SushiSwapのKashiとイールドファーミングの違いをまとめました。

はい、ほしけんです。

 

以前からおトクに手に入れたJPYCの運用方法について、お話ししてきました。

SushiSwapでJPYCをKashi(貸し)てみた!
はい、ほしけんです。 今回は、SushiSwapにて、JPYCをKashi(貸し)て、利益が手に入りましたというお話をしたいと思います。 このKashiというのは、仮想通貨の貸し借りができるプラットフォームです。具体的に...

1つ目に、SushiSwapのKashiで、JPYCを預けて金利を得るという方法ですね。

 

QuickSwapでUSDC-JPYCの流動性を供給してみた!手数料が手に入りました!!
はい、ほしけんです。 以前から、日本円をUSDC(Polygon)にして、そのUSDCをJPYCにすることで、利益が出ますよという話をしてきました。 こちら完全版となっており、やり方やJPYCなどの情報を盛り込ん...

 

2つ目に、USDC-JPYCのペアを作り、流動性を供給して手数料収入を得るというものでした。この方法をイールドファーミングといいます。(この記事ではQuickSwapですが、SushiSwapでも同様のことが可能です)

 

さて、ほかにもJPYCの運用方法に関してはほかにもあると思いますが、現状は大きくこの2つになると思います。そして、個人的にはもっと増えてほしい。

 

では、まず、Kashiとイールドファーミングの違いをまとめて、自分はどのようにJPYCを運用しているのか、区別しているのかということをメリット・デメリットを合わせて自分なりの考えをお伝えしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

Kashiとイールドファーミングのメリット・デメリット

では、まず2つの違いを確認していきましょう。詳しい詳細は、上のリンクから確認ください。

まずはKashiについて

〇 Kashiのメリット

JPYC単体で運用できる、ペアを準備する必要なし、インパーマネントロスがない、担保がある

✖ Kashiのデメリット

金利が低いことが多い(銀行よりはいい)、残高がないと引き出せない

 

続いて、イールドファーミングについて

〇 イールドファーミングメリット

金利がかなりいい、自由に好きなタイミングで引き出せる

✖ イールドファーミングデメリット

単体では利用不可、ペア分の資金が必要、インパーマネントロスがある、担保がない

自分なりにまとめたメリット・デメリットになります。

 

 

インパーマネントロスがわからないって方は、下記の記事からどうぞ。

 

【知ってないとヤバい!?】インパーマネントロスについて、素人でもわかるよう簡単にしました。
はい、ほしけんです。 先日、USDC-JPYCの流動性を供給して、手数料が手に入りましたという話をしました。 じゃあ、自分も余っている通貨と組み合わせて流動性を供給すれば、手数料めっちゃ入るじゃん!ラッキーと思わ...

Kashi=トレード資金、イールドファーミング=銀行預金

Kashi⇒USDCとJPYCのトレード資金

イールドファーミング⇒銀行預金

で、このメリット・デメリットを検討した結果、自分は上のように運用しようと決めています。

 

では、どうしてこのような運用方法にしたのか理由を解説していきます。

Kashiを銀行預金のようにする理由

改めて、Kashiのメリットは下記の通り。

〇 Kashiのメリット

JPYC単体で運用できる、ペアを準備する必要なし、インパーマネントロスがない、担保がある

✖ Kashiのデメリット

金利が低いことが多い(銀行よりはいい)、残高がないと引き出せない

個人的に、Kashiであれば、JPYC単体で運用ができるってことが一番のメリットかなと思います。もしイールドファーミングするならば、ほかの通貨を同じ金額分用意しないといけないですからね。

具体的に行けば、5万JPYCをイールドファーミングで運用したいとなったとき、USDCをペアにするとします。となると、USDCも5万円分用意しないといけないんですね。資金力ある人ならいいんですけど資金力がないと面倒だなーって感じちゃいますね。

 

ただ、KashiでのJPYCの運用は、金利が高くありません。1%あれば十分なレベル。というのも、この金利は需要と供給により決まります。

執筆時現状だと0.04%と、まぁ銀行金利よりはいいですよ。だって、銀行金利は0.001%ですから。

ですが、大きく違いはないのかなと。ただ、あくまで需要と供給により、借りたい人が多ければ金利は上がるシステムなので将来的にどうなるかはわかりませんけどね。一時期は3%近くまで行っていたこともありますしね。

ただ、現状、Availableのところに250万JPYCあるので、なかなか上がるのは厳しいんじゃないかなと思います。

 

一応このような形で、金利が8時間おきに変わります。もし100%借りられている状態(横軸)であれば、金利は8時間後に2倍になります。ですが、70%以下になっていくと、徐々に金利は下がるようになっています。

 

また、Availableが少ないと自分が預けたJPYCを引き出せないってこともあります。これが一番KashiでJPYCを預けるときの問題点になるかもしれません。

具体的に見れば、このような感じ。自分は数万JPYCを預けていましたが、利用可能(Available)が301JPYCしかないことで、引き出そうとしても、301JPYCまでしか引き出せませんでした。Max 301.3と書かれていますよね。

なので、自分がJPYCをVプリカなんなりにしたい!っていう肝心な時にできない!!ということもあり得るということは理解ください。

しかし、現状は250万JPYCあるので、まぁ、基本的に問題ないかなと思っています。

 

長くなりましたが、このようなKashiのことを踏まえて、

自分は『トレード資金』的なポジションとして利用しています。

 

つまり、お得にUSDCと交換できるなら、必要な時に引き出して交換する。もし、Availableの残高不足なら機会損失になってしまうので、一応、ウォレット内にもJPYCはある程度保有しています。

イールドファーミングを銀行預金にする理由

〇イールドファーミングメリット

金利がかなりいい、自由に好きなタイミングで引き出せる

✖イールドファーミングデメリット

単体では利用不可、ペア分の資金が必要、インパーマネントロスがある、担保がない

続いて、イールドファーミングについてですが、個人的にやはり、金利がいいということがメリットとして挙げられます。

具体的に見ていけば、ここ最近年利10%は優に超えています。先日は100%を超えていました(100%ってことは同じ状況が続けば、1年後イールドファーミングした金額が2倍になりますから、すごいことなんです)

これも今後流動性の量と取引の量によって金利が決まるので、将来のことはわかりませんが、10%程度は維持できるのではないかなと思います。

 

現在、USDCとJPYCの流動性や年利などのデータを集めていますので、後々お伝えできればと思います。

 

また、イールドファーミングしているものは、自由なタイミングで解除できます。なので、好きなタイミングでウォレットに移動させられます。先ほどのKashiではAvailableの残高次第でしたので、ここは大きな差でしょう。

 

ただ、デメリットもあり、JPYC単体では運用ができないため、ほかの通貨を準備する必要があるということ。そして、インパーマネントロスが小さいですがあります。ですが、インパーマネントロスに関してはUSDC-JPYCのペアであれば、ほとんどないと考えています。

 

USDC-JPYCの流動性を供給したとき、どれくらいインパーマネントロスが起こるか見積もってみる!!
はい、ほしけんです。 前回と前々回で、インパーマネントロスについてお話していきました。 で、前回の結論で『インパーマネントロスを避けるなら、ステーブルコイン同士』の運用をするのがいいという...

 

なので、自分のイールドファーミングしているものの扱いとしては

『銀行預金』として考えています。

 

イールドファーミングしている資金は自由なタイミングで解除ができますから、いつでもJPYC⇒Vプリカのルートで生活費の支払いに充当できます。そして、手に入れたもう一方のペアであるUSDCは、そのままトレード用資金へ行きます。

上にあるインパーマネントロスに関しても、タイミングによっては発生します。が、10JPYC程度の変動であれば0.1%程度ですから気になるものではないでしょう(イールドファーミングの年利が10%であれば、たった数日でペイできます)

 

 

まぁ、とはいえ、これは個人的な見解でありますから、皆さんが別の考えを持っていてもいいと思います。

ここで自分はJPYCのKashiに入れているという風な書き方をしていますが、現状は金利も低いので、わざわざ入れていません。というのも、面倒だから。金額が大きければいいんでしょうけど、自分はトレード用でしかないので、そこまでJPYCを持っていないんですね。というのが理由です。

 

Polygonで仮想通貨取引するなら、ParaSwapが最強な3つの理由!
はい、ほしけんです。 以前から、日本円をUSDC(Polygon)にして、JPYCを交換して、利益を得ようという話をしてきました。 この記事を読めば、だれでもJPYCを手に入れることができるのですが、どこで手に入れたUS...
【利益率約7%】20万円使って、USDC/JPYCのアービトラージ!!どれだけ儲かるのか?!
はい、ほしけんです。 以前から、USDC/JPYCのレートがすごくお得だよという視点で、記事を執筆しています。 さて、お前、そんな風に言って、本当に儲かっているの?本当に儲かるのかよ。という気持ちもわから...

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました