運用中のループイフダン成果報告(12月)

運用中のループイフダン成果報告(12月)

ループイフダンの12月の成果を報告します。

現在の運用状況

現在運用しているのは「米ドルBuy 50」を7000ドル、「Sell 50」を2000ドル運用
そして、「豪ドルBuy 40」を2000ドル、「Sell 40」を1000ドル運用していました。
ただ、下旬に入り豪ドルの円高が進んだため、「Sell 40」は中止しています。

 

 

FXの利益について

米ドルが50セント(=0.5ドル)円安になると利益が確定されます。
例を挙げると、1000ドル分を1ドル100.0円の時購入したとします。

その後、1ドル100.5円になったとき1000ドル分を売却したとすると
1000ドル✖(100.5円ー100.0円)=500円の利益が確定したことになります。

また、日本は近年、超低金利で0.1%を推移していますが
アメリカは上昇し2%を超える金利で推移しています。

あくまで日本円で米ドルを購入している以上、この金利というものも受け取れます。これをスワップポイントといいます。大体今だと1000ドルあたり一日7円程度ですかね。

 

 

運用結果

スクリーンショット (211)

 

今月はスワップを含め、合計43,273円の利益(44,009円+ー736円)が出ました。

このループイフダンを始めてから大体1000ドル運用すると
月5000円の利益が出るということがわかっているので大方予定通りです。

 

決済状況

ループイフダンを始めたころは米ドルのみでしたが最近豪ドルも運用開始しました。

というのは豪ドルのほうが効率的に運用できるのではないかと思ったからです。

ということで、今月は米ドルが43回決済、豪ドルが35回決済しました。

米ドルが9000通貨、豪ドルが3000通貨なので
1000通貨当たり米ドルが4回、豪ドルが11回ということになります。

豪ドルとして13,000円の利益で、米ドルが30,000円の利益なので
運用通貨数で比較すると豪ドルのほうが効率的なのかもしれません。

豪ドルのみで運用したら単純計算で52,000円の利益だったかも。。。

ただ、今月は豪ドルの急激な上昇(83円まで)と下落(77円くらい)の変動が激しいから利益が多かったのかなとも思えます。今後も注視していきます。

 

FXは怖いというが。。。

FXはよく資産運用の本とかで取り上げられますが
危険度MAXというような扱いです。投資信託は危険度が低いと思わせ推進したいのでしょうか。

ただ、投資信託も危険度は低いわけではなく
今年の株価下落によって自分の投資信託なんて軒並み15%マイナスですからね。

FXが危険というのは高いレバレッジをかけたが故、相場が大きく変動し
ロスカット(強制決済)され資金がなくなるということだと思います。

これは単純に資金管理不足であるが故です。

ループイフダンの資金管理についてまとめました。
自分は20円下落しても耐えられる資金管理をしています。
米ドルなら90円くらいなら全然耐えられるようにしているのです。