仮想通貨の積立なら、ビットフライヤーがオススメな理由。

はい、ほしけんです。

 

実は、先月末からビットコインの積み立てを開始しました。とはいえ、毎日130円くらいなので、そこまで大きな金額ではないんですけどね。

なんで積み立てを始めたのかという理由をまとめると下記の通り

1、将来的にBTCが伸びると思うから

2、タイミングを気にせずに、自動的に積み立てができる

になります。

 

具体的に言えば、

BTCが将来的にもっと伸びるかなと思っている自分としては、着実にBTCを増やしていきたいわけです。

ですが、正直言って買うタイミングがわからない。。。そう思う人も多いでしょう。自分もそうでした。まして、変動が激しい暗号資産の世界ですから、本当に判断が難しいわけです。

 

また、過去に自分は毎週1回好きなタイミングで、BTCを1000円分購入とういうことをしていました。セルフ積立ですね、これは正直言って大変でした。

 

というのも、自動ではなく『自分でタイミングを判断し、買うから』でした。上でも書いた通り、正直言ってタイミングなんてわかりません。それをいちいちチャートを見て、買うなんて本当に面倒で途中でやめてしまったわけですね。

しかし、今の日本の暗号資産取引所には、1回設定してしまえば自動的に積み立てることができるサービスを展開しているので、いちいち自分で買い付けをする必要がありません。これは本当に便利だなーと思いました。

という流れで、自分は手動の取引をやめ、自動の取引を開始したということが事の顛末になります。

 

さてさて、では自分はどの会社で積み立てているのか?というと、ビットフライヤーになります。

 

では、どうしてビットフライヤーでBTCの積み立てを開始したのか、その理由を他社の積み立てサービスと比較しながら、検討していきたいと思います。

 

自分がビットフライヤーを積み立てて使っている理由は下記の通り

毎月4000円(1日当たり130円!)と少なくても、毎日積み立てられる。1円からOK

シンプルに言えば、このくらいです。

 

では、早速行きましょう。

スポンサーリンク

どんな会社でBTCの積み立てができるのか?

まず最初に、どんな会社でBTCの積立ができるのかということについて知っておきましょう。

というのも、会社によっては積立サービスを展開していないところもあるのです。当然ですが、それらの会社は今回の比較対象外になります。

・ビットフライヤー かんたん積立 | 仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の購入/販売所/取引所【bitFlyer(ビットフライヤー)】

・コインチェック Coincheckつみたて | 仮想通貨取引所のCoincheck(コインチェック)

・GMOコイン つみたて暗号資産 | ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)ならGMOコイン (z.com)

になります(自分が知っている限りです)

 

この中でもGMOコインは、自分が以前から行っているUSDC/JPYCのアービトラージでメインとして使っていますから、聞いたことがあるかもしれませんね。これは個人的な理由ですが、GMOコインは暗号資産の出金手数料がかからないというメリットから、今回比較こそしますが、自分は積立としては使わないという風にしています。

でないと、普通にアービトラージで使おうと利用した時に、一緒に送金してしまいますからね。

あくまで『積み立てを目的』にしています。

【利益率約7%】20万円使って、USDC/JPYCのアービトラージ!!どれだけ儲かるのか?!
はい、ほしけんです。 以前から、USDC/JPYCのレートがすごくお得だよという視点で、記事を執筆しています。 さて、お前、そんな風に言って、本当に儲かっているの?本当に儲かるのかよ。という気持ちもわから...

 

 

ビットフライヤーは1円から積み立てが可能!

ということで、実際に比較をしていきましょう。

bitFlyerCoincheckGMOコイン
積み立て頻度毎日・毎週・毎月・月2回毎日・毎月毎日・毎月
最小積み立て額1円月1万円500円
取引コスト(見積もり)3%3%1.5%
取引資金取引口座から引落銀行から自動引落取引口座から引落

まとめるとこのようになります。

では、ひとつずつ見ていきたいと思います。

積み立て頻度は、ビットフライヤーが多いけど、他社もほぼ同じ。

まず積み立て頻度に関してみていくと、ビットフライヤーが圧倒的に種類が豊富です。

毎日・毎週・毎月・月2回(1日と15日)の中から選ぶことができます。

 

あくまで、タイミングを考えるのが面倒なので、ドルコスト平均法が発揮できる毎日がいいと思っています。とはいえ、この点で考えればほかの会社も同等の条件になります。

最小積み立て額は、ビットフライヤーの圧勝!!

続いて最小積み立て額に関してみていきましょう。これを見ると、ビットフライヤーが1円から可能となっています。

となると、毎日1円ずつBTCを買うというのも可能になってきます。月にして30円ですから、これならほぼ全員可能でしょう。まぁ、むしろこの金額ではやらなくてもいいかも。。。

 

しかし、コインチェックでは月1万円が最低、GMOコインは1回500円が最低ラインとなります。つまりGMOの場合毎日やるなら、15000円かかるということになります。逆に毎月1回の積立で、500円も可能です。

という面を考えると、1万円はちょっと、、、となるし、GMOコインで月1回の積立ではドルコスト平均法が発揮されにくいかなと思います。

したがって、ビットフライヤーが圧勝かなと。

取引コスト(見積もり)は、GMOコインの圧勝!!

ごちゃごちゃした画像で申し訳ありませんが、これらが1BTC当たりの取引額です。

 

これらの積立サービスは、販売所で買い付けが行われます。なので、取引所よりは手数料がかかってきます。

その手数料が、スプレッドと呼ばれるものです。

スプレッドというのはなにかというと、価格差のことです。右上の画像にもある通り、購入価格と売却価格に差がありますよね。本来の価格が右下の¥5,778,133なのですが、大体プラスマイナス8万くらい差があることに気づくはずです。

具体的な数値で言えば、本来の価格は1BTC=5,778,133円ですが、GMOコインでは1BTC=5,865,163円で買うことになります。なので、1BTC買われるたびに、GMOは8~9万円程度利益が出るということになります。

つまり、逆に言えば、販売所で買うと、我々はその分多くお金を支払う必要があるということになります。

 

販売所と取引所の比較対象として、GMOコインで見てみると、取引所の価格は基準価格とほぼ同じなのがわかります。なので、もし普通に積み立てではなく、買うのであれば、取引所で買うべきだというのがわかるでしょう。

 

とはいえ、積立サービスを利用するには、この販売所で買うことになりますのでどうしようもないのですが、GMOコインがスプレッド的に考えると1.5%でした。ほかは2倍の3%ですね。

 

確かに、手数料3%というのは高いです。だって買った瞬間から3%マイナスなんですからね。しかし、自分は3%以上伸びると考えれいるからこそ、3%は手軽に積み立てができる手間賃だ!と考えています。

取引資金はコインチェックの圧勝!

最後に取引資金についてみていきましょう。

結果は、コインチェックの圧勝です。というのも、コインチェックは銀行を登録してしまえば、自動的にコインチェックが引き落としてくれます。そのため、1回の設定で勝手に積み立てができるということになります。

しかし、ほかのビットフライヤーやGMOでは『自分で』入金をしないといけません。

しかしながら、この問題に関しては簡単に解決ができます。それは銀行の『自動振り込み』を活用することです。

こちらは、コインチェックのように勝手に引き落とされるということはできませんが、こっちが自動的に振り込んでやる!そうすれば、自動的に取引が継続できますから、なんら違いがありません。

自分と同じようにビットフライヤーで積み立てるのであれば、住信SBIネット銀行がオススメです。ビットフライヤーの振り込み先にこの銀行があるため、振込手数料がかかりません。

【MY BEST】お金の流れを公開!貯金するのに、銀行口座を3つに分ける必要はなし!!【結論:楽天銀行とSBI銀行の2つで十分です】
以前、自分の使っている銀行についてお伝えしました。まとめると下記の通りメインバンク:楽天銀行サブバンク:住信SBIネット銀行というように、この2つの銀行を使い分けているということです。ほかにも様々な銀行口...

 

 

残高が足りないとこのようになります。。。が、次の日に自動振り込みの入金で再開しました。

暗号資産の積み立てなら、ビットフライヤーがオススメ!!

bitFlyerCoincheckGMOコイン
積み立て頻度毎日・毎週・毎月・月2回毎日・毎月毎日・毎月
最小積み立て額1円月1万円500円
取引コスト(見積もり)3%3%1.5%
取引資金取引口座から引落銀行から自動引落取引口座から引落

改めて、まとめるとこのようなかたちになります。

毎月1万円以上積み立てるのであればコインチェックだって、GMOコインだっていいんです。

もし1.5万円毎月やるのであれば、手数料が安いGMOコインが自分の中でベストであると思います。

 

ですが、自分のように1万円は厳しいなぁと思うけど、5000円程度ならという人にはオススメというわけですね。

毎月4000円(1日当たり130円!)と少なくても、毎日積み立てられる。1円からOK

【完全版】日本円ステーブルコインJPYCを”お得”に手に入れて、一歩先の未来を体感しよう!!
はい、ほしけんです。 これまで銀行にある日本円をUSDC(Polygon)に交換して、お得にJPYCを手に入れる方法について解説してきました。 流れをまとめておくと、この通り 1、日本の仮想通貨取引所に...
タイトルとURLをコピーしました