【これさえ管理できれば楽に稼げる!】ループイフダンの資産管理

現在、ループイフダンを併用しつつセミリタイアを目指しております。

で、自分がどのように資産を管理しているのかお話ししたいと思います。ちなみに、現在は米ドルが7000通貨、豪ドルが2000通貨運用しています。

スポンサーリンク

資金管理の重要性

ループイフダンを運用するにあたって一番重要なのは、資金管理といっても過言ではありません。

 

というのは、ループイフダンは下がってもいつか戻る、上がってもいつか戻るということで利益を確定していく投資方法だからです。

ひたすら、ナンピンをしていく方法になるわけです。

ナンピンとは、買い建てた後に価格が下落した場合、下値で買い増しすることで、1株あたりの買い値(平均取得価格)を下げる手法である。 引用 https://ja.wikipedia.org/wiki/難平

なので、いつかは戻るからと思い通貨を持ち続けるわけです。

となると、いつかは上がると信じてナンピンしたけど、ずっと下がり続ける。。。ということがあり得ます。

そして、いつのまにか資金がマイナスになり、自動的に決済され資金が0に。ということになりかねません。

でも、資金さえあればいつか戻ります。そうなれば、プラスに転じるわけです。そう考えれば、自分の予想した方向に為替が変動しないときはいつかの利益を蓄えているというように自分は考えています。

だから、自動決済されないように資金を管理することが重要になるのです。

目安資金管理

ループイフダンのホームページにはありがたいことに各通貨運用するのに、いくら必要なのかを記載してくれています。
ループイフダンの目安資金表

スクリーンショット (174)

自分が運用している米ドルBuy50 1000通貨を見ると、21万円あれば10円の円高まで耐えられますということ。1万通貨なら210万円あればいいというわけです。

これが仮に、10円以上円高が進み21万円の資金だと資金が0円になってしまいます。もし15円までの下落なら387,500円、20円までの下落なら615,000円の資金が必要です。

ただ、いくら下がるかもと心配し資金をどんどん継ぎ足しても資金効率が悪いです。(例えば、米ドル1000通貨運用する際、300万円あれば50円の下落まで耐えられます)

なので、どこまでがいい効率なのか検討しなければなりません。

資金1/3の運用法則

まず、過去の通貨の変動を調べます。

スクリーンショット (175)


例えば、米ドル。一番円高だったときは2012年、1ドル75.5円です。一番円安だったのは1998年、1ドル125.8円ということがわかります。

今回考えるのは、米ドルのBuyなので円安に関しては常に利益になるので資金管理には影響しないと考えます。(影響はありますが、今回は検討しません)

しかし、円高には資金管理が必要なので検討します。自分の印象としては、75円というのは今後ありえないということもないですが、円高が進んでも90円程度なのかなという風に考えています。

なので、今113円程度なので、20円の円高に耐えられるようにという風に考えました。

先ほどの20円の下落には60万円必要ということでしたので、自分の資金には60万円あればベストととらえます。

しかし、常にループイフダンに資金を入れていては効率が悪いので銀行に入れています。
ループイフダン運用20万円、銀行40万円のように。もし、20万円でも10円の円高には耐えることができます。でも、10円以上の円高も考えられるので、その時は銀行から入金すれば対処できると考えています。

注意 1月3日に起きたフラッシュショックを考えると、入金すればいいだろうという考えはあまりよくないと思いました。入金しようと思う前に決済されるからです。

これが、資金のうち1/3を運用する、資金1/3の運用法則とします。
こう考えれば、ある程度FXは危険だとか言われますが安心して運用できると思っています。

こちらは豪ドルの推移。2008年に55円になっています。

スクリーンショット (176)

自分は米ドルが7000通貨、豪ドル2000通貨運用しています。そう考えると、共に10円の円高でざっくり160万円必要で、20円の円高には570万円必要です。

今運用している資金は180万円なので、570-180=390万円の余裕資金があれば安心して運用できるととらえています。まぁ、これでも余裕をもってやっているのでその400万円はもったいない!と思う方もいるとは思いますが自分の今までの運用結果から、1000通貨で米ドルBuy50を運用すると年間6万円の利益が出ています。

1000通貨のみ運用するとなれば、10円の円高に耐えるだけの必要資金は20万円。
20円の円高に耐えるだけの必要資金は60万円。利益が6万円で、資金が60万円と考えると年間利回り10%となるので素晴らしい結果じゃないかと思うんです。これでも十分じゃないかって思っています。

予備資金はどうする?

確かに予備資金をただ銀行に預けているだけではもったいない。

銀行だと、楽天銀行が一番金利が高く0.1%。400万円預ければ年間4000円。外国債券ETFが利回り3%。年間12万円

しかし、資金が必要な時は円高が進んだ時なので、外貨で持っていると円に変えたとき安くなってしまうので、✖。と考えると、いざというときいつでも使える資金として考えるので、銀行がいちばんなのかなぁと思います。円高の時利益が出る投資先、もっと検討が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました