【買い方を最初から解説!】Open Seaで、初めてNFTを買いました。on Polygon

はい!ほしけんです。

今日は、夜に記事を更新でございます。

 

どうしてか、それは、ついにNFTを買ったのです!!

なんだろう、率直な感想。。。ワクワクしているでしょうか。

 

なんで、その気持ちが出てしまって、夜に記事を書こうと思ったんですね。普段なら、本を読んでいます。

ということで、さきに購入したNFTを公開しておきましょう!

変哲もない。。。なんて言わないでください。自分ももっとかわいいのとか、ふざけているのを欲しかったんですけど。これにしたんです。

 

先にOpen SeaでNFTを購入する手順をざっくりまとめておきます。

1、Polygonに、ETHを連れてくる。

2、Open Seaで気に入ったものを探す。

3、NFTを買う。

 

ということで、Open Seaで実際に買ってみた流れを解説してきたいと思います。

スポンサーリンク

Open SeaでNFTを買うという、未知の世界へようこそ。

Open Seaというのは、NFTを売買できる場所と考えましょう。世界で一番取引がされているプラットフォームです。

なので、一番多くNFTが販売されています。ただ、これは逆に選ぶのが大変なんですけどね。。。

さらに、イーサリアムネットワークがメインとして使われていますが、お財布にやさしいPolygonネットワークも対応しているというありがたさ。自分もPolygonネットワークで購入しています。

では、買い方の流れを解説します。

1、PolygonネットワークにETHを連れてくる。

このNFTを購入するには、PolygonネットワークにETH(イーサリアム)を連れてくる必要があります。

なので、メタマスクというウォレットが必要になってきます。同時に、Polygonネットワークの設定も行いましょう。

詳しいやり方は、下記の記事からどうぞ。メタマスクの設定とPolygonネットワークの設定ともに解説しています。

 

次に、PolygonネットワークにETHを持ってくるところになります。

ここの流れは

〇日本の暗号資産取扱所でビットコインを購入して、送る方法。

の2つがいいでしょう。PolygonにあるUSDCをETHにすればOKです。

 

もっとお手軽版としては

〇JPYCを購入する方法。

JPYCを購入して、その後、ETHにするというのが比較的お手軽です。ですが、JPYC→ETHにする際、レートが悪い可能性が高いので注意が必要です。

 

この中でどれがオススメかというと、

①お手軽にやりたい!という人は、JPYCを購入する方法。

②バイナンス口座を持っている人は、バイナンスを経由する方法。もしくは、RenBridgeを使った方法。

③バイナンス口座がない人は、RenBridgeを使った方法

がいいでしょう。

 

USDC or JPYCをETHにする場合、Paraswapを使うといいレートで交換できます。

 

このようにやれば、PolygonネットワークにETHが手に入ると思います。また、ETHではなくWETHでも問題ありません。

2、OpenSeaで買いたいNFTを探す。

では、NFTを探していきます。

自分の中でNFTを選ぶ基準を考えました。

1、高くないもの。

2、気に入ったもの。

3、独自性があるもの(色を変えただけとかではない)

 

以上です。高くなく、気に入った独自性のあるものを選ぶ。至極シンプルなものです。別に転売の利益を得ようとか、そういったものはありません。ただ、NFTを買うという経験を積むためにやるのが目的です。

具体的な基準は、500円程度で、気に入ったものとなります。

OpenSea, the largest NFT marketplace
A peer-to-peer marketplace for NFTs, rare digital items and crypto collectibles. Buy, sell, auction, and discover CryptoKitties, Decentraland, Gods Unchained ca...

まずは、Open Seaに行きます。開いた後、探索をクリックします。

そしたら、メタマスクと接続します(だいぶ昔にやったので、うまく解説できません。多分右上に出てくるログインや接続だと思います)

続いて、左側にある価格とブロックチェーンを選びます。価格は好きな価格を決めます。自分は$1~$10としました。そして、ブロックチェーンはPolygonです。

あとは、好きなNFTを探すのがいいでしょう。

3、NFTを買う。

気に入ったのが見つかったら、Buy Now(今すぐ買う)です。ほかにもオークションのように、いくらで買いたいです!っていうオファー(Make Offer)もあります。この場合は、相手がOKしないと買えません。

逆にBuy Nowがあれば、即決できます。

この画面は、まだOpen Seaサイドで、この出品者が安全かどうか確認できていないけどいい?的な確認画面です。詳しくは知りません。だって、買いたいだけだから。

What is collection safelisting? – OpenSea

そして、①のUnlock Currency、②Sign messageの順で進めます。

終わると、あなたのものになりました!っていう画面になります。

自分のコレクションの中に、仲間入りしました。

そして、右上に売るというボタンもできましたね。所有者になったというわけです。

Open SeaでNFTを買っていく流れまとめ

ということで、Open SeaでNFTを買う流れは下記の通り

1、Polygonに、ETHを連れてくる。

2、Open Seaで気に入ったものを探す。

3、NFTを買う。

でした。
個人的に気にいっているのを買っています。
ですが、ほかにも候補はありました。
これは、一番欲しかった。。。けど、最低0.15ETH(5万円くらい)と高い。しかも、イーサリアムネットワーク。。。いつか、これを手に入れられるよう精進します。
そして、このクリプト系のあひるさん。これも価格的にちょうどよく買ったのと迷いました。ただ、数が数万あっったんですよね。そうなると、うーんと感じてしまいました。
NFTを買った感想としては、物欲がわいてきた。ということ。
自分は元来物欲はそこまで高くありません。そんなお金があるなら、さっさと投資して、収入を上げたいのです。
ですが、なんだろう、購入した後もほかのを見たりしてしまったんです。
あー、怖い世界だな。笑
追記。
先ほど言っていたSNUGシリーズに、Twitterヘッダー版が出てたので買っちゃいました。
お値段も、本家に比べたらお安かったのでつい。。。

タイトルとURLをコピーしました