【利回り10%以上!リスクを抑えて稼ぐ】ズロチ・ユーロ スワップさやどり作戦

BlogPaint
スポンサーリンク

ループイフダンの余裕資金の余りはどう運用しようか。。。

ループイフダンをメインに資産運用をしていますが、以前運用している資金の2倍は余裕資金として現金で持っていようということを自分の運用指針として決めました。

[nlink url=”https://try-try-fly.fun/loopifdone-asset-management/”]

というのは、アイネット証券の目安資金表をみて判断をしています。
米ドル50銭を運用している状態で、資金の量によってどれくらい耐えられるかというものを計算してくれています。20万円分運用しているとして、大体10円の変動に耐えられます。

スクリーンショット (236)

そして、余裕資金として20万円追加すると+5円の15円まで、さらに20万円追加すると20円までの変動に対応できることになります。

つまり、20円の変動まで耐えられるということは、現在の米ドルが109円程度なので、今始めたとすれば89円までの下落に耐えることができます。自分の中ではそこまでは下落しないであろうと考えており、安心して運用している状態です。

ですが、これだとどうしても資金の無駄が生じます。できれば全額運用したい。だけど、そうすればロスカットになりかねないと。この無駄を解消する方法はないかなーと考えました。

重要なのはいざというときにループイフダンに入金できること。換金性が高いこと。

一番いいのが銀行預金ですが、債券も比較的換金性が高いと考えました。
債券なら米国の債券やMMFもありと考えましたが、もし円高が大幅に進んだとして日本円に両替するとなるとその時には円は見劣りします。円高の影響です。
(1ドル=100円でMMFを運用中、円高が進み90円になった。その1ドルを両替すると90円になってしまうという感じ)
ということは円高の緊急時にはメリットを感じられません。

で、いろいろ探して見つけたのが

”ズロチ・ユーロ スワップさやどり”というもの。

では、なぜこの方法がいいのか、投資方法を解説していきたいと思います。

ズロチ・ユーロスワップ さやどりの投資方法

この方法は、ポーランドの通貨であるズロチとユーロ圏の通貨であるユーロを利用したスワップ金利を受け取る投資方法となります。

 

簡単にいうと
ズロチとユーロは通貨として連動性が高いので、同じ金額分売り買いを購入すれば相場が変わっても、含み損は相殺(±0)になり、スワップ金利だけ受け取れるというもの。

 



FXで怖いのが相場が変わり含み損が増えること。
この投資方法はその含み損をなくすことで安心を得、金利を受け取ることができるよーということ。

通常同じ通貨でやると、米ドルであれば買いで金利を受け取り、売りで金利を払います。同じFX会社で同じ分の通貨を運用すると金利を支払うほうが多いです。
ですが、このズロチは買いで金利を受け取り、ユーロは売りで金利を受け取りという両取りができます。(2019.1.31現在)

では、実際にどれくらい連動しているのか見てみましょう。

スクリーンショット (235)

ろうそく線がユーロで、紫の線がズロチになります。2008年のリーマンショック時は大きく差が出ましたが、ここ最近はほとんど同じ動きをしています。つまり、連動性が高いということになります。

連動性が高いということで、相場と関係なくスワップだけ受け取れます。
これなら余裕資金を運用して、いざとなったら換金することもできるのでいいと感じました。

必要資金と利回りについて

ズロチが29円程度、ユーロが125円程度で推移しているので、大体4.3:1の割合で投資すれば相殺できる計算になります。
ズロチの必要保証金が4.3万通貨で50,024円、ユーロは1万通貨で49,910円なので、もし全く変動しないとなればこの合計金額の10万円程度で運用ができます。

がしかし、さすがに完全に連動はしていないので余裕資金として10万円追加すれば安心できるかなーと思います。心配ならさらに追加すればいいのではと思います。

で、利回りのほうはというと
1日当たりズロチは1万通貨当たり15円、ユーロは1万通貨当たり3円のスワップが得られますので、ズロチが4.3倍の64.5円、ユーロは3円の合計67.5円の金利が毎日得られます。

これが変動しないのであれば67.5円✖30日=毎月2,025円のスワップ。
年間で、24,675円のスワップ。

20万円投資したとすれば、利回りは12.3%という驚異の高さ!!
余裕資金を増やした30万円でも、十分高い8.2%です。

デメリットは。

散々リスクもなく、利回り12%を稼げるような感じに説明しましたがデメリットもあります。

〇 金利の変動により、そのスワップを受け取れなくなる。

ロチやユーロの金利変動ももちろんなのですが、日本円の金利も影響してきます。今は超低金利ですが今後下がるということはないのではないかと思います。だって、もう0%に近いんですもん。そしたら同じか上がるかという2択なのではないかと推測します。

〇 連動性が低くなることによる、ロスカット。
過去に連動性があるからと言って、将来連動するかは確実性に欠けます。2008年のサブプライムローンの問題だって、皆住宅ローンだから、住宅は安心なものなんだー!と思い込んでいたために、低所得の人にも貸し出しをしたということが原因としてあります。確実というのはないのです。過去は将来の保証はしてくれないのです。

 

とはいえ、不安なので100万円の運用することにする。

スクリーンショット (237)_LI

こんな感じで運用開始してみました。今はスプレッドによるマイナスですが、1か月で解消できるでしょう。
運用額が100万円なので、毎日330円くらいのスワップポイントが受け取れます。
月に換算すれば1万円程度!いい不労所得です。

もしやってみたいけど。。。というのであればデモ口座もあるので、これでやってみるといいです。

FXプライムbyGMOのサイトにもズロチの紹介がされています。https://www.fxprime.com/plnjpy/?left

スクリーンショット (238)

コメント

タイトルとURLをコピーしました