【マジでお金消えますよ。。。】日本円⇒USDC(Polygon)にする際の注意事項をやり方付きで解説!

はい、ほしけんです。

 

前回までメタマスクという仮想通貨のお財布(ウォレット)とバイナンスという海外の仮想通貨取引所の口座を開設し、設定が完了しました。

 

【お得にJPYC手に入れたい方必見!】メタマスクの設定とBSCとPolygonネットワークの追加方法!!
はい、ほしけんです。 これまでJPYCをお得に手に入れて、ネットでも実店舗でもおとくに買い物ができますよという話をしてきています。 手に入れたJPYCはVプリカというプリペイドカードと等価で交換可能ですの...
バイナンスの登録方法
はい、ほしけんです。 前回、メタマスクという仮想通貨用のウォレットの設定についてお話ししました。 続いて、今回はバイナンスという仮想通貨取引所の開設を行いたいと思います。 これさえ、...

これが済むことで、ついに以前からお話している日本円からUSDC(Polygon)、そして、今回の目的であるJPYCをお得に手に入れるということが可能になりました。

日本円をPolygonのUSDCにする4つのステップ!あとは、JPYCに交換するだけ!!
はい、ほしけんです。前回、JPYCをVプリカに交換する方法を解説しました。 なぜ、JPYCをVプリカに交換するかというと、答えは『お得』だからです。 具体的に解説しますと下記の画像の通り。 ...

 

あとは、過去に記事にそってやっていただければ、OKにはなります。がしかし、送付などのちょっとややこしい部分がありますので、やり方を載せつつ、注意点もお伝えしたいと思います。

 

ちなみに、日本円⇒JPYCの流れは下記の通りです。

1、日本円を日本の仮想通貨取引所に入金し、BTC等を手に入れる。

2、手に入れたBTC等をバイナンスに送付する。

3、バイナンスにて、USDCに交換する。

4、USDCをメタマスクに送る。

5、xPollinateにて、USDCをPolygonに移す

6、USDC(Polygon)⇒JPYCに交換する

注意箇所として、2のバイナンスへのBTCの送付4のメタマスクへのUSDCの送付になります。ほかは上の記事を読めばわかると思います。

 

ということで、送付などのやり方についてお話してきます。

スポンサーリンク

先に注意事項とアドバイス!!

まず先に注意事項をとアドバイスをお伝えしておきます。実はこれからやる作業というのは、非常に危険なのです。場合によっては、資産を失います。失った方といって、補償してくれるとは限りません。多分無理でしょう。自己責任です。

自分の大切なお金、失いたくないですよね。だからこそ、慎重に、確実にやっていくべきなのです。

送付する際は、小額で試す。

まず1つ。これから各仮想通貨取引所間で、仮想通貨の移動をします。その際、送り先のアドレス(銀行で言えば口座番号のようなもの)を1文字でも間違えれば、送れません。

送ることはできるかもしれませんが、あなたの口座には送れません。違う世界へ飛ばされるか、、、っていう感じです。これは、セルフGOX(ゴックス)といいます。意味としては、自分のミスで仮想通貨を紛失、引き出せなくなることです。

 

そもそもこの送付において、ミスする箇所は限られています。今は意味が分からないかもしれませんが、アドレスのミスとネットワークのミスです。

無限にミスする箇所があれば、対応策も大変ですが、この2つのミスは対処可能です。

 

これの対策方法として、送付する際は『小額でまずやってみる』ということです。これで解決できます。

 

共にアドレスを間違えて送ってしまった人で考えていきます。

A,100万円全額を送付してみたが、アドレスを間違えてた。

B,100円お試しで送付してみたが、アドレスを間違えてた。が、99万9900円は残っている。

 

どうでしょう、答えは明白ですね。Bさんであれば100円失ったかもしれませんが、まだ残高は十分にあります。あとは失敗した箇所を訂正すればいいのです。訂正して成功すれば、あとは登録したアドレスですから、同じようなミスは起こりません。

Aさんのようにならないでくださいね。

成功したアドレスや設定は、登録しておく。

続いて、先ほどの注意点と似通っていますが、これから送付という作業を行う機会が増えるかもしれません。

その際、毎回、毎回、送り先を設定するのは、かなり手間です。銀行の送金と同じですよね、定期的に送るならお気に入りにいれておくべきです。

なので、あっているかわからないけど、登録し、送付。それが成功していれば、その登録を使用していく。ダメなら、その登録を削除し、再設定がいいと思います。

 

・小額で送付を試してみる(最初からフルスロットルはNG!!)

