世界一周用の鞄を決定!~pacsafe Vibe25~

世界一周用の鞄を決定!~pacsafe Vibe25~

ついに、世界一周用のデイバックを購入!

今年の年末から年始にかけて、現在の職を退職し世界一周を計画しています。
前回、世界一周用の靴を購入しました。

[nlink url=”https://try-try-fly.fun/saber-mid/”]

年に4回以上海外に行っているので、基本的に世界一周に必要な持ち物リストのものはそろっています。しかし、足りない部分ももちろんあり、今回は鞄です。

鞄といえば、旅行するには常に持ち歩くこともあるでしょう。そして、現地の盗人が狙ってくるものでもありますので、そういった視点から選んだpacsafeのVibe25を紹介していきたいと思います。

pacsafeってどんな会社?

pacsafeの創業者であるロブとマグナスはこう思いました。

「安心・安全に旅できればもっと旅というものを楽しめるのではないか」と。

世界を旅すればわかりますが、多くの国が日本と同じように治安のいい国ではありません。日本ではものを盗むことも多くない中、海外では多く発生しているということに気づきます。もちろん被害にあった人もいるでしょう。中南米などではケチャップを鞄にかけ、隙をついて盗むというものもありますし、置き引きももちろんあります。

そして、自分の持ち物を盗まれたときあなたはどう思うでしょうか。

確かに、これも旅の一部であると思う人もいるでしょう。しかし、そんなひと多くはありません。

盗まれたものがものならまだマシです、お金はかかりますが再度買えばいい。しかし、カメラとかの写真まで盗まれたらこれも旅の一部と言い切れますかね?自分は言い切れないでしょう。

創業者は新しい風景や土地の味を楽しむ反面、こんな不安を抱えながら旅をしていたそうです。そのとき、旅で出会った2人は先ほどの思いを胸にpacsafeという会社を立ち上げたのだそうな。

スクリーンショット (490)

https://www.pacsafe.com/index

つまり、pacsafeは旅をより安心や安全を提供する会社ということになります。もちろん、pacsafeはいろいろと考えた技術で盗人も「うーんこりゃ無理だ」と思うような設計にしています。

では、自分が買ったVibe25(バイブ25)を紹介しながら、技術・性能を確認していきましょう!

世界一周のお供は、Vibe25に決定!

 

P_20190313_154826

これがVibe25になります。容量は名前の通り25Lで、重さは約1kgです。

一般的なデイパック(豚鼻のやつとか)は大体同じくらいの大きさなので、目安がわかるかなと思います。

では、pacsafeが誇る画期的な機能を紹介!

スラッシュガード

スクリーンショット (483)

鞄の中に網目状の金属製のワイヤーが入っています。これによりバックをナイフ等で引き裂かれることができません。

ガードストラップ

スクリーンショット (484)

 

ストラップと呼ばれる腕を通すところに2つの線が見えます。これは先ほどと同様、金属製のワイヤーが入っていますので切られて奪われることがありません。

RFID

スクリーンショット (485)

聞きなじみないかもしれませんが、これはクレジットカードなどのカードの情報を奪われないようにするものです。クレジットカードの情報を奪われると、不正利用にあったりします。自分も1度被害にあいましたが、自分に請求ではなく補償でカバーしています。ほとんどのクレジットカードはその補償に対応しますが、こういったことを防ぐのは必要ではないでしょうか。

パンクチャーレジスタントタフジップ

スクリーンショット (486)

意外とバックのジップというのは、ボールペンとかの先端が鋭いものでこじ開けることができます。これを防ぐ機能です。寝ている間にこっそりといじられて盗まれるのを防ぎます。

うーん、実に簡単にこじ開けられてしまいます。。。

スポーツロッキングシステム

スクリーンショット (489)

通常かばんってカギしないですよね?でもこのシステムだと3つ鍵をかけることができます。
まず1つ目に、チャック同士を組み合わせます。そして2つ目に、上の画像にあるように黒のバーを入れロックをします。3つ目に上の画像の通り南京錠で黒のバーを動かせないようにします。

これではゆっくーり開ける場合ならともかく、道端で歩きながら開けるなんてことはできないでしょう。

セキュリティクリップ

スクリーンショット (491)

ストラップを外して街中の固定物に取り付けることで盗難を防ぎます。ただでさえセキュリティが高いものなのでいろいろやられても奪われることはないでしょう。

しかし、安易にひっかけて離れるなんてことしないほうが無難です。

画期的な機能を実際のバックでも見つつ、今回購入したものも見ていく。

P_20190313_155217

裏面ですが、ストラップ部分にうっすら2線ありますね。これがワイヤーになります。胸と腰にバンドができるようになり、荷物が重くとも軽く搬送できます。

P_20190313_155309

まず一番小さい部分から見ていきます。RFIDの文字がありますね。ここにはペンなどの細かいものを入れることができます。容量も多くないので、ノートとか本を入れるくらいがいいと思います。

P_20190313_173043

続いてメインの収納箇所になります。奥に仕切りがあるのでここに薄いノートパソコンとかを入れられますね。

P_20190313_155046

先ほどのスポーツロッキングシステムの1つ目と2つ目です。チャック同士がくっついています。そして、黒のバーがあり、ここに入れることができます。

 

P_20190313_180434

ストラップの肩部分にセキュリティクリップがあります。

P_20190313_155435

両サイドに飲み物を入れるスペースがあります。

使ってみての感想 ~ 防水機能があればな ~

使ってみての感想として、防水機能があればいいなーと思いました。また、容量が25Lとしていますが、外観から見た通り結構がっちりしているので、無理に詰め込むことは難しいかなと思います。また、リュックの宿命かもしれませんが、上から物を取るというのに対して下に入れるものが取り出しにくいです。

そして、Vibeには28Lのものもあります。もちろん容量が大きければいいのですが、こちらは上から開けるタイプではなく、スーツケースのように置いて開けるタイプになりますのでデイパックとしてはVibe25のほうが使い勝手がいいかなと考えました。ほかにもVibe40という大容量もあったり、いろいろと種類があるのでサイトを見てみてください。

 

ちなみにですが、日本での取り扱いはA&Fカントリーというアウトドア系の会社になります。
ただいろいろ店舗を回ったのですが、このタイプの現物が置いてませんでした。新宿のL-BreathにはVibeの取り扱いがあったので現物見てみたいという方がいれば行ってみるといいでしょう。https://aandf.co.jp/brands/pacsafe