【お金借りるって簡単!!】SushiSwapのKashiでJPYCを借りてみる!

はい、ほしけんです。

前回、SushiSwapのKashiにて、JPYCを貸して、利息を得るということについてお話ししました。

SushiSwapでJPYCをKashi(貸し)てみた!
はい、ほしけんです。 今回は、SushiSwapにて、JPYCをKashi(貸し)て、利益が手に入りましたというお話をしたいと思います。 このKashiというのは、仮想通貨の貸し借りができるプラットフォームです。具体的に...

 

JPYCを貸せる立場にあるということは、JPYCを借りることも当然ながら可能です。

では、今回は、KashiにてUSDCを担保にして、JPYCを借りてみました。

スポンサーリンク

JPYCを借りるメリットとは

前回SushiSwapのKashiについての概要はまとめてあるので、詳細はそちらで確認お願いします。

簡単に解説しておくと、Kashiではほかの仮想通貨の貸し借りできるプラットフォームと違い、好きな仮想通貨同士をペアとして組むようになっています。つまり、そのペア同士で貸し借りができるということです。

したがって、逆にそのペア以外の通貨では、貸し借りはできないというシステムになっています。

 

それゆえ、Kashiではユーザーが好きな通貨同士をペアにすることができ、担保性に疑いがあるというと語弊を招きますが、本当に価値があるんかね?という通貨ですら、担保として利用できます。だからこそ、比較的新しい通貨であるJPYCも担保にできるし、借りたりすることができるのです。これが、取引をペア間のみで制限する代わりに得られたメリットであるということです。

また、Kashiにおいて、借りた側は利息を払わないといけません。そして、その一部が、貸した側には利息が手に入るようになっています。

 

では、なぜわざわざ通貨を借りる必要があるのでしょうか。検討していきましょう。

 

1、借りた通貨をさらに運用して、利益を得るため。

まず、1つ目に、借りた通貨を運用して、さらに利益を得るためということです。

これはどういうことかわかりにくいと思うので、数字で解説します。

 

仮にBTCを担保にして、USDCを借りたとします。このとき年利で3%の利息を払う必要があります。

そして、借りてきたUSDCをほかの仮想通貨取引所で、運用します。そのとき手に入る年利が20%であったとします。

 

となれば、利息3%を払って借りたとしても、20%の利息が手に入るのですから、プラス17%になります。だから、借りる人がいるということですね。

 

まぁ、これ自体は考えやすい部類かなと。普通に、会社でも、不動産投資でもより多くの利益が手に入る見込みがあるから、銀行から借り利息を払うようなものです。

2、持っている仮想通貨を利確しないで、運用する。

2つ目に、所有する仮想通貨を利確しないで、運用をするためです。

 

日本の仮想通貨取引に対する課税はこのようになっています。

保有する仮想通貨Aを他の仮想通貨Bと交換した場合、仮想通貨Aで仮想通貨Bを購入したことになりますので、仮想通貨Aの譲渡に係る所得金額を計算する必要があります。

3、仮想通貨同士の交換を行った場合より引用 virtual_currency_faq.pdf (nta.go.jp)

つまり、仮想通貨を日本円にした場合、課税されるというのは想像つきやすいですが、ほかの仮想通貨に交換した場合でも、利確に該当します。もし、交換した仮想通貨が後に暴落しても、その利確に対しては課税されます(自分は税理士でもないので、詳細は自身で確認ください)

ですが、あくまでKashiなどのプラットフォームで、担保にして預けることに対しては、日本円にするわけでも他仮想通貨にするわけでもないので、課税対象ではありません。

なので、利確したくない仮想通貨を持っている場合、Kashiで担保にして、ほかの通貨を借りて運用し、利益を得るというのも借りる理由の1つです。また、単にJPYCという出口ができたからこそ、JPYCを借りて、Vプリカに交換し生活するというのも1つの選択肢です。

【実店舗でも利用可能!!】JPYCでお得に手に入れたVプリカの使い道まとめ
はい、ほしけんです。 以前から、日本円をUSDC(Polygon)にして、JPYCにするとお得ですよーという話をしました。 JPYCがお得なのはわかったけど、どういうところで使えるのよ。 その手に入れたJPYCとい...

3、将来的に値下がるであろう、通貨を借りておく。

最後に3つ目は、将来的に値下がるであろう通貨を借りるです(もしくは値上がる)

これは、株式投資のカラ売りにほぼ似た考えかたです。

 

具体的に言えば、自分がBTCを持っていて、担保にします。そして、Aという将来価格が下がりそうな通貨を借ります。それをUSDCなどに交換しておき、Aが下落したタイミングで、再度Aに交換。そして、返済するということ。そうすれば、USDCは余りますから、それは利益になります。

ま、これは逆に将来的に伸びそうな通貨にも応用が利く方法です。

 

Kashiで借りる理由はこれだけではないと思いますが、こんな感じであろうと思います。

Kashiで、JPYCを借りてみた!

では、KashiでJPYCを借りていきたいと思います。

が、このKashiで借りる場合、2パターン大きく分けてあります。

それが『レバレッジをかけない場合』『レバレッジをかける場合』です。

 

今回は『レバレッジをかけない場合』のみ解説しますが、2種類あるんだということははっきり理解しておきましょう。

レバレッジをかけず、単純に借りる場合。

先ほどKashiで借りる場合、2つパターンがあるということをお話ししました。で、今回は『レバレッジをかけないで、借りるパターン』を解説します。

これはシンプルで、ある通貨を担保として預け、ほかのペアとなる通貨を借りることです。

預ける際に自分の資産から預ける分は減り、借りた通貨は自分の資産に追加されます。

 

では、実際に見ていきましょう。

KashiでUSDCを担保にJPYCを借りてみる。

まず、Kashiの”借入れる(Borrow)”にいきます。そうすると、このページになります。

前回の貸す場合と表記は同じなので、省きますが、借入れる:自分が借りる通貨、担保:自分が預ける通貨、APR:払う年間金利になります。

検索のところにJPYCを入力します。ちなみに、利用可能JPYCがないといくら担保があろうとも借りることができませんので、注意ください。ここでは、一番上のUSDCを担保にして、JPYCを借りることにします。

この画面で、USDCを担保にして、JPYCを借ります。

“Add USDC collateral from (Wallet)”で、ウォレットから担保となるUSDCを預けます。なお、(Wallet)にしたのは、BentoBoxというSushiSwapにある資産を預かる場所も選択できるためです。

で、ここに預ける金額を入力します。ここでは1USDCを担保にしています。

 

そして、預ける金額を入力すると、借りれるJPYCの最大金額が表示されます。この場合では86.99JPYCでした。Kashiでは担保額に対してどれくらい借りれるのかという表記がありませんでしたが、計算的には75%程度になります。

ここでは、70JPYCを借りることにします。あとは、下にある”Add Collateral and borrow”を選べばOKです。

”Swap borrowed JPYC for USDC collateral”は選ばない!!!

その結果、自身のウォレットから1USDCが減り、70JPYCが借入済みになり、ウォレットに追加されています。これを冒頭に説明した通り、運用するなりしてより利益を得られると思います。ただ、APRは変動するのでたまに見たほうがいいです。

これで完了です。めちゃめちゃ簡単ですよね。お金を借りるってすごーく大変なんです。

借りたJPYCを返済する。

返済に関しては”払い戻す”で、借りるときには使わなかった”Swap USDC collateral for JPYC and repay”を選択します。これを選択すると、返済から担保回収まですべてやってくれます。

これを選択しなくとも返済は可能です。一部返済や一部担保回収も可能なので、その場合はチェックをしないようにしましょう。

ただ、全額返済の場合は、チェックを入れたほうが楽です。

 

返済もこれで完了です。すごく簡単です。

余談にはなりますが、自分は不動産投資も行っているので、物件を購入するとき、銀行から融資を受けたことがあります。が、この融資までめちゃくちゃ時間がかかるんですよ。しかも、こんな金利も安くはありません。

手軽にお金が借りれるという時代は着実に近づいていってますね ←これってすごいことなんですよ。

 

ということで、次はレバレッジをかけた場合についてお話ししていきます。

Polygonで仮想通貨取引するなら、ParaSwapが最強な3つの理由!
はい、ほしけんです。 以前から、日本円をUSDC(Polygon)にして、JPYCを交換して、利益を得ようという話をしてきました。 この記事を読めば、だれでもJPYCを手に入れることができるのですが、どこで手に入れたUS...
Polygonで仮想通貨取引するなら、ParaSwapが最強な3つの理由!
はい、ほしけんです。 以前から、日本円をUSDC(Polygon)にして、JPYCを交換して、利益を得ようという話をしてきました。 この記事を読めば、だれでもJPYCを手に入れることができるのですが、どこで手に入れたUS...
【完全版】日本円ステーブルコインJPYCを”お得”に手に入れて、一歩先の未来を体感しよう!!
はい、ほしけんです。 これまで銀行にある日本円をUSDC(Polygon)に交換して、お得にJPYCを手に入れる方法について解説してきました。 流れをまとめておくと、この通り 1、日本の仮想通貨取引所に...

 

【利益率約7%】20万円使って、USDC/JPYCのアービトラージ!!どれだけ儲かるのか?!
はい、ほしけんです。 以前から、USDC/JPYCのレートがすごくお得だよという視点で、記事を執筆しています。 さて、お前、そんな風に言って、本当に儲かっているの?本当に儲かるのかよ。という気持ちもわから...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました