非居住者はFXで稼ぎながら、世界一周できるのか?

世界一周を年始に控え、着々と準備をしているところです。

行きたい国、行きたい場所、やりたいことといったところから、日本から1年程度はいない予定なので、税金の形、所有物の整理、投資の管理といった現実的なところも調査を進めています。

過去の記事では、株式投資の状況についてまとめました。

 

今回は、FXについてまとめてみましたので紹介しますね。

スポンサーリンク

基本、非居住者ではどこも利用不可能です。やりたいのならセントラル短資とヒロセ通商

今回の調査で分かったことをまずまとめますと、日本のFX会社というのはあくまで日本に居住しているひとを対象にしていること。なので、居住者でない”非”居住者となれば、対象外という扱いになってしまうということなんですね。

つまり、非居住者がFXの売買を海外渡航中にすることはできないというのが基本になってきます。また、非居住者になるときには、解約という扱いになるようです。

しかしながら、証券会社のように「FX会社 非居住者」と検索しても出てこないんです。(証券会社は出てきます)なので、いちいちお問い合わせをして確認してという作業でした。

アイネット証券

自分はいまの収入にアイネット証券のループイフダンというものを使い、投資を進めています。現在の投資額にして220万円位です。大体イメージで月に4万円位の収益が得られる見込みです。

で、アイネット証券は非居住者に対しては、解約という扱いになります。

実際のメールでの返答がこちら。

弊社FX口座での運用につきましては、長期の海外旅行等で運用をお断りするものではございませんので、運用の追加等自由にご利用頂けます。(海外から取引システムを操作した際、取引システムの動作保障は致しかねますのでご注意下さい。)

尚、FX口座の維持につきましては、日本に居住されていることが条件となります。
非居住者に該当することとなった場合には、お客様のご申告により弊社にて口座を閉鎖させて頂く場合がございます。その際には全て運用を停止し、ご出金して頂くこととなります。

まず上の文章に関しては、長期的な海外渡航の場合は運用可能ですということが理解できます。なので、日本で暮らしているように運用の追加、解除、決済が可能です。

しかし、下の文章では口座の維持に関しては非居住者になった場合、閉鎖することになるということが書いてあります。その際運用を停止、出金ということになりますね。

なので、非居住者になる前には決済をして、運用を減らしていったほうが無難でしょう。

 

逆に、非居住者でも利用できる会社があります。

セントラル短資FX

こちらはしっかり質問回答に答えが載っており、海外でも利用できます。ただ、当然ですが変更届といったものを提出してとなります。

 

話は変わりますが、クレジットカードでジェフグルメカードを購入するのにこの会社は利用できます。

ヒロセ通商

こちらは質問回答にありませんでしたが、海外在住でも口座開設ができることから利用可能だと思います。だって、在住で解説だけできてもしょうがないですからね。

 

利用できるけど、すべて裁量決済のみ。

調査結果的に利用はできますがすべて裁量決済のみということになります。つまり、自動売買で稼ぐという選択肢がないのです。

となると、超長期トレードであればいいかもしれませんが、FXを気にしながら世界一周なんてぶっちゃけどうなんでしょう。だったら、世界一周を存分に楽しんだほうが良くないですかって思いますね。

株とかであれば、配当金目的で所有するだけってのもいいかなって思いますがね。しかし、残念なことに利用できる証券会社がない。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました