもらえないということで
私の中では除外しました。

以上が、住宅ローンで調べた結果のまとめになります。

仮審査結果

物件価格1260万円、諸費用120万円(物件価格の10%)を住宅ローンの申請に記載しています。

・ じぶん銀行 1380万円

・ イオン銀行 1320万円

・ 三井住友銀行 1380万円

・ みずほ銀行 1050万円

・ ソニー銀行 1260万円

一応、融資審査をした結果となります。
金利は比較していませんが、銀行によって諸経費を含めたりそもそも物件価格を下回ることもあるということですね。

大きなお金を借りるのですから、こういうところを業者に任せたりせず、自分で行動していくといいと思います。