・成功した設定を登録し、これからも使用していく。

自分も、注意すべき点は定期的にアピールしていきますので、もし見かけたら注意ポイントだなと思ってやってください。

 

なお、失敗しても、私も当然ながら保証はしません。自己責任でお願い致します。

では、やり方を解説しながら、注意点をお伝えしていきます。

1、日本の仮想通貨取引所からバイナンスへの送付

まず、1つ目のちょっとややこしい問題点として、日本で手に入れた仮想通貨をバイナンスに送付することです。

 

今回は、自分が使っているGMOコインという日本の仮想通貨取引所で行っていきます。ただ、別の取引所であろうが、やり方は同じです。

まずは、GMOコインで手に入れたBTCを送るので、BTCの送付ページを開きます。流れとしては、入出金⇒暗号資産⇒BTC⇒送付です。

ここで、送り先を入力していくことになりますので、新しい宛先を追加するを選択しておきます。

 

送り先はバイナンスなので、バイナンスのサイトで、受け取り専用の番号を調べます。フィアットと現物(入金&出金)を選択。

そして、今回バイナンスに送るのは、BTCですので、BTCの入金を選択。

ここで、ネットワークの選択をします。

ここが重要なのですが、赤枠のBTCというところを選択します。違うネットワークを選択してしまうと、場合によっては消えてしまい、自分の口座に入らない場合がありますので、本当に、本当に、注意が必要です。

ネットワークは『BTC』を選択。

ネットワークを選択すると、アドレスがでてきます。アドレス横の、紙が重なったようなマークをクリックすると、コピーできます。間違えても送ることができないので、手入力ではなく、コピーでやりましょう。

 

先ほどのGMOコインのページに、バイナンスで手に入れたアドレスを入力します。

あとは、好きな金額を送ってみてください。GMOコインであれば、0.00005BTC≒200円(販売所)で手に入りますから、これで試して送ってみましょう。

 

まずは最小金額で送って、実際に届くのか試してみましょう。1回目は慎重に。

 

2、USDCをメタマスクに送る

USDCを交換と同時に、BNBも手に入れておく。

続いて、バイナンスでBTC⇒USDCを交換して、この手に入れたUSDCをメタマスクに送ることになります。

ですが、先にBTC⇒USDCと同時に、BNBを小額でいいので交換しておきます。そうしないと、のちで手数料が発生する際に支払えなくなってしまいます。やり方はUSDCを手に入れる方法と同じです。

単純にこの作業を1回行うのであれば、10円程度分でOKです。が、ある程度は交換しておきましょう。

USDCを交換するのと同時に、BNBも小額交換しておく。

バイナンスに出金口座の登録をする

別にバイナンスからメタマスクに送る際に、登録は不要です。がしかし、毎回設定するのはかなり手間ですし、不安になります。なので、一旦送り先であるメタマスクを登録してしまいましょう。

登録して、送付が成功すれば、もうあとは金額が大きくても心配は不要ですからね。

先ほどのバイナンスのトップページから、フィアットと現物(入金&出金)に行き、USDCの”出金”を選択します。

アドレス帳を選択。

アドレスの管理を選択。

アドレスを追加を選択し、自分が送りたい通貨(今回はUSDC)を選び、メタマスクのアドレスを貼り付けます。

メタマスクのアドレスは、2つ画像を戻ってもらって、メタマスク(きつねみたいなやつ)のクリップボードにコピーという文字付近にあります。付近をクリックするとコピーができます。

続いて、ネットワークの設定に移ります。ネットワークはBSCです。間違えないように。

ネットワークは”BSC”を選択。

 

これで登録が完了しますので、下に行き、実際に送っていきましょう。

USDCをメタマスクに送る

一応、上述の登録をしないでやる方法も載せておきます。かぶっているところは省きます。

ここで、メタマスクのアドレスを入れていきます。アドレスを登録済みであれば、アドレス帳から選びます。

 

