運用中のループイフダン成果報告(2019.1月)

ループイフダンの1月の成果を報告します。

現在の運用状況

現在運用しているのは「米ドルBuy 50」を7000ドル、「Sell 50」を2000ドル運用中です。
豪ドルはいったん中断しましたが、1月末に入金したんで再度Buyで再開しようと思います。

 

 

FXの利益について

米ドルが50セント(=0.5ドル)円安になると利益が確定されます。
例を挙げると、1000ドル分を1ドル100.0円の時購入したとします。

その後、1ドル100.5円になったとき1000ドル分を売却したとすると
1000ドル✖(100.5円ー100.0円)=500円の利益が確定したことになります。

また、日本は近年、超低金利で0.1%を推移していますが
アメリカは上昇し2%を超える金利で推移しています。

あくまで日本円で米ドルを購入している以上、この金利というものも受け取れます。これをスワップポイントといいます。大体今だと1000ドルあたり一日7~8円程度ですかね。

 

 

運用結果

スクリーンショット (243)

今月はスワップを含め、合計30,677円の利益(27,176円+3,501円)が出ました。

1月3日にフラッシュショックが起こり豪ドルの損切設定が発動し、大きくマイナスになっています。そのため、今月の利益は少なめです。大体3万円くらいの損切でしたので設定さえ間違っていなければ、こういうことにはならなかっただろうと思います。なければ6万円の利益だった。。。

しかし、もし損切を起こさずにロスカットとなっていたらと考えると、

生き延びただけでも十分良かったと思います。
損切の設定の重要性と、FXの急激な変動を初めて受けました。

[nlink url=”https://try-try-fly.fun/flashcrash-2019-1-3/”]

しかし、アイネット証券のすばらしさを垣間見れたのも事実。
決済が行われなかったものを振り返り利確してくれるという好対応。そのおかげで4日に利益が膨らんだ形になります。

[nlink url=”https://try-try-fly.fun/loopifdone-good/”]

FXは怖いというが。。。

FXはよく資産運用の本とかで取り上げられますが
危険度MAXというような扱いです。投資信託は危険度が低いと思わせ推進したいのでしょうか。

ただ、投資信託も危険度は低いわけではなく
今年の株価下落によって自分の投資信託なんてまだ10%マイナスですからね。

FXが危険というのは高いレバレッジをかけたが故、相場が大きく変動し
ロスカット(強制決済)され資金がなくなるということだと思います。

これは単純に資金管理不足であるが故です。

ループイフダンの資金管理についてまとめました。
自分は20円下落しても耐えられる資金管理をしています。
米ドルなら90円くらいなら全然耐えられるようにしているのです。

[nlink url=”https://try-try-fly.fun/loopifdone-asset-management/”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました