【お得にJPYC手に入れたい方必見!】メタマスクの設定とBSCとPolygonネットワークの追加方法!!

はい、ほしけんです。

 

これまでJPYCをお得に手に入れて、ネットでも実店舗でもおとくに買い物ができますよという話をしてきています。

 

【実店舗でも利用可能!!】JPYCでお得に手に入れたVプリカの使い道まとめ
はい、ほしけんです。 以前から、日本円をUSDC(Polygon)にして、JPYCにするとお得ですよーという話をしました。 JPYCがお得なのはわかったけど、どういうところで使えるのよ。 その手に入れたJPYCとい...

手に入れたJPYCはVプリカというプリペイドカードと等価で交換可能ですので、ネットでも実店舗であっても使うことができます。

 

【まだまだチャンスあり!!】USDC/JPYCと米ドル/日本円の推移を比較してみた。
はい、ほしけんです。 今回は、以前からお得とお話しているUSDC/JPYCについて、果たして、どれくらい米ドル/日本円との違いがあるのか調べてみました。本来であれば、USDCは米ドルとペッグしたコイン、JPYCも日本円とペッグ...

なぜ、JPYCがお得に手に入るのかという理由はこちらの記事で解説しています。結論から言えば、価格差を利用しているからです。

簡単に例を言えば、コンビニとスーパー、ドラッグストアで、同じ商品の値段が違いますよね。これが価格差です。

 

日本円をPolygonのUSDCにする4つのステップ!あとは、JPYCに交換するだけ!!
はい、ほしけんです。前回、JPYCをVプリカに交換する方法を解説しました。 なぜ、JPYCをVプリカに交換するかというと、答えは『お得』だからです。 具体的に解説しますと下記の画像の通り。 ...

このように、4ステップで日本円からUSDC(Polygon)への交換は可能ですので、慣れている人やもともと仮想通貨でDeFiを使っている人であれば、比較的簡単です。この4ステップでたどり着けるのには、もともと設定や登録が必要なわけです。

これでは、これから始める人にとっては多分、難しいと思います。なので、これからこの4ステップにあるところを複数記事に分けて、細かく解説していこうかなと考えています。

 

この流れに沿ってやれば、JPYCは手に入るようになりますから、安心してくださいね。

スポンサーリンク

メタマスク(お財布)の設定をしていこう!

JPYCをお得に手に入れるには、仮想通貨の取引が必須になってきます。なので、まずは日本の仮想通貨取引上であるGMOコインやコインチェックなどで登録をしましょう。こちらに関しては、日本の会社ですので、特段解説は不要と判断させていただいています。

 

個人的には、初めて仮想通貨の取引をするのであれば、GMOコインをオススメしています。

というのも、

・出入金が無料!

・仮想通貨の取引において、手数料やスプレッドが小さい!

・仮想通貨の送付が無料で、全部送付であれば金額が小さくてもOK!

・即時、送付対応!

 

というものだからです。

ちなみに、コインチェックの場合、出金にお金がかかりますし、仮想通貨の送付に関しても手数料がかかります。BTC(ビットコイン)の場合、0.001BTCの送付手数料がかかりますので、現在価格で3700円近く送付するだけで取られてしまいます。

これでは、いくらJPYCをお得に手に入るからといっても、かなりの手数料がかかることでお得度が下がってしまいます。

 

しかし、GMOコインであれば、出入金も送付手数料もかかりませんから、自分はメインで使っています。

 

メタマスクを導入する。

では、続いて、メタマスクというウォレット(お財布)の登録をします。

このメタマスクというのは、ネット上のお財布です。ここに各種仮想通貨を入れることになります。仮想通貨を入れるところなので、現物ではないので、ご注意ください。

 

ここで必要なのは、”PC”もしくは”スマホ”になります。皆さん、持っていますよね。。。笑

また、こちらの費用は無料です。

 

メタマスクの登録の仕方は、下記の記事を参照してもらうのがいいのかなと思います。

初心者向けメタマスクのウォレット作成&基本的な使い方(1)|JPYC株式会社|note

MetaMask(メタマスク)とは?使い方やトークンの入金・送金方法を28枚の画像で解説 | Coincheck(コインチェック)

メタマスクにBSCとPolygonを追加する。

みなさん、メタマスクの登録は完了しましたか?パスワードやキーフレーズなどはほかの人に教えちゃいけませんからね。

銀行口座とかの暗証番号やネットサイトのパスワード、クレカの番号等を教えるようなものなので。。。

 

では、登録できたとして、メタマスクにBSCとPolygonの登録を行います。

 

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]BSC???Polygon???ってなによ![/word_balloon]

そうですね、これはネットワークのことになります。難しいですね。

ネットワークというと、その仮想通貨のルールのようなもので、○○の形式で使ってね。じゃないと、使えませんよってことです。

 

簡単に例を言えば、友人に「うち、まっさらの土地があるからサッカーしようぜ」と連絡をします。その際、みなに「各々サッカーに必要なもの持ってきて、集合な!」と伝えます。

サッカーに必要なのは、ユニフォーム、シューズ、サッカーボール、サッカーゴール、ゴールキーパーのグローブと考えます。(自分はサッカーはちょろっとしかやってないので、詳細は知りませんが)

で、集まったのが水泳の服装で来たA君、ボーリングの球を持ってきたB君、バスケットボールのゴールを持ってきたCさん、ボクシンググローブをつけてきたD君、、、という感じで集まりました。

 

。。。。(自分、唖然、、、)

 

え、これじゃ、A君もB君、Cさん、D君も、みんなサッカーできないよね。。。服装もダメだし、ボールも硬いし、ゴールも小さいし、ボクシンググローブでキーパーもやれないし。これではけがをしかねません。当然ですが、彼らはサッカーに参加はできないのです。

つまり、これはサッカーをするというルールのに乗っとってないからです。

 

これにはこの仮想通貨のネットワークにも当てはまるということになります。ルールに乗っ取るようにね、でないとだめだからね。ということです。

 

で、JPYCの取引には、BSC(バイナンススマートチェーン)と呼ばれるというネットワークPolygonと呼ばれるネットワークの2つが必要になってきます。

 

バイナンススマートチェーン(BSC)の紹介 | Binance Academy

メタマスクに各ネットワークを追加する。

メタマスクにネットワークを追加していきます。ここでは、基本的なやり方をお伝えします。

追加する場所は『カスタムRPC』というところをクリックします。

 

そして、こちらが表示されますので、空欄に入力していくことで、メタマスクにネットワークの追加が可能です。入力する内容は、次に示しています。

Polygonをメタマスクに追加する。

まずは、Polygonをメタマスクに追加していきます。ただ、空欄に下記の文章を入力すればOKですが、一応、参考になるリンクを載せておきます(ブリッジ以降の話はやらなくてOKです)

Polygon(旧MATIC)上のJPYCの使い方|JPYC株式会社|note

 

メタマスクに入力する内容はこちら

ネットワーク名 Matic Mainnet
新しいRPC URL https://rpc-mainnet.maticvigil.com/
チェーンID 137
シンボル MATIC
ブロックエクスプローラーURL https://explorer.matic.network/

BSCネットワークをメタマスクに追加する。

最後に、BSCをメタマスクに追加します。こちらは、先ほどのPolygonの登録とやり方としては同じです。ただ、入力する内容が異なるだけです。

バイナンスという会社のHPに追加方法が記載されていますので、こちらを参照ください。

メタマスクのバイナンススマートチェーンへの接続方法 | Binance Academy

 

メタマスクに入力する内容はこちら

ネットワーク名 Binance Smart Chain
新しいRPC URL https://bsc-dataseed.binance.org/
チェーンID 56
シンボル BNB
ブロックエクスプローラーURL https://bscscan.com

 

登録が完了すれば、このようにネットワークの切り替えができます。

 

これで、メタマスクの設定は終わり。

これにて、メタマスクの設定は終了になります。

 

あとは、バイナンスの登録さえ完了してしまえば、あとは登録は不要ですから楽勝です。

 

確かにこのような登録や設定は大変ですが、一回やってしまえば、あとは簡単になります。今後、仮想通貨の世界がどうなるかはわかりません。ですが、着実に便利になるように、技術革新が進んでいくはずです。将来、現金という概念が完全になくなり、この仮想通貨取引が当たり前の世の中になるかもしれません。

なので、ここで、登録してしまい、こういったことに慣れておくのも大切かなと。

また、今は仮想通貨という世界は若い時期です。なので、先行者優位というのも働いているのも事実です。USDCという米ドルと価値が一緒に設計された仮想通貨を運用すると、年利4%とかは普通にありますからね。ものによっては100%。いやそれ以上もあります。普通に銀行口座に入れておくだけとはかけ離れた数値になります(ちなみに銀行金利は年利0.001%)

 

これがきっかけで仮想通貨に興味が持てたら、手に入れてた仮想通貨を運用してみるのもいいかもしれませんね。

 

もし、仮想通貨怖いと思うのであれば、日々の生活で手に入れたポイントを使ってやってみるのも1つの考え方です。

自分も最初は、ポイントで手に入れた分を使って始めました。

【My BEST】ポイント投資で、リスクなく運用する方法。
みなさん、投資資金ってどうやって集めますか?投資したいけどお金がない?投資って怖いからやりたくない?そうですよね、なかなか”投資”というワードが昨今比較的受け入れられてきているような感じがしますが、ま...

コメント

タイトルとURLをコピーしました