【MY BEST】お金の流れを公開!貯金するのに、銀行口座を3つに分ける必要はなし!!【結論:楽天銀行とSBI銀行の2つで十分です】

【MY BEST】お金の流れを公開!貯金するのに、銀行口座を3つに分ける必要はなし!!【結論:楽天銀行とSBI銀行の2つで十分です】

以前、自分の使っている銀行についてお伝えしました。まとめると下記の通り

メインバンク:楽天銀行

サブバンク:住信SBIネット銀行

というように、この2つの銀行を使い分けているということです。ほかにも様々な銀行口座は持ってはいますが、ほぼ使うことはありません。

というのも、この2つの口座で十分使えるからです。むしろ、ほかの銀行では手数料がかかったり、取引時間に限りがあったりと不便です。

たまに、この2つの口座では対応してくれない引き落としなどがあるので、そちらに関してはゆうちょ銀行を使っている形です(以前はiDeCoに使っていました)まぁ、ここに関しては、メガバンクと呼ばれる銀行が使い勝手がいいと思います。

どんな銀行口座を使えばいいのかと悩んでいる方は、同じように口座を開設して、使えば、お金の管理がしやすいし、手数料等もかからず便利に生活できるようになりますよ。

ちなみに、自分の現状の手数料無料回数等に関しては、下記の通り。まぁ、各手数料の無料回数が結構えぐいことになっていますね。これだけあれば、十分すぎるくらい。。。

振込手数料(回/月)ATM出入金(回/月)金利(%)その他
楽天銀行(VIP会員)350.1楽天pt付与
SBI銀行(ランク3)10100.01スマプロpt付与、スマホでATM利用可
合計1315

メインバンクとして使っている、楽天銀行に関しては過去の記事へ。

【MY BEST】金利が普通の銀行の100倍!?さらに、送金やATM手数料も無料!自分がメインバンクとして使う、楽天銀行の魅力を教えます。

サブバンクとして使っている、住信SBIネット銀行に関しては過去の記事へ。

【MY BEST】サブ銀行として、簡単に振込が月10回無料になる、住信SBIネット銀行がオススメです。

改めて、各銀行口座の使い道となぜ銀行口座は3つも使い分ける必要がないのかをまとめていきたいと思います。

楽天銀行と住信SBIネット銀行の使い分け

自分のお金の流れは上の図の通り。冒頭から説明している通り、楽天銀行に生活費からクレカの支払いなどすべてを集約させています。これにより、1つの口座をしっかり見ておけば、お金の出入りが管理ができるので楽ですし、クレカの引き落とし残高が、、、ってことにはなりません。

そして、SBI銀行は補助的な役割として、振込や投資をする役目を持たせているということです。ほかの銀行は全くと言っていいほど使わないので、必要時のみ振込んで使っているって感じですね。

ここでは、生活費(ATMから引き出す現金)とクレカの引き落としを楽天銀行で行うという風にしていますが、もし、楽天銀行が対応していなければ、ほかの銀行に引き落としを設定。そして、楽天銀行から毎月〇日のように自動振り込みを設定することで、ほぼ同じことができます。

もちろん、この振り込みも無料回数内であれば、無料で行えます。

よくある口座を3つに分けろ!というのには従っていない理由

いろいろなマネー雑誌・本を読むのですが、よく書いてあるのが、貯金するのにまずは『口座を3つ持ちましょう』というものです。

これはどういうことかというと、『生活費』『貯金』『投資』の口座を各々分けて使ったほうがいいですよというもの。たしかにこの3つに分けることで、どのお金が生活費なのか、貯金なのかという区別が簡単にできます。

分けることで、銀行残高があるから、使っちゃおう!orまだお金余裕あるし、、、っていうことに対し、一定の抑止力は働くでしょう。

また、どのくらいが投資していいかというのが目に見えてわかります。

なので、一般的なひと(貯金がないひととか、初めてそういったことを考えるひと)や、貯金ができないひとにとっては、良い考え方だと思います。

がしかし、自分は上記の通り、3つの口座を使っていません(3つ以上口座は持っていますが)

というのも、自分は楽天銀行というメインバンクに『生活費』『貯金』の役割を持たせており、かつ、SBI銀行に『投資』の役割があるからです。

これの理由として”自分はお金があるから使う”という考えは持っていない人間であることです。

たまに貯金が0円なんだよっていう人がいます。こういった人の考え方に、お金があるから使うという考えがあると思います。そう、仮に銀行残高に10万円あれば、あれもほしい、これもほしい、、、じゃあ、これ買うか!っていう感じ。

当たり前ですけど、いろいろ考えたうえで、買っていくならいいですけど、ただの欲望に従っていたらそりゃお金もなくなるよねって話です。だから、そういうひとには、しっかり『貯金』専用の口座に分けることで、そこの口座からは引き出さない!という強い意志の元、着実に貯まっていくんだよって話。なかには、SBI銀行やソニー銀行ように、自動的に引き落とすという機能もありますからね。

お金は『通帳残高』ではなく、『Zaimの残高』で考えよう!

しかし、自分はそういった類の人間ではなく、毎回お金の出入りがあれば、しっかりお小遣い帳(Zaim)に記録し、毎月予算の範囲内で生活できたのか、できていればもっと少なくできないか、できていなければどこが問題だったのかなど検討します。

もし、高額のものが必要になれば、先駆けて毎月貯金したり、1~2年かけて分割し、こちらもZaimに記載します。

例えば、自分は海外旅行に年間50万円使っていました(数少ない趣味なのでそれなりの金額を占めていて、年間5~7回くらい行っていました)なので、毎月2.5万円(年間30万円)+各ボーナス10万円(年間20万円)。というようにして、予算の管理をしていました。

こうすることで、1回の金額を小さくし、予算内に収められるように工夫してきました。

つまり、自分のお金の管理というのは、『銀行口座』ではなく、『Zaim』によるものなので、銀行残高がいくらあろうが関係ないって話なのです。だから、わざわざ『貯金』専用口座なんて必要ないのです。

また、複数の銀行口座を管理することで、正直言って手間になりますから、自分は避けたいところなのです。

給与-生活費=投資資金というルール

また、投資資金も毎月の給与から、生活費を引いて残った金額で行ってます。

上述の通り、自分は銀行残高がいくらあろうが興味がなく、お金の管理はあくまで”Zaim”ですから、予算内に収まれば毎月お金が余ることは確実です。ですから、その分を投資資金として運用するという形をとっています。

前の職場では、ある程度毎月の給与がいくらになるかというのは、決まっていたので先取りをしていましたが、いまは行っていません。よくよく考えれば、そこまで物欲がない自分にとっては、この先取りという考え方も不要なのかなとも感じています。

また、クレジットカードのポイントなどの使い道に関しては、投資一択です。同じようにすることで、お金を使うことなく投資ができます。

【My BEST】ポイント投資で、リスクなく運用する方法。

まとめ

以上の感じで、自分はメインバンクを”楽天銀行”に、サブバンクを”住信SBIネット銀行”にして、日々使用しています。

まぁ、ここ数年、手数料なんて払っていませんね。しかも、ATMで困ったこともないし。それだけ、この2つを10年くらい使ってきて、不便だなって感じたことはありません。十分なくらいです。

このように、自分の銀行口座に『役割』をしっかり持たせ、どのようなお金の流れがあるのかしっかり把握する。そうすることで、残高の把握から日々の支出管理、しいては、投資へという流れができ、着実にお金が貯まってくのではないかと。

自分は上記の理由から、3つの口座を分けて使っているわけではありませんが、もし、初めてこういったことを考えるとか、貯金ができないひとであれば、3つ使い分けるのもいい選択だと思います。