続いて、ネットワークを設定します。この場合、ネットワークはBSCに設定します。

ネットワークは”BSC”を選択。

本当にそれで大丈夫?と聞いてくるので、はい、を選択。

あとは、このように送りたい金額を選べばOKです。

メール認証とGoogle認証をして、送ります。

このように、出金状況が確認できるようになり、作業が完了すると、メタマスク(BSC)にUSDCが入っているでしょう。

 

先ほどのバイナンスへの送付の時も話しましたが、まずは小額でやりましょう。バイナンスはこのように1USDCから送れますから、まずは試してみましょう。失敗しても100円程度です。

送る際は、とにかく小額で実験してからにしましょう。

 

これで、すごーく神経を張るところは終わりです。まぁ、一回登録して成功すれば、あとは流れ作業のようなものですから、毎回神経を張る必要はありませんよ。

3、xPollinateにて、USDCをPolygonに移す

xPollinateのサイトに行きます。赤枠のところを選択し、メタマスクと連携します。

そして、今回はBSCにあるUSDCをPolygonに変換するので、上のような設定になります。つまり、左に送り”元”、右に送り”先”です。

メタマスクはBSCに設定してください(自分は青矢印の部分を同じにしてなくて、エラーが起きました。。。)

一応お伝えしておきますが、PolygonとMaticは同じものです。Polygon(旧Matic)の関係性です。

下にスクロールすると、このようにいま送れる各通貨が表示されます。Destination Chainは送り先(この場合はMatic)Exit Liquidlyは交換可能額です。自分の交換したい分があるのか確認しておきましょう。

 

これにて、日本円⇒USDC(Polygon)の交換が完了!!

さてさて、皆さま付いてこられたでしょうか。もしミスしても落ち込まないでください、アドバイス通り、小額でやったのであれば失った額は小さいはずです。これは諦めましょう。

ですが、このリスクを背負って行動した人には、大きな利益も得られるのです。

というのも、先日からお話している、そもそもなぜ日本円をJPYCにするのかということ。簡単に理由を言えば『儲かるから』です。

 

【まだまだチャンスあり!!】USDC/JPYCと米ドル/日本円の推移を比較してみた。
はい、ほしけんです。 今回は、以前からお得とお話しているUSDC/JPYCについて、果たして、どれくらい米ドル/日本円との違いがあるのか調べてみました。本来であれば、USDCは米ドルとペッグしたコイン、JPYCも日本円とペッグ...

これはいまの取引上の価格差により、利益が出るようになっています。当然ながら皆が皆とはいいがたいですが、基本的に儲かるチャンスは広がっています。基本的に、米ドル/日本円のラインは超えてないですからね。

利益にして7~8%くらいですね。この利益をどう見るかは個人の自由ですが、自分はすごく希望のある数字だと判断しています。

だって、普段の買い物が7~8%も安く買えるんですよ。欲しかったあれが、安く買えると考えたら、うれしくないですか。自分は今の生活をこれで手に入れたものを使っているので、常にお得状態。気持ちは、マリオのスター状態です。

急にですが、自分がいまほしいと思うものは、シャオミのMi 11 lite 5Gです。笑

 

ということで、ここまでやれたあなたは、この利益をどうするかは自由にしてください。欲しかったあれを買うのもよし、それをさらに運用するのもよしです。

【画像付き】JPYCをVプリカに交換する方法を解説!
ほしけんです。 自分は仮想通貨の取引をやっていますが、まぁ、その取引については置いておいて 今回は、JPYCという日本円と同じ価値を持つ仮想通貨を、Vプリペイドカードに交換する方法を画像をつけて解説していきたいと思います。という...

 

【実店舗でも利用可能!!】JPYCでお得に手に入れたVプリカの使い道まとめ
はい、ほしけんです。 以前から、日本円をUSDC(Polygon)にして、JPYCにするとお得ですよーという話をしました。 JPYCがお得なのはわかったけど、どういうところで使えるのよ。 その手に入れたJPYCとい...
【対策しないと損します!!】Vプリカを利用する際の3つのデメリットと対処方法。
はい、ほしけんです。 以前から、USDC⇒JPYCをうまく活用することで、お得に生活ができるよという話をしています。 で、前回、JPYCをVプリカに交換できるのですが、その”ネット専用”のVプリカにもかか...

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました