職場のおばちゃんにオススメした携帯キャリアは、、、UQでした。

NO IMAGE

前回、自分にとっての携帯キャリアのベストは、ワイモバイルと楽天モバイルでした。

【My BEST】自分にとってベストな携帯キャリアは○○と○○の2つ!!その理由を解説!

で、先日、職場のおばちゃんからスマホについて、聞かれたので、つい相談に乗ってしまいました。まぁ、意外と自分は人を助けることが好きなのかもしれませんね。

ってなわけで、自分は親身に話を聞き、その人にあったベストな携帯キャリアってなんなの?ということを考えた結論が、”UQモバイル”でした。

では、今回どうしてそのような結論になったのかということについて、条件とともにまとめていきたいと思います。

田舎に住む、おばちゃんの携帯キャリアのベストとは?

条件

おばちゃん(60~70歳程度?)と話をしていて、引き出した求める条件は

〇 孫とテレビ電話をしたい

〇 電話、メール、テレビ電話のみの機能でいい

〇 月の料金を下げたい

でした。

この3点について、考えていきたいと思います。

まず、孫とテレビ電話をしたいということですが、現在ガラホを使っていて、テレビ電話ができなくなってしまい、できればしたいなーということでした。機能的にはできるかもしれませんが、テレビ電話にはお金がかかるのと通信がかかる可能性が高いと思っています(細かい契約プランがわからないのでここでは?とします)

自分は、であるならスマホのLINEを使えばいいのではないかなぁと思いました。

これであれば、必要なのはデータ通信のみですから、どの契約会社でも十分ことが足りるでしょう。

続いて、電話・メール・テレビ電話のみ使うということでした。

これに関しても、いくら低スペックのスマホであろうが、別にこの機能くらい使えますから、無駄に高い機種はオススメすべきでないと判断しました。つまり、一番安く手に入るやつでOK。

そして、最後に、月の料金を下げたいということでしたが、これに関しては、国の指導もあったせいか、どの会社もそれなりに安くなっていますし、おばちゃんの求める内容としては、データ容量も無駄に多くする必要もないなと判断しています。まぁ、1GBあれば十分かなと。

個人的に感じた携帯キャリアの条件

上記の内容が、そのおばちゃんが求める携帯への条件でした。

では、自分が個人的に話を聞いていて感じた携帯キャリアの条件を考えました。

確かに条件を見れば、格安simを契約することで、一番安く携帯を利用することができるでしょう。で、届いたものを自分が設定・使い方を伝えれば、使うことができると思います。

条件をみれば、楽天モバイルを契約すれば、1GB以下で月0円ですから、最安値!にはなりますし、機種も安く手に入ります。

がしかし、これでは自分がいなくなったあと(職を辞めたとき)、のことはどうすることもできません。確かに勉強すれば大丈夫だろうなんて言うことは言えますが、これではなんというか、後のサポートとしてダメだなぁと考えました(とはいえ、勉強は不要なんだ!っていうことはなく、必要だと思っています)

となると、携帯ショップがある携帯会社と契約するのがいいと判断しました。こうすれば、いざというときに、店舗に行けばOKですし。

というわけで、近くにある携帯ショップを調べたら、ドコモ・au・ソフトバンクのみあったというわけ。まぁ、携帯ショップがあるのは大概この3つくらいでしょうけどね。

また、もう1つ考えたのは、自分が契約するわけではないので、自分が近くで契約処理をしてあげることが必要だなと。

そうなると、いちいち時間を合わせて、一緒に行くっていうのはあまり、、、だし、ということで、ネットで契約して、郵送で届けてもらってが都合がいいなということでした(とはいえ、このパターンは大概どの会社もやっていますから、条件としては載せません)

で、その中で、ベストな携帯会社はどこなの?ということを考えたのでした。

au店舗に取り扱いのあるUQモバイルがベストだった!!

【公式】UQ mobile(モバイル)│安心・お得の格安スマホ/格安SIMで【顧客満足度No.1】 (uqwimax.jp)

さて、これまでのおばちゃんの求める条件と自分が必要だと思った条件が下記の通り

〇 テレビ電話ができること ⇒ LINEが使えること

〇 電話・メール・テレビ電話ができる ⇒ 機種はどれでもOK、データ容量は1GBで十分

〇 できるだけ安く ⇒ 安いプラン、会社をピックアップ

〇 店舗で取り扱いがあるキャリア ⇒ ドコモ、au、ソフトバンクのうちどれか

で、自分がいろいろ考えたうえでの結論は、UQモバイルでした。

では、その理由を解説しますね。ただ、スマホの機種や通信プランに関しては最低限で十分だと思ったので、ここでは省略し、自分が重要だと思った部分だけ解説します。

1、UQモバイルはauと兼用で店舗があること

UQモバイルは、auの子会社で、auの店舗内に併設されている形になっています。となると、もし何かあった際、auショップへ行けば問題は解決するでしょう。

自分からすれば、店舗でしか処理ができない場合以外、ネットで処理をしてしまいます。しかし、おばちゃんになるとそうはいきません(多分)となれば、できればショップがあるところから選ぶのがいいと判断しました。

しかしながら、できるだけコストは安くしたいので、auよりもUQがいいと考えたわけです。

2、auからUQへのMNPは解約違約金や転出手数料等がかからない

そのおばちゃんは現在auを使っていますが、1年ちょっと前に契約したものでまだ契約違約金がある状態です。

となると、その期間を待って、、、もいいと思いますが、できるだけ早く、孫とのテレビ電話ができればと思いました。ただやはり解約違約金がネックにはなってきますが、

auからUQへのMNP転出・転入に関して、手数料がかからないということを目にしました。

そもそも携帯を契約する際、1回かかる手数料が

『解約違約金』『MNP転出手数料』『MNP転入手数料』です。解約違約金は文字通り、解約時期でないのに解約しようとするならば、違約金取りますよというもの。現在はどの会社もかなり安くなっていますが、1年前ちょっとの契約ですから、正直まだ1万円近いものの可能性が高いです。

で、MNP転出・転入手数料は、他社で契約するときにもともと契約していた会社と新たに契約する会社に支払う手数料です。

ただ、2021.2からau→UQへのMNPの場合、その手数料はかからないということになりました。

2021 年 2 月以降、「au」と「UQ mobile」のブランド間の移行に
係る手数料など(「契約解除料」「番号移行(注 1)手数料」「新規事務手数料(「UQ mobile」では、
SIM パッケージ料金)」)の負担を不要としますhttps://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2020/12/09/pdf/press_20201209.pdf

のように、手数料面では0円でOKということになりますね。

事実、このように、UQで実際にオンラインで見てみると、契約にはこのような記載があります。注意事項として、一旦は請求するけど、あとで割り引くからねという風になっています。

本体は550円、毎月の支払いは1628円!

くりこしプラン│格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)【公式】 (uqwimax.jp)

上述の通り、おばちゃんの契約は1GBで十分だと思いますので、一番データ容量が少ない”くりこしプランS”で十分でしょう。これなら、月1628円で済みますからそこまで高い部類には入りません。また、機種も一番安い”Galaxy A21″で4320円でした。まぁ、妥当な値段だと思います。

ただこの機種代金は、くりこしプランSで契約した場合です。くりこしプランMで契約すればもっと本体価格は安くなります。

なんと550円です。自分であれば、月末に注文して、最終日に契約開始し、契約変更も同時に行うことで、無駄にお金を払うことなく済ませますね。

まとめ

ということで、職場のおばちゃんへオススメする携帯キャリアと契約条件は下記の通り

〇 テレビ電話ができること ⇒ LINEが使えること

〇 電話・メール・テレビ電話ができる ⇒ 機種はどれでもOK、データ容量は1GBで十分

〇 できるだけ安く ⇒ 安いプラン、会社をピックアップ

〇 店舗で取り扱いがあるキャリア ⇒ ドコモ、au、ソフトバンクのうちどれか

で、自分がオススメするキャリアはUQモバイルでした。

UQモバイルをオススメする理由

〇 店舗がある

〇 本体価格は550円、月の料金は1628円(くりこしプランS)

〇 契約時の手数料関係は、0円

というような感じです。手数料もかからないし、本体代もほとんどかからない、月料金も相場並みとなれば、金銭面としてはかなりいいですし、店舗があることでサポートも十分ではないでしょうか。そのため、今回UQをオススメしました。

ですが、これはおばちゃんのBESTなわけで、ネットを使いこなせる人ならまた違った会社をオススメするわけです。もちろん、ポイントサイトやらいろいろやれることはありますしね。ただ、やはりおばちゃんにはそこまでを求めるのはなかなか厳しいかなということです。

色々教えるのはいいのですが、本来の目的がテレビ電話をするでしたから、教えることによる弊害でその目的が達成できなくなってしまうのは問題だと思います。

これだから、人によってベストって違うよね、ということをひしひしと感じたのでした。