【朗報!】マネックス証券の米国株の最低手数料が0.1ドルに引き下げ!!これは他社も追従するか?!

スポンサーリンク

マネックス証券の最低手数料が0.1ドルなので、最低22ドルからと参加しやすくなります。

なんと朗報です!マネックス証券の外国株手数料が最低5ドルだったところ、0.1ドルに7月8日(現地取引時間)になります。

すごいですね。0.1ドルというと11円程度ですから。

それに対し、自分が利用しているSBI証券や楽天証券は最低5ドルですから、かなり引き離されたといっても過言ではありません。

自分としてはこの手数料は今後、SBI証券や楽天証券も同じか近い形になると思います。やはり手数料というのは結局差が出れば収束するでしょうし、しなければ顧客が減っていくでしょうし。

なので、今後同じ条件になると見込んで、いろいろ計算してみたいと思います。

ダウ指数最高値!最低取引手数料を0.1米ドルへ! 
マネックス証券の米国株取引では、これまで最低取引手数料5米ドル(税抜)にてサービスをご提供してまいりましたが、このたび最低手数料を0.1米ドル(税抜)へ大幅に引き下げいたします!主要ネット証券の中では最安となり、これまで以上に低いコストでのお取引が可能となります。

そもそも、今回のマネックス証券の手数料はどんな感じなのか改めて確認。

今回のマネックス証券の手数料変更について、まずまとめてみたいと思います。

まずベースに、取引手数料が”約定金額の0.45%(税抜)”というもの。

これは、1万円の約定金額であれば45円ということになります。計算としては『約定金額×0.0045』になります。

そして、手数料の上限と下限が決められており、下限が今回変更になった0.1ドルで、上限が20ドルということになります。

 

いままで最低手数料が5ドルだったので、先ほどの1万円の約定金額であれば本来は0.45ドルなのに、最低手数料の5ドルが適応されますので手数料が割高になってしまうのです。

実際に計算してみると、最低手数料が5ドルでしたから約定金額が1111ドル(12万円)くらいないと手数料が割高になってしまうのです。

しかし今回の変更により0.1ドルになったので、逆算すれば22ドル(2000円ちょい)が最低ラインになります。これをみるとかなりハードルが下がっているのがわかりますね。

しかも、米株は日本株と違い1株から購入できますので、いかに米株に手が出しやすい世の中になったかと感じますね。(もちろん日本株も1株から買えますが基本ではないので除きます)

他者との比較すれば、一目瞭然でしょう。

 

今回の変更により、例えば米国最大手の通信会社AT&Tという会社の株が34ドル程度なので、毎月こつこつと購入することも可能なのです。自分の利用するSBI証券は1111ドル以上でないと手数料が大きくなるので、10万円くらい貯めてから買付になります。

グラフにして、わかりやすく比較してみました。

今度はグラフにして、視覚化してみました。

今回の変更に関しては、最低手数料が変化しただけなのである約定金額を超えると一致します。それが先ほどから言っている1111ドルということになります。また、上限も変更ないので大体4450ドルくらいで一定になります。

では、次に1111ドルまでの違いを見ていきましょう。

当然ですが、ここが一番の変化になります。手数料5ドルのと比較して差が歴然ですね。50ドルから100ドルの間でくいっと変わったのは数値の幅が変わったからで、精密にやればこんなことになりませんので心配なさらずに。

上述の計算上、0.1ドルの手数料にするには22ドルなのでそれ以上の約定金額は欲しいところです。

SBI証券や楽天証券も追従するんじゃないでしょうか。

今回のマネックス証券の手数料変更は、今後他者であるSBI証券や楽天証券でも追従すると思われます。そのため、自分は継続SBI証券を利用したいと思います。

しかし、それがいつになるのかわかりませんし、もし今後外国株投資をしたいのであれば、マネックス証券で始めるのもありかなと思います。

それはマネックス証券の外国株の取扱量が多いからです。マネックス証券は米株3000銘柄を超えますが、SBI証券は2000銘柄程度です。取り扱い銘柄が多ければいいってものではありませんが、いざ欲しい銘柄を決めたときに取り扱いなければ断念せざる負えませんから。

かといって、SBI証券も主要なものは十分ありますので問題ありませんけどね。

 

変わらなかったら、自分も切り替えるしかないのかもしれませんね。っていう人がいるでしょうから、追従するといっているんです。

個人的にもしSBI証券でも同様になったら、欲しい株を毎月定期的に1株ずつ購入するのもありかなーと思ってます。そうなればいちいち10万円貯まるまで待つ必要もないし、定期買付により管理が楽になりますから。

もし、日本株を1株ずつお得に買いたいのであれば、SBIネオモバイル証券がおススメです。月に216円の手数料が取られますが、200円分の株購入に利用できるポイントが手に入るので実質16円で利用できます。

[nlink url=”https://try-try-fly.fun/sbineomobile/”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました