【対策しないと損します!!】Vプリカを利用する際の3つのデメリットと対処方法。

はい、ほしけんです。

以前から、USDC⇒JPYCをうまく活用することで、お得に生活ができるよという話をしています。

日本円をPolygonのUSDCにする4つのステップ!あとは、JPYCに交換するだけ!!
はい、ほしけんです。前回、JPYCをVプリカに交換する方法を解説しました。 なぜ、JPYCをVプリカに交換するかというと、答えは『お得』だからです。 具体的に解説しますと下記の画像の通り。 ...

 

 

で、前回、JPYCをVプリカに交換できるのですが、その”ネット専用”のVプリカにもかかわらず、ネットだけでなく、QRコード決済を利用することで実店舗でも利用できるということをお話ししました。

【実店舗でも利用可能!!】JPYCでお得に手に入れたVプリカの使い道まとめ
はい、ほしけんです。 以前から、日本円をUSDC(Polygon)にして、JPYCにするとお得ですよーという話をしました。 JPYCがお得なのはわかったけど、どういうところで使えるのよ。 その手に入れたJPYCとい...

 

自分は日常の買い物でVプリカを使って生活をしていますので、かなりお得に生活できていると思います。

 

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]そんなVプリカに、、、デメリットとかないの?[/word_balloon]

はい、事実、そんなVプリカにも弱点を感じさせられざる終えないこともあります。なので、今回はこれからVプリカを利用する方に対して、注意点をお伝えしたと思います。

 

スポンサーリンク

Vプリカの3つのデメリット

1、利用できる店舗が限られている。

まずは、1つ目『利用できるサイトや店舗が限られる』という点です。

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]え、すべてのサイトで使えるんじゃないの。。。[/word_balloon]

これは以前の記事でもお伝えした通り、Vプリカはプリペイドカードという特性上、クレジットカードのようにすべてのサイトや買い物で利用できるわけではありません。

具体的に言えば、Vプリカのサイトにこのような記載があります。

  • Vプリカによるキャッシュ(現金)取引

    FX取引や旅行小切手購入などVプリカによるキャッシュ(現金)取引はご利用いただけません。

  • 月額・継続契約の利用料金のお支払い

    カード情報を登録し毎月継続的にお支払いが発生する、数ヵ月後自動更新手続き(契約)が発生する等の加盟店ではご利用いただけません。

    公共料金/電話料金/衛星放送・CATV視聴料/インターネットプロバイダー利用料/WiMAXサービス利用料/新聞購読料(電子版含む)/保険料/レンタルサーバー/定額サービス/通信教育/各種月会費など

    ※商品の一部が含まれる場合にもご利用いただけない場合がございます。

  • 後日カードの提示が求められる可能性がある加盟店でのご利用

    航空券やフェリー、高速バス、また、コンサートなどのチケット、ホテルの事前予約等はご利用いただけません。

具体的に使えないサイトもあります。利用できない加盟店を確認したい|ネット専用Visaプリペイドカード (dga.jp)

 

なので、使えるサイトで使うしかないですし、PayPayなどのQRコード決済に設定して実店舗で利用するのが吉です。

2、毎回カード番号が変わる

続いて、2つ目『発行の度にカード番号が変わる』ということです。

 

これはどういうことかというと、Vプリカを新たに発行した際、カード番号が新しくなります(上の画像ではわかりませんが、番号が違います)

まぁ、新しくカードを発行しているので、わかるっちゃわかるのですが、これがかなり手間です。というのも、このVプリカを支払方法として登録したのを再度登録しなおさないといけません。複数サイトに登録していたら、何回もやらないといけません。

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]毎回変わっちゃうのね。複数サイトの管理は手間だわ。[/word_balloon]

個人的に、できれば新たに発行した場合、もともとあったカードにチャージするようなシステムにしてほしいです。カード番号とCVC(裏面の番号)は変わらず、有効期限だけ変えるでもいいんですけどね。

 

実は合算もできるけど、これもカード番号やらすべて変わります。

 

一応、Vプリカに複数のカードを合算できるサービスがあります。

これを利用すれば、1枚の残高が少なくなっても、2枚目と合算できるので、端数を無駄にすることはありません

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]これはいい機能!![/word_balloon]

しかし、この機能を使うと、合算したカードの番号やらすべて変更になってしまうんですね。つまり、この合算というのは『既存のカードにチャージ』ではなく、『新しいカードを発行』しなおしているということなのです。

これもまた、いちいち各サイトに行き、登録しなおさないといけないんですね。。。

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]。。。。[/word_balloon]

合算できるということは、素晴らしいのですがここが残念なところですね。

 

合算方法⇒Vプリカ|Myページの使い方|ネット専用Visaプリペイドカード (lifecard.co.jp)

 

3、利用しないと残高が消える

最後に『利用しないと残高が消える』ということです。

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]え、残高が減っちゃうってこと!?[/word_balloon]

そうです、残高が減っちゃうんです。ですが、解決法も併せて載せておくので参考してください。

残高が減るというのには2つ意味があります。1つずつ解説していきましょう。

最後に利用してから3ヶ月使用しないと、休眠扱い⇒毎月125円の維持費が請求

Vプリカは休眠カード維持費がかかります。

最後にVプリカを利用した月から未利用のまま3ヶ月を経過した場合、未利用残高の管理費用として、翌月25日に月額125円(消費税込)をVプリカの残高より差し引かせていただきます。

休眠カード維持費は、未利用の状態が続く間、残高が無くなるまで差し引かせていただきますのでご了承ください。
残高が125円未満の場合は、その残高分のみを差し引かせていただきます。残高がなくなりますと、休眠維持手数料は発生いたしません。

なお、Vプリカを再びご利用いただければ、休眠カード維持費はいただきません。但し、その後再び未利用のまま3ヶ月を経過した場合は、改めて休眠カード維持費を差し引かせていただきます。

利用していないのに125円残高が減っていた|ネット専用Visaプリペイドカード (dga.jp)

このVプリカ、3か月利用しないと、休眠カード扱いとなり、維持費が毎月125円請求されます。これは発行してから3か月でもあり、最後に使用してから3か月という場合も当てはまります。

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]。。。これはどうやって解消すればいいの?[/word_balloon]

Vプリカ|Myページの使い方|ネット専用Visaプリペイドカード (lifecard.co.jp)

一応解決策として、Vプリカからメールが来るので、これで未然に防ぐしかないでしょう。もしくは、アマゾンギフト100円分を定期的に購入するのがいいのではないでしょうか。


有効期限が過ぎると、残高がすべて没収されます。

有効期限が過ぎると、カード番号は無効となり残高も失効となりますので、あらかじめご了承ください。
有効期限が過ぎる前にVプリカを新たに購入し、残高加算を選択した場合、有効期限は新たに購入したVプリカ情報に準じます。(※残高加算しない限り、有効期限は変わりません。)

Vプリカ|ご利用に関するご注意|ネット専用Visaプリペイドカード (lifecard.co.jp)

このVプリカの有効期限は、発行してから1年間と短いです。この有効期限を過ぎてしまうと、残高が残っていようが、没収されてしまいます。

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]残高没収って。。。キビシイネ。[/word_balloon]

これを防ぐには、ほかのVプリカを発行して、それに合算し新たなカードを発行でしょう。そのため、有効期限は合算してから1年間となります。

 

なので、個人的には、JPYC⇒Vプリカの移行は定期的に(1年間で使える以内の金額)で行うほうがいいかもしれません。もしくは、ある程度の残高がある場合、有効期限が近付いたらVプリカを新規取得し、合算がいいのではないでしょうか。

ただ、上述の通り、合算するとカード番号が新しくなるので、注意が必要です。

 

となると、1つの妥協策として、1枚『メイン(金額多め)のもの』と2枚目『最低残高のもの』を同時期でもいいので、発行しておきます。日常的に使うのはメインのもので、有効期限が近付いたら、2枚目のものと合算する。

こうすれば、合算することで新たにカードを発行することになり、有効期限もまた1年後になるということですね。

Vプリカの残高を合算した場合も、有効期限が変更となります。

Vプリカを利用する際の3つの注意点

1、利用できるサイトが限られている。

利用できるサイトを使っていく。なければ、発行をやめましょう。

2、発行するたびにカード番号が新しくなる。

できるだけ、新規発行・合算を少なくする。かつ、登録するサイトを少なくする。

3、3か月利用しないと毎月125円維持費がかかり、有効期限を過ぎると全額没収。

定期的に利用し、有効期限が近付いたら合算で延長する。

このよう、Vプリカにも弱点がありますので注意しましょう。

 

いくらお得に手に入るからといって、維持費やら残高没収されては意味がありませんからね。

 

こういった管理が手間であれば、Vプリカの発行はあきらめて、普通に還元率のいいクレジットカードを発行するのも1つの方法でしょう。

30年間の人生でクレジットカード発行数20枚!!そんな自分のクレジットカード発行年表を作成してみた。
30年間の人生で発行したクレジットカードは20枚!2021年5月現在所有クレジットカードは枚、人生で取得したカードは合計20枚。そんな自分が今まで発行してきたクレジットカードを一覧に年表としてまとめてみました。2011~2014年...
【一番お得な取引金額は?】日本円⇒USDC(Polygon)をやるなら、1万円以下はやめておこう!
はい、ほしけんです。 前回、1万円を使って、USDC(Polygon)にした際、どれくらい手数料がかかるんだろうということについて、実際に調べてみました。 結果として、100円程度でした。 で、この記事をまとめてい...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました