やりたいことをやるほうが、成長する!?

実は、自分は現在、ある場所にて働き始めました。

ついに5年半勤めた会社を退職しました。
ついに、今の職を退職することができました。 今考えれば、長かったですね。5年半も同じ職に勤めていたなんて。 ま、あの職は昔の考え方が蔓延していて、どうもよくしよう、改善しようという雰囲気がない。旧態依然の考え方が...

2019年11月に社会人になってから働き始めた会社を退職し、2020年から20代でやりたかったことである、世界一周を始めました。

【早くからの行動が吉】世界一周前にやっておくべき7つのリスト。
世界一周前にやっておきたいのこと。 世界一周すると決めたはいいものの、いろいろやることが多くてというか、ほかにやっている人が少なすぎて何から手を付ければいいのかわからないってことが想像できます。自分もそうでしたから。 ...

まぁ、ご存じのように、2020年の初めに新型コロナという感染症が発生、拡大し、自分の海外旅行保険や今後の行動がうまくいかないと判断し、一時帰国という扱いで、2020年6月に帰国しました。

そこから、実家に一時的に居候してきましたが、全く世の中が改善されていかず、早くも1年が経過しようとしています。

そんな中、自分的にお金の面では社会人になってからしっかり貯蓄・運用をしてきたので、問題はありません(あと実家に住んでいたので、お金もほとんどかかりませんでした)

ついに資産が1000万円突破しました。その達成・運用方法を解説します。
1000万円達成した男の秘密を公開します。 まずこの1000万円達成した資産状況を確認していただきましょう。じゃーん。 ま、自分よりも資産が多い人なんて世の中にはいっぱいいますけど、1つの区切りとしていい気分になりま...

しかし、毎日英語の勉強をしていましたが、だんだん飽きてくる。というか、生活に飽きてきたというのが実情でした。

じゃあ、せっかくの暇な時間なのだから、自分がやってみたいことをやってみようと、働いてみたかったところにバイトとして働こうと決めました。

ありがたいことに、現在その職場にバイトとして雇われ、早くも1か月が経過しようとしています。

ここでは、その職種について語りませんが、働いて感じたことについてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

やりたいことをやるほうが、成長する!?

『お金稼ぎのために』働くひとと、と『人生を楽しむために』働くひと

どこの会社でもそうだと思いますが、世の中には

『お金を稼ぐために、働くひと』

その仕事を楽しむために、働くひと』がいると思います。

1つ目のものはわかりやすいですね。単純に”生きるための作業”として、働いているわけです。

2つ目のものを言い換えると、”人生を楽しむために働く”でしょうか。

ただ、世の中の人って、大概が1つ目の生きるために働くですよね?

あなたはどうでしょうか?毎日いやいや、やりたくもないことをやりながら、愚痴を言う日々。当たっていますでしょうか?

こんな風に言うのだから、、、といっても、過去の自分もそうでした。

それが嫌で嫌で、辞めるという決断をしたわけですけど。

ですが、今はやってみたいなーと思ったところで働くことができて、その経験を楽しんでいますし、また、違う自分が人生で住んだこともない土地で生活するというのは大きな刺激になります。

ということで、現在の自分は後者になるわけですね。

そんな自分が働いていて、感じたことをお伝えします。

人生を楽しむために働く人は、自然と勉強している?

個人的に感じたことは、この言葉。

人生を楽しむために働く人は、自然と勉強している。

お金稼ぎのためではなく、人生を楽しむために自分が興味のあることを仕事にするというのは

自分からいろんな興味を持って、それを自然と学んでいくというができると思うのです。(自画自賛かもしれませんが)

というのも目線が違うんですよね。

お金稼ぎのための人は、あくまで”お金稼ぐための手段”として、働いている。つまり、楽をすればいいし、早く時間が過ぎればいいなぁと考えているでしょう。生活するためにお金は必要ですし、これ自体は否定しませんが、これって成長していないような気がするんです。

一方、人生を楽しむべく、興味ある事を仕事にしている人の目線は、”なんで?どうして?”という疑問が浮かんできます。なぜなら、自分が興味があることだから。

例えば、自分の好きなことって、こうやったらうまくいくかな、どうしてうまくいかないんだろうなどなど考えて、行動に移して、成功したり、失敗したりしていきますよね。

それができるんですね。

自分は、今の職場において、作業のスピードがやはり遅いです。当たり前ですが、数年働いている人と、1ヶ月も満たないひとの作業スピードが同一なわけありませんからね。しかし、努力することは可能です。

努力というのは単純に早く作業を行うとか、残業するとか、ちからをつけるという類ではなく、どう動いたら楽なのか、効率化するのかという点に着目しての努力です。特にほかの人の動きを観察するという行為は、一番の勉強になると思います。

さて、そうなるとどうなるかというと、その疑問を調べたり、聞いたりして、学んでいくんです。つまり別の言い方をすれば、成長していくんですね。いろいろ試行錯誤したりするんです。

多分、自分も興味がないことなら、全く疑問も浮かばないし、早く終わらなかなーってだけを考えるでしょう。

となると、前者と後者どっちがいいか(成長という面で)考えると、圧倒的に”興味があることをやる”ひとが成長します

コメント

タイトルとURLをコピーしました