【非推奨】JPYCを活用して、PolygonでWBTCを手に入れる!簡単で便利ですが、、、デメリットも。

はい、ほしけんです。

Polygonで、仮想通貨の運用をしたいんだけど、簡単に入金する方法ってないの?そう思った方もいるかもしれません。

 

というのも、これまで解説してきた方法だと手順を踏まなければなりませんでした。

日本の仮想通貨取引所→バイナンス→、、、→Polygonというステップを踏まないといけませんでした。

これには、必然と手数料がかかってくるし、時間も要します。

 

しかし、これをより簡単に、時間的に素早く直接Polygonに入金する方法があります。

 

それが、JPYCに日本円を振り込んで、PolygonでJPYCを受け取るという方法でした。

 

【コンビニで買うと損します!!】JPYCを手に入れて、Vプリカをお得にゲットする方法!!【未成年必見】
はい、ほしけんです。 これまで、日本円⇒USDC(Polygon)⇒JPYCで取引をすると、お得にJPYCが手に入りますよという話をしてきました。 ですが、この方法お得に手に入るが故、結構手間といえば手間なのです。 ...

やり方に関しては、上の記事に記載してあります。

 

そして、比較するとこんな感じ

・日本の仮想通貨取引所やバイナンスやらを経由してPolygonに送る方法

日本の仮想通貨取引所⇒バイナンス⇒メタマスク⇒xPollinate⇒Polygon

・JPYC社に送金して、直接Polygon上でJPYCをゲットする方法(今回のやり方)

JPYC社(振り込んで終わり)⇒Polygon

 

比較すれば単純明快です。JPYCに申し込んで、銀行振り込みをすれば、勝手にウォレットに振り込まれます。

そして、直接Polygon上にJPYCが手に入るので、あとは取引を開始するだけになります。もちろん、ほかの口座開設とかも不要ですから手間が少ないというメリットがあるのです。

つまり、この方法をやれば、簡単にWBTC(イーサリアム上で使えるBTCのことで、価値はBTCと同じ)が手に入るんですね。そして、このWBTCを運用したりもできちゃいますなので、手数料の安いPolygonでWBTCなどの通貨を運用したい人にとって、かなり便利なやりかたになります。

 

個人的には、出口的に使い勝手のいいJPYCがあるPolygonでの運用をオススメします。

Polygonでの運用をすれば、JPYCに交換可能ですから、実質現金化というのも可能です。もちろん、BTCなどと交換して保有するのも選択肢としてあります。

しかし、BSCなどであると、現金化するのであれば、日本の仮想通貨取引所に送り、そして、銀行に振り込む形なりますから手間に感じるかもしれません。取引も多くなるので場合によっては、手数料もかかるかもしれません。もちろん、こちらも運用益分をBTCにするなどして保有する場合は問題ありませんが。

JPYCをVプリカに交換して、実質現金化を図る方法。

【実店舗でも利用可能!!】JPYCでお得に手に入れたVプリカの使い道まとめ
はい、ほしけんです。 以前から、日本円をUSDC(Polygon)にして、JPYCにするとお得ですよーという話をしました。 JPYCがお得なのはわかったけど、どういうところで使えるのよ。 その手に入れたJPYCとい...

 

で、ここでふと疑問に思ったのですが、JPYCを手に入れてWBTCを取引した場合、どれくらい手数料を取られたり、価格が違うのだろうかということ。もちろん、JPYCをPolygonに直接振り込んでもらって、WBTCにしたらもちろん簡単だし、手間が少なく楽でしょう。これは先ほど述べたとおりです。

ですが、実はめちゃくちゃ手数料なりなんなりが高ければ、なんだかもったいないという気もしてきてしまいます。ちなみに、JPYCのPolygonへの送付に関しては、JPYC社が行うので、手数料はかかりません。

 

なんで、今回この点について、調べてみました。

 

先に結論をまとめておけば、

数万円程度のJPYCでWBTCを手に入れたいのであれば、この方法でもいいと思います。

 

スポンサーリンク

JPYC⇒WBTCはかなり手数料がかかります。

今回検討するのは、JPYC⇒USDC⇒WBTCというふうに、JPYCを最終的にWBTCにする場合になります。

というのも、JPYCから直接WBTCの交換は流動性の関係からかできなく(実際は自動的に最適なレートをはじき出してくれます)大概JPYC⇒USDCにしてから、WBTCにするものでした。なので、ここでもUSDCを経由した方法で考えていきます。

ちなみに、今回JPYC⇒USDCとUSDC⇒WBTCで分けて取引を行う想定で考えましたが、JPYC⇒WBTCの場合も同じJPYCの金額で手に入りました。なので、実際の取引ではJPYC⇒WBTCの取引でいいでしょう。

また、あまり取引の金額が大きいとレートが悪くなります。上の画像のように、50万JPYCをUSDCにしようとした場合、1USDC=128.897JPYCというかなり悪いレートになっているのがわかります。交換金額が少なければレートはそこまで悪くはなりません。

特にJPYCの場合は、まだまだ流動性が低いため、1万円程度がちょうどいいラインかなと思っていますので、ここでも1万円程度になるような金額で検討しています。

 

当然ながら、そのときの取引状況でこの検討結果というのは変わっていくことがあることはご了承ください。

なので、あくまで1つの例として参照いただければと思います。

 

USDC⇒WBTCの手数料は、0.5%程度

まず、USDCをWBTCに交換します。

で、0.002WBTCを手に入れようとしたとき、83.99USDCが必要になってきます。つまり、1WBTC=41997.7USDCのレートになります。この時の1WBTCの価格は、41787ドル(=41787USDC)ですから、若干レートが悪いということがわかりますね。

1WBTC当たり約210ドルの差ですから、0.5%の乖離ということになります。そして、今回の0.002WBTCの場合は、大体0.4ドルで日本円で45円程度の差となります。

JPYC⇒USDCの手数料は、5%程度

続いて、JPYC⇒USDCに交換をします。USDCは先ほど0.002WBTCの交換に必要な分で検討します。

その結果、約9691JPYC必要となってきます。このとき交換レートは1USDC=115.385JPYCでした。

執筆時は土曜日ですので、為替相場は動きません。なので、1ドル109.68円と固定です。

これを比較するに、1USDC当たり5.7JPYCの差が出てきています(割高)なので、今回84USDC必要ですから、480円程度高いということになります。割合に換算すれば、約5%程度と高いですね。

 

特にJPYCの変動はかなり激しく、乖離もそれなりにあるため、このような結果になっています。

 

その乖離を利用して、自分は若干儲けたわけですが。

【利益率約7%】20万円使って、USDC/JPYCのアービトラージ!!どれだけ儲かるのか?!
はい、ほしけんです。 以前から、USDC/JPYCのレートがすごくお得だよという視点で、記事を執筆しています。 さて、お前、そんな風に言って、本当に儲かっているの?本当に儲かるのかよ。という気持ちもわから...

WBTCをJPYCで買う場合、5%程度手数料がかかるかも。

結果をまとめれば、JPYCをWBTCに交換する場合、5%程度レートが悪い状態での取引になるということでした。

また、JPYC⇒USDCのレートが、一番のかなめであることは先ほどの数字からも明らかです。ここをいかに下げられるかということが重要になってきます。

 

なので、こういった方にとって向いているやり方であるということです。

JPYCでWBTCなどを手に入れる場合、手数料は5%程度かかる

資金の移動が面倒、多少の手数料を気にしないという方にいいやり方

 

さらに、上の画像は過去のUSDC/JPYCの推移から考えれば、今回の場合に関して、そこまでJPYC⇒USDCのレートは115.4JPYCですから、特段悪いというわけでもないと判断できます。場合によって1USDC=117~120JPYCのときもあるので、その場合はもっと乖離があるでしょう。

 

実は、もう一つの問題点。

これは先ほどのJPYC⇒USDCの交換時のレートが悪いということに起因する問題ですが、先ほども言った通り、交換する金額が多くなればなるほどレートが悪くなります。

 

となると、10万や20万以上の取引の場合、一気にJPYC⇒WBTCにしようとすると、レートが悪くなります。

したがって、回避策として、1万円程度を何回か繰り返して、WBTCを手に入れるとうことです。

 

そうなれば、かなり手間ですよね。せっかくJPYCで楽に取引ができるという話なのに、逆に手間になってしまうのです。

 

であるならば、5万円とかの取引であれば、まぁ了承できる範囲かもしれませんが、ある程度の金額になるならばこれまでのやり方のほうがいいかもしれません。

【完全版】日本円ステーブルコインJPYCを”お得”に手に入れて、一歩先の未来を体感しよう!!
はい、ほしけんです。 これまで銀行にある日本円をUSDC(Polygon)に交換して、お得にJPYCを手に入れる方法について解説してきました。 流れをまとめておくと、この通り 1、日本の仮想通貨取引所に...

これまでのルートとはこちらのものになります。PolygonにUSDCがあれば、この場合はJPYCではなくWBTCに交換すればいいだけの話ですから、応用が効きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました