【メルカリ帝国を作るのか?】メルカリ、売上の出金を有料化。

スポンサーリンク

こんなメールがメルカリから来た。

スクリーンショット (535)

要約すれば、メルカリの振り込み申請を4/23から有料化するよということ。

いままでは1万円以上の出金であれば、無料でした。これからは関係なく有料ということになります。

1万円出金するのに200円かかるとすれば、2%の損失になります。これは一見小さいものですが、積みあがっていけば大きなものになります。例えていえばATMと一緒でしょう。

であればメルカリのこのような対応に対して利用者は3つの対応策があります。

1、メルカリを利用しないで、ラクマやヤフオクに移行する。

そもそもメルカリは商品が売れるたびに10%の手数料を取っています。これかなり大きい金額だと思いませんか?自分は本を読んでは売りを繰り返していますが、まー10%は重いですよ。それに送料も加えれば20%くらいの負担になります。でさらに出金に手数料を取るとなれば、うーんとなります。

ラクマは楽天が運営するフリマアプリですが、手数料は3.5%とかなり低め。1万円のものが売れても350円ですからね。これに移行するというのも一個の方法であると思います。

しかしデメリットとしてラクマは市場があまり活発ではないこと。つまり利用者が少ないため、売買があまりされず売れ残る。。。なんてこともあります。自分は人気の商品はラクマで売るようにしていますが、人気でないものはほとんど売れませんね。

2、売り上げをずっと貯めておく。

売上を出金するから手数料がかかるのであって、出金しなければ全く問題ありません。
先ほども言った通り1万円を出金すると200円と2%の手数料ですが、100万円の出金なら0.02%とこれならほとんど誤差くらいになります。

メルカリアプリのメルペイに支払い用口座を登録すれば、振り込み申請期限がなくなるのでずっと貯めることができます。

3、メルペイを利用する。

スクリーンショット (536)
メルペイ - メルカリアプリでかんたんスマホ決済・QRコード決済
「メルペイ」は、フリマアプリ「メルカリ」を通して、全国のお店で利用できるスマホ決済サービスです。「メルカリ」アプリをご利用のお客さまは、「メルカリ」上での取引を通じて保有している売上金を、全国の加盟店で利用することができます。

メルペイという決済方法を使うことで、売り上げ金を支払金に充当することができます。メルペイとは今いろいろあるPayPayやLINEペイ、楽天ペイなどの一種ですが、メルペイはネックな部分があります。

それはスマホを使った決済なのには変わりありませんが、iPhoneのApplepayか、アンドロイドのおサイフケータイが必須になること。ほかの決済ならバーコードでいけるのですが、この支払方法を限るのはとてもネックであります。自分なんてアンドロイドですがおサイフケータイはついてないので利用できません。

逆にメリットとしては、iDの支払いができるということ。Applepayとおサイフケータイによる支払いはiDによるものなので、支払える店舗は多い印象です。まだまだほかの決済は新しいので普及に時間がかかっていますが、iDなら既存のものなので企業としても導入にコストがかかりません。

 

なぜ、メルカリはこんなことをするのか!

0a287e186211bceff132adb02e0954be_s

ここでふと疑問ができました。なんでメルカリはこんな利用者にデメリットとなるようなことをするのかと。こんなことをすれば(200円というコストを気にする人は多くはありませんが)利用者は減る可能性だってあるはずです。メルカリは減らないと見込んでやっていますし、このあと自分が思うことのほうが見込みがあると考えているからでしょう。

ではなぜそんなことをするのか。

自分が思うにメルカリという中古市場を金融市場にまで広げていきたいと構想しているからではないでしょうか。

まず、メルカリは中古市場で大きくシェアを伸ばしました。中古のものを個人間で手軽にやり取りできるように。そうすると買った人が売り、それを誰かが買い、またそれを売り。。。という流通ができます。

そしたら次はメルカリはその売り上げをどうするかということを考えたはずです。もちろんメルカリ内で利用してくれれば今までと同じように、売り上げとして利益が得られていました。
その売り上げを日常の買い物に利用してもらえれば、企業から決済手数料として利益が得られます。そうなればいままで出金してきたよりも利益が大きくなります。

また、新たにメルペイで購入したものをメルカリに売り、、、となればさらに大きな循環になるでしょう。

 

8f991c0a833c1278d9a4e07cd6d16405_s

また、対応策2のように貯めておくという選択肢もメルカリにとってはメリットとなります。
それはそのお金を自分たちで運用することができるから。仮にそのお金を銀行に預けておけば微々たるものですが利息が入ります。また、これはうわさでしかないですがメルカリは金融に手を出そうとしているということも聞いています。

なので、そのお金を貸し付けたり、信用力のある人にはメルカリ内にてお金がなくとも購入できるなんてことも可能になるでしょう。

そのためメルカリは今回の発表のとおり、できるだけ出金されることなくするようにしたということになります。

とはいっても、自分としては1で行きたいかなと思います。正直家に物がないので、ほとんど売るものがありません。と考えればあとはラクマでも十分かなと。なので、メルカリは買う専門になるかもしれませんね。

あとは今まで通り、ラクマでは人気なものを売り、メルカリでは人気ではないものを売りそれは長期的に貯めておくというものがいいでしょうね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました