若い時からお金のことを考えていないと今後の人生苦労します。

若い時からお金のことを考えていないと今後の人生苦労します。

セブに留学する前に自分は実家へ引越ししました。そしたら、妹が初めてのクレジットカードを作りたいということで相談してきました。ま、自分の大学生の時からの専門分野なので丁寧に答えました。どういうところで普段買い物するのか、どういった還元方法(キャッシュバック、ポイント、マイルなど)がいいのか、還元率がいいほうがいいのか。還元方法は簡単なほうがいいのか、選択肢があったほうがいいのか。年会費は払うのか。といったことを聞きました。

結論として、還元率が高く、ポイントではなくキャッシュバック、年会費なしということでした。

なので、自分の中でどれがベストかなーと考えたところ、REXCARDがいいんじゃないかって薦めました。REXCARDは年会費は無料、還元率は1.25%、還元方法はキャッシュバック。

ほかにもリクルートカードだったり、P-ONEWIZカードもあったりしたんですが、還元率の面やKyashと連携できるかという点で、REXCARDにしました。

 

ま、そんなこんなで妹は申し込みしたんですが、審査の結果は通過ならず。。。(社会人として給与をもらっています)

 

自分もそんな結果になるとは思っていませんでしたが、27歳で初めてのクレジットカードを作るということで思い当たる節がありました。

 

それは、若い時から(別に27歳が若くないということではありません)クレジットカードを使っていなかったということ。

クレジットカードというのは、英語で言うとCREDITになります。この英単語の意味は、”信用”なんですね。つまり、クレジットカードというのは信用されているから、使っていいよーっていうもんなんです。なんで、信用ならない人。例えば、支払いの遅延をしたり、借金がたくさんある人っていうのは信用がないので、作りにくいということ。

あなただってお金貸すなら信用のある友人を選ぶでしょ。ホームレスにじゃあ貸しますんで次のとき返してくださいなんて思わないですよね。それは貸すではなく、ギブになります。

クレジットカードは、18歳(高校生を除く)というのが大概です。つまり、18歳から作れるものなのです。なんで、27歳になると比較的作るのは遅い部類になるわけですね。

 

クレジットカードというのは、先ほども言った通り信用ですから、早くから作ったほうがいいんです。そうすればクレジットヒストリーという履歴書ができ、”あーこいつはしっかり返済してくれる人なんだな”ってなるんですわ。

ちなみに自分は今のところ17枚クレジットカードを発行したことがありますが、一回も落ちたこともありません。最初は一番信用のあるときである大学生。なぜ大学生の時が信用あるかというと、自分の稼ぎではなく親の稼ぎ(クレヒス)も参考にされるからだと思います。いざとなったら親が返してくれるだろうと。なんで、当時は限度が10万円でした。そして、妹が発行できなかったREXCARDを2枚目のカードとしても発行できました。よくわかりませんが、信用が高まると限度額を勝手に上げられ、一時期は300万円まで利用できました。ま、いらないんで100万円まで下げてもらいましたけど。

 

つまり、妹と自分はクレジットカードという1つの金融知識に対してどう向き合ったかという違いで、得できる人とできない人なのかという差が簡単についてしまったのです

クレジットカードだけじゃない!人生にお金への知識は必要です。

今年年金2000万円問題として、金融庁が発表して大きな問題になりました。

簡単に言えば、今後年金をもらって生活していくだけではお金が足りないですよということを世間に発表したんです。これは単純に言えば本来老後を賄ってくれるという年金がもう無理なんです、自分たちでもお金を準備してください!と政府が宣言したのと同じなわけです。

ただ、多くの日本国民はてっきり年金があるから安心して老後は暮らせるぞ!と思い込んでいたあまり、この発表は大きな衝撃となったんです。だって、年金ひいては政府を信用していたから。

なぜこんなことを発表したかといえば、国民に今後は自分たちでも資産形成をしていこう!だから、自分たちはその制度を設定したからそれを利用してねっていうことなんです。それがiDecoやNISAということなんです。

中田さんがそういう学校で教えてくれないお金の話をユーチューブでしてくれています。

今後はマネーリテラシーがないひとは、終わっていく世の中です。

年金2000万円問題を考えれば、もう政府なんて言うのは信用しすぎてもダメなんだってことは自明なことです。

で、あなたはどうするかということになります。

 

しっかりいまからでもお金のことを学び、安定した自由な生活を送るか。

 

それとも、

 

難しいからいいやーと頭を使わず、感覚的に行動して、貧しい老後を送るか。

 

ま、こういうことを聞けば、絶対前者!ってなるんでしょうけど、実際は動かない人が多いんで結局は後者になるんですが。。。

 

今回はクレジットのことを取り上げましたが、お金のことはそれだけではとどまりません。例えば、年金、税金、光熱費、携帯料金、持ち家か賃貸か問題などなど考えたらきりがないです。

でも、ドラゴン桜の桜木先生が話していた言葉を鑑みればわかります。

社会のルールっていうやつはすべて頭のいい奴が作っている。つまり、社会のルールは頭のいい奴の都合のいいように作られているんだ。

ドラゴン桜1巻より

考えたらきりがないですが、なにか1つでも考えることが大切です。別になんだっていいんですよ、電気の自由化が始まって数年経過していますが、ネットで見直しをして比較してみることで安くなることがあります。自分は月に1000円くらいになりましたし(30Aで)格安SIMを使うっていうのもいいです。

 

極論として言えば、日々の生活に疑問を持つことが重要になってきます。あれ?もっと安く利用する方法ないの?持ち家のほうがいい?なら戸建てなの?でも、戸建てって資産価値が22年でなくなるんだよね。とかね。(この話はコアですが)