非居住者が利用できる銀行は限られている。その中でもソニー銀行がオススメ。

世界一周を考えるうえで(というか生活するうえで)必要となってくるけど、当たり前なので意外と気にしないもんを紹介します。

それは、銀行ですね。

 

銀行は世界一周中でも、現金引き出しやクレジットカードの引き落としなど利用しますよね。

しかし、非居住者になると利用できる銀行というのも限られてくるのも事実なのです。。。

というのも、日本の証券会社やFX会社なども日本の居住者に利用されることを前提にいるのと同様で、銀行も日本に居住しているひとに対してのサービスということが多いのです。その結果、非居住者となれば、解約という流れになります。

 

でも、調べてみると非居住者でも利用できる銀行というのがしっかりありました。今回はそれをまとめてみましたが、すべての銀行を網羅していませんので気になった方は自身で調べてみてください。

スポンサーリンク

非居住者でも利用できる銀行

まずは非居住者でも利用できる銀行をざっとまとめてみましょう。

ソニー銀行、SMBC、りそな銀行、ゆうちょ銀行(条件あり)ということになりました。

意外と少ないですね。ほとんどネット銀行は全滅といった具合でしょう。

中でも、一番オススメしたいのはソニー銀行ですね。キャッシュカードにデビットカードも付帯しているのでATMで外貨を引き出すことも、VISAとして決済も可能です。

SMBCは毎月216円の利用料が取られるので、やはりソニー銀行でしょうかね。

 

 

 

非居住者は解約になってしまう銀行

先ほどの非居住者でも利用できる銀行以外は、基本解約というパターンです。なので、いま使っている銀行がこちらに該当するのであれば、さっさと利用可能な銀行を作ってしまうのがいいと思います。

悲しいことに自分の愛用している楽天銀行や住信SBIネット銀行、イオン銀行といった銀行は解約になってしまいます。。。また、新生銀行も該当しています。

 

 

 

 

非居住者になってしまうと、銀行口座開設は難しい。

先ほどまでは銀行口座を持っているから、非居住者でも利用できるということでした。しかしながら、非居住者になった後に銀行口座開設をしようとしても、どうやら難しいようです。

なので、世界一周を検討しているのであれば、銀行口座を作ってしまうのがベストな選択じゃないでしょうかね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました