予想を上回る手数料値下げを楽天証券がしてきた!

スポンサーリンク

単なる追従と思いきや、予想を超える最低手数料が1セント!!

【米国株式】最低取引手数料を「0.01米ドル」に引き下げます:楽天証券
2019年7月22日(月)米国現地約定分より、楽天証券は米国株式取引の最低取引手数料を大幅に引き下げます。

昨日、マネックス証券の米株取引最低手数料が0.1ドルに変更!という内容の記事を上げました。

[nlink url=”https://try-try-fly.fun/monex-americastock-low/”]

そしたら、楽天証券がさらに下回る0.01ドル(=1.1円)に変更と予想を上回る追従をしました。マネックス証券が先かはわかりませんが、追従し0.01ドルになりました。(現地7月22日約定分から)

いまだ、自分が利用しているSBI証券は最低手数料が5ドルのままです。さて、早く対応してもらいたいものですが。。。

2.22ドル以上利用で、手数料負けはしません。

最低手数料が0.01ドルに変更したということは、2.22ドル以上利用すれば手数料の割合が多いということにならなくて済みます。

2.22ドルということは、250円程度でしょうか。かなり安いですね。ここを下回る株やETFなんてないんじゃないでしょうか。

先ほど、手数料の割合が多いという話をしましたが、以前は最低手数料が5ドルでした。(SBI証券は現在もそうです)つまり、10ドルの株を1株購入するということは、1株10ドル+手数料5ドル=合計15ドルの支払いになります。

こうみると、かなり手数料の割合が高いということがわかりますね。

今回の手数料変更した場合を計算してみれば手数料は0.45%なので、1株10ドル+手数料0.045ドル=合計10.045ドルとほぼ株の価格になります。

なので、手数料を下げるには購入金額を1111ドル(=12万円程度)にしなければいけなかったということ。それが、今回の変更により250円まで下がったのですからすごいことだなっていうことなのです。

最近米株の取り引きが流行っているのでしょうか。証券会社的にもこっちを推進したほうが手数料が取れるのでしょうか。

 

また、最低手数料に関しては1セントと差が付きましたが、どこの証券会社も手数料が0.45%で、最高手数料が20ドルですので、以前の記事でも示しました通り4450ドルの利用があれば上限に達するのでさらに手数料は低下していきます。

手数料の低い証券会社に移動すべきか。

このため、いままで自分のようにSBI証券を利用しているひとは乗り換えたほうがいいのかということを考えると、自分は乗り換えないほうがいいと考えます。

というのも、資産が分散してしまうため、管理が面倒になるというものです。

マネックス証券の取り扱い米株の種類は3000銘柄とSBI証券と比較すれば、多いです。(SBI証券は2000程度)

なので、その取り扱っていない補填としての利用は大いにありだと思いますが、米株という外国株の特性上通貨の管理や資産の管理といったものが日本株と違ってあります。それをいちいち分散すると面倒じゃないかって自分は考えます。

多分、SBI証券も追従するでしょうから見守っておきましょうというのが自分の見解です